食料危機の可能性増大、価格高騰で=国連食糧農業機関

ロイター 8月10日(金)3時31分配信

食料危機の可能性増大、価格高騰で=国連食糧農業機関
拡大写真
8月9日、干ばつによる穀物価格高騰への懸念から、各国が輸出を制限すれば、世界は2007─2008年と同様の食料危機に直面する可能性がある。写真は干ばつの被害に遭ったアイオワ州のトウモロコシ畑で7月撮影(2012年 ロイター/Karl Plume)

[ローマ 9日 ロイター] 干ばつによる穀物価格高騰への懸念から、各国が輸出を制限すれば、世界は2007─2008年と同様の食料危機に直面する可能性がある。7月に世界食料価格が急騰したことを受けて、国連食糧農業機関(FAO)が9日、警告を発した。

【環境特集】世界各地での干ばつ、豪雨など環境被害を追う


FAOが発表した7月の世界の食料価格指数は213ポイントで、6月の201ポイントから6%上昇した。


指数は3カ月連続で低下していたが、穀物や砂糖の価格が急騰するなどして再び上昇に転じた。


FAOのシニアエコノミスト兼穀物アナリスト、アブドルレザ・アバッシアン氏はロイターに対し「2007─2008年のように事態が進行する可能性がある」と指摘。「今回は、(各国が)悪い政策を講じたり、制限することで市場介入を行わないよう期待する声がある」と述べる一方、「仮にそうした(危機を引き起こした)政策が繰り返されれば、どのようなことでも起こり得る」とした。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120810-00000008-reut-int


ちょうど金融ユダヤの皆さんんが気象操作を行って干ばつを起こし食料危機を煽りたてているときに、わざとらしくお仲間の一部門が救いの手を差し伸べようという記事も書かれています。

これって、完全なるインサイダーといえるもので、金融ユダヤの皆さん方は、穀物相場で大もうけをしたのではなかろうかと思われます。まぁ、自分たちが気象操作をやっているわけですから、当然といえば当然なんですがね。きっと地球がぶっ壊れまで平気で自分たちの利益ばっかり追求することでしょう。世界の他の人たちがどんな目にあっても、彼らは涙一つ流しませんし、むしろにやりと笑って次から次へと、しつこく目的が達成するまで非常なことを次から次へと実行に移します。

食料危機を自作自演するのですから、普通の感覚の方々は、全く理解できないと思います。まあ、彼らが地球上にのさばり始めたのが、自作自演の歴史なわけですから、それををやめるわけにはいかないらしいのです。wwwオカルティックな悪魔教に突き動かされている悲しい人たちですね。


食料価格の高騰を懸念、援助する用意=世界銀行総裁

[ワシントン 30日 ロイター] 世界銀行のジム・ヨン・キム総裁は30日、穀物価格全般の高騰に対処するため、世銀として各国政府を援助する用意があるとの考えを示した。


総裁は声明で「食品価格の短期的な高騰が、貧困国などに長期的な被害をもたらす事態は容認できない」とした上で「世銀および加盟国は状況を注視するとともに、各国政府による政策対応を支援することが可能である」と述べ、具体的には政策提言や農業関連投資の拡大、迅速な融資、リスク管理などを挙げた。


米中西部での深刻な干ばつで穀物生産見通しが大幅に悪化。ロシア、ウクライナでの乾燥した天候や欧州での湿った天気などを背景に6月中旬以降、小麦価格は50%強急騰、とうもろこし価格も45%超上昇した。大豆価格は過去2カ月間で約30%上昇、昨年末からは60%近く値上がりしている。


http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTJE86T00W20120730?rpc=122


焦点:忍び寄る食糧危機の足音、穀物急騰で「我慢比べ」

[ロンドン 12日 ロイター] 米国の穀物主産地が25年ぶりの干ばつに見舞われているのを受け、世界の商品市場では大豆やトウモロコシなど穀物相場が高騰。数年前に世界の貧困国を苦しめた食糧危機が再来すると懸念が強まっている。


中国など食糧を輸入に大きく依存する国は今のところ、急騰した穀物の新規取引を見合わせつつ、健全な水準にある穀物備蓄を使いながら相場の高騰が収まることを期待している。


しかし、そうした望みは、需要家が一気に市場に戻ってくれば、もろくも崩れ去ることになるだろう。


米国産トウモロコシが世界全体の出荷量の半分以上を占めていることを考えれば、主産地の中西部が記録的な熱波に襲われたのを受け、相場が過去3週間で約40%上昇したことも不思議ではない。大豆先物相場も過去最高値水準で推移しており、小麦相場も急騰している。


