堅守の右サイド

堅守の右サイド


サンフレの失点は左サイドを崩されることが多い。

これは単純に和田と佐々木の守備力の違いである。

佐々木は対人守備力も強いのだが、本職のサイドバックである和田と比較するのは無理がある。

更に和田が凄いのはカズ並みの危機管理能力とボランチもこなせるバランス力を持っているからだ。

よって相手チームはサンフレの右サイドを崩すより崩しやすい左サイドを狙って来ているのだ。


ドローに終わった名古屋戦で象徴的なシーンがあった。

名古屋はサンフレの右サイドとマッチアップする左サイドハーフに前田、左側ボランチにエドワルドネット、左側トップにジョーと、強力な左サイドであるがために相手に関係なく左サイドで攻撃を仕掛けて来