複数の市場筋によると、欧州や北アフリカ、中東の需要家は通常の穀物取引を手控え、相場が落ち着くのを待っているという。しかし、あるトレーダーは「時限爆弾のようなものだ。いつもは弱気筋の自分だが、トウモロコシ価格が10ドルになっても驚かない」と述べた。


シカゴ商品取引所(CBOT)では足元、トウモロコシ先物12月限は1ブッシェル当たり7ドルを超えて急騰している。


現在の状況と数年前の食糧危機には、猛暑による不作が相場の高騰をもたらすなど、いくつかの共通点がある。今回は米国のトウモロコシが干ばつの影響を受けているが、2010年はロシアの小麦が干ばつによる大打撃を受けた。


共通点は他にもある。前回に穀物相場が現在の水準まで高騰した2008年は、リーマン・ブラザーズの破綻につながる金融危機の芽があった。現在は、債務危機でユーロ 圏に激震が走っており、世界のほかの地域も危機と隣り合わせの状態にある。


<十分な備蓄>


エジプトやイラン 、中国やインドなどの穀物輸入国はこれまでのところ、相場高騰にも落ち着いた動きを見せている。年間1000万トン以上の小麦を輸入する世界最大の小麦輸入国であるエジプトは先に、6カ月分以上の戦略備蓄があると明らかにしていた。


中国とインドも、過去数年の記録的な収穫高によって小麦とコメは潤沢な備蓄を抱えている。また、米国のトウモロコシ輸出業者によると、中国と韓国は需給ひっ迫と価格上昇を見越し、すでに大量調達で先手を打っているという。


<危機の兆候>


2007/08年の食糧危機時には、国連食糧農業機関(FAO)は、世界の飢餓人口は7500万人増えると警告していた。また、別の機関からは最大1億6000万人が新たに飢えるとの推計も出されていた。


国際穀物理事会(IGC)の穀物・油糧種子指数は今週、2008年7月以来の水準に上昇。IGCの統計によると、現在の穀物在庫は2008年に比べ25%多い水準だが、小麦とトウモロコシの在庫は中国が大量に抱えており、国際市場に流通する可能性が非常に低い点は留意する必要がある。


過去数年、穀物消費量は右肩上がりで伸びてきた。IGCは今月に入り、2012/13年(7月─6月)の穀物消費量は、発展途上国での肉の消費増加に伴う飼料需要の拡大も手伝い、前年比1.8%増加するとの予想を発表している。


アジア最大の冷凍鶏肉輸出国であるタイの当局者は、飼料となるトウモロコシと大豆の価格上昇が、食品インフレをあおると危機感を示す。タイ商工会議所のPornsil Patchrintanakul事務次長は「2012年第4四半期に食品価格は5─10%上昇するとみている」と語った。


<我慢比べ>


高値買いを避けるため、急騰している相場から一歩引いておくのは賢明な選択肢と言えるだろうか。


モロッコは現在、穀物取引を控えている。しかし、2012年の穀物収穫量は510万トンと前年から300万トン以上も減っており、輸入が必要な穀物の量は過去30年で最高の水準にまで高まっている。


シンガポールの穀物トレーダーは「買い方は過去数週間、相場が反落するのを期待して取引に応じなくなっている。韓国やフィリピン、ベトナムでも同じだが、一体どれだけ待てるのだろうか」と語った。


買い方は、9月や10月になって東欧や黒海沿岸諸国からの穀物が市場に出回るのを待とうとするだろう。しかし、そうした地域も万全とは言えない。


ロシアやウクライナ、カザフスタンは、高温で乾燥した天候によって収穫予想を下方修正しており、同地域の今年の穀物生産量は2011年に比べ、少なくとも3500万トン減る可能性がある。


http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE86D00220120714?sp=true

 

何故かカメムシまで増えているんですね。へんでしょ?おかしいでしょ?誰かがカメムシを撒いているとしか思えません。


広島県がカメムシ注意報

広島県は18日、果樹に被害を与えるカメムシ類が大量に発生する恐れがあるとして、県内全域にことし初めての注意報を出した。市町や生産者団体に、農園の見回りや早期の防除を呼び掛けている。

 チャバネアオカメムシ▽ツヤアオカメムシ▽クサギカメムシ―の3種。化学物質でカメムシをおびき寄せる方法で調査したところ、東広島市安芸津町で4月~今月15日に平年の2・2倍、世羅町で5月~今月15日に1・5倍が捕獲された。

 ナシやモモはカメムシに果汁を吸われると実が変形する。2010年の大量発生では、世羅町の農園では収穫したナシの25%が被害に遭った。


http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201207190005.html


石川のニュース 【7月12日15時44分更新】

カメムシ多発注意報発令 石川県農業研究センター


石川県農業総合研究センターは12日、水稲に被害を及ぼす斑点米カメムシ類が大量発生する恐れがあるとして、県内全域に今年初の注意報を出した。今月下旬以降の水田侵入を予想しており、防除徹底を呼び掛けている。

 同センターが今月上旬に県内13カ所で実施した調査によると、雑草地でのカメムシ類の発生率は84・6%(平年69・2%)と高く、1地点当たりの成虫数は7・9頭(同2・9頭)だった。活発に飛び回るカメムシの発生が多いという。

 同センターが12日発表した病害虫発生予報(15~31日)では、水稲の穂いもちは「並」と予想された。大豆のアブラムシ類、果樹のナシ黒星病は「やや多」となった。


http://www.hokkoku.co.jp/subpage/E20120712002.htm



こちらは滋賀県の情報です↓

果樹カメムシ類による被害多発のおそれ
-平成24年度病害虫発生予察注意報第2号の発表について-

1.注意報発表の目的


現在、フェロモントラップでのチャバネアオカメムシの誘殺数が急増しています。今後、越冬成虫に続いて、新世代成虫の果樹園への多飛来および被害が予想されますので、別添のとおり7月9日付で病害虫発生予察注意報第2号を発表しました。

 

2.果樹カメムシ類被害多発の要因

本県に生息し、果樹を加害するカメムシ類は、主にチャバネアオカメムシ、ツヤアオカメムシ、クサギカメムシです。これらのうち、フェロモントラップでのチャバネアオカメムシの誘殺数は、6月第6半旬より急増し、7月第1半旬に平年の2.8倍に達しました。

すでに果樹園への飛来が、栗東市、野洲市および東近江市で確認されおり、今後、気温の上昇とともに、果樹カメムシ類の活動がさらに活発になり、果樹園への飛来が増加し、被害の発生が懸念されます。

 

3.防除対策

  • ネット(6mm以下)のある果樹園では、ネットの裾をペグや土嚢等で固定してください。また、ネットの破損がないか点検してください。
  • 果樹カメムシ類は、気温が高く風の弱い夜に飛来しやすい習性があります。飛来を認めたら早朝か夕方に薬剤を散布してください。山林に隣接する果樹園では特に注意してください。
  • 幼果期から収穫まで飛来状況に応じて薬剤散布してください。必要以上の薬剤散布はハダニ類やカイガラムシ類の多発生をまねくことがあるので注意してください。
  • 果樹カメムシ類は局地的に飛来し、集中的に加害する傾向があるので、過去に被害を受けた果樹園では特に注意してください。
  • 今後の予察情報に十分注意してください。

 

※フェロモントラップ:チャバネアオカメムシが仲間を集合させるために出す匂い(フェロモン)を利用し、発生量を調査する方法


http://www.pref.shiga.jp/hodo/e-shinbun/gc70/20120709.html


カメムシ大量発生で注意報=栃木

栃木県内では果物の品質を落とすおそれがある「カメムシ」が過去10年間で最も多く発生していることが県の調査でわかりました。
県は注意報を出して農家に網や袋をかけるなどして対策をとるよう呼びかけています。

カメムシは山林や畑に生息し針を刺された果物は実が固くなったり形が悪くなったりして品質が落ちるおそれがあります。


栃木県が4月から5月にかけて、県内6か所のなしやりんご、それにももの畑でカメムシの発生状況を調べたところ、

去年のおよそ11倍にあたるおよそ970匹が確認され、過去10年間では最も多くなりました。
県は今後1か月は、カメムシが活動しやすい高温傾向が続き大量発生する恐れがあるとして注意報を出して、農家に対して防除剤をまいたり、
防虫用の網や袋をかけるなどして対策をとるよう呼びかけています。

栃木県では「ことしはカメムシがえさとするスギやヒノキの実が少ないため、

えさを求めて山林から畑に下りてきているため数が多くなっているのではないか」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/1095690611.html?t=1339136160438
 


こちらは千葉県の情報です↓

水稲晩生種における斑点米カメムシ類(特にクモヘリカメムシ)多発生のおそれ

水稲の害虫である斑点米カメムシ類が多発しています。
クモヘリカメムシが最も多く,平均捕獲数は平年を大幅に上回りました。
水稲の籾が成熟していく時期(登熟期)にカメムシ類によって籾が吸汁されると玄米に斑点が発生し斑点米となり,品質が著しく低下し,等級が低下してしまいます。
今後の発生に注意が必要なことから,8月1日付けで注意報を発表しました。


1.斑点米カメムシ類とは

斑点米カメムシはイネの害虫であり,籾に口針を刺して吸汁する。吸汁されたところは,シミのようになって斑点米となり,玄米の検査等級を下げる原因となる。
中でも最も被害が多いクモヘリカメムシは,スギ林やヒノキ林などで成虫で越冬し,7月中旬頃の早生種のイネが出穂する時期に水田に飛来し,籾を吸汁加害して,イネの葉上や穂に産卵する。産卵された卵がふ化するまでの期間は,1週間程度と短く,幼虫も籾を吸汁して斑点米が発生する。

そのほかにホソハリカメムシ,アカスジカスミカメ,アカヒゲホソミドリカスミカメなども斑点米を発生させる。

2.注意報発表の根拠

(1)平均捕獲数が多い。

7月末に行った県内90ほ場のすくい取り調査では,37.7%のほ場で斑点米カメムシ類(カスミカメムシ類を除く)が捕獲され,平均捕獲数は1.80頭(平年0.63頭)と過去10年間と比較して最も多くなった。捕獲された種類は,例年同様,クモヘリカメムシが最も多く,平均捕獲数は1.21頭と平年(0.47頭)を大幅に上回った。なお,他の斑点米カメムシ類についても,平均捕獲数は平年より多かった。

グラフ1

(2)コシヒカリほ場での発生が多い。

晩生種であるコシヒカリを作付けしたほ場では,要防除水準を上回るほ場が63ほ場中7ほ場(11.1%)あった。

*クモヘリカメムシの要防除水準

ほ場での20回振りのすくい取りで,穂揃期に成虫が2頭,または出穂15日後に幼虫が6頭以上捕獲された場合は防除が必要となる。

写真1写真2写真3写真4

写真解説(左から順に写真1,写真2・・・となります)

写真1:カメムシ類による被害粒(斑点米)

写真2:クモヘリカメムシ成虫

写真3:ホソハリカメムシ成虫

写真4:アカスジカスミカメ成虫

平成23年度病害虫発生予察注意報第1号 水稲晩生種における斑点米カメムシ類(特にクモヘリカメムシ)多発生のおそれ(PDF:117KB)

http://www.pref.chiba.lg.jp/lab-nourin/press/2011/nourinsouken20110801.html


山口県全域にカメムシ注意報が発令、チャバネアオカメムシ・ツヤアオカメムシ・クサギカメムシが平年の6倍発生している


山口県全域にカメムシ注意報が発令されたとのこと。

果樹園で実施したフェロモントラップ調査で、チャバネアオカメムシ・ツヤアオカメムシ・クサギカメムシが、平年の6倍発生しているようだ。

山口県全域にカメムシ注意報 – 中国新聞

山口県は6日、果樹に被害を及ぼすカメムシ類が大量発生しているとして、県内全域に注意報を発令した。過去10年で最も多く発生する恐れがあり、防除や袋かけ作業の徹底を呼び掛ける。注意報の発令は2年ぶり。 …

山口県は6日、果樹に被害を及ぼすカメムシ類が大量発生しているとして、県内全域に注意報を発令した。過去10年で最も多く発生する恐れがあり、防除や袋かけ作業の徹底を呼び掛ける。注意報の発令は2年ぶり。

県農業振興課によると、ナシやモモ、リンゴなど果樹全般の病害虫であるチャバネアオ▽ツヤアオ▽クサギ―の3種のカメムシ。県病害虫防除所(山口市)が5月の1カ月間に県内4カ所の果樹園で実施したフェロモントラップ調査で、過去10年の平均を示す平年の約6倍となる計2813個体を確認した。5段階の発生程度で最も高い「多」とした。


http://jishin.b5note.com/xn-cesq99l/6422/



出雲地区でカメムシが大量に発生するおそれ

島根県病害虫防除所(出雲市芦渡町)は13日、カキ、ナシ、スモモなどの果樹に被害を与えるカメムシ類の多発生注意報を発令した。定点観測で平年の2倍以上の発生が確認されたため。同所は果樹園などに注意を呼び掛けている。

http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=533084004

【鳥取】カメムシに注意

県内では7月に入ってカメムシの発生が増え、今後、
気温が上がるにつれてカメムシの活動が活発になって梨や柿といった果実に被害が出るおそれがあるとして、
防除を徹底するよう呼びかけています。

県の病害虫防除所によりますと、県内の4か所に設置した仕掛けで捕らえられたカメムシの数は、

7月に入ってから増え、3か所では平年を上回っています。
また、気温が上がるにつれてカメムシの活動が活発になり、果樹園にカメムシが大量に発生するおそれがあるということです。
カメムシは、ストロー状の口を梨や柿といった果実に刺して汁をすうため、
被害を受けた果実は、商品として販売できなくなるケースが多いということです。
県の病害虫防除所は、12日、カメムシに関する注意報を出して、こまめに果実園を見回ることや、
発生が確認された場合、農薬を散布するなど防除を徹底するよう呼びかけています。

ソース:NHK鳥取放送局

http://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/4043533111.html

(以下疲れたので略www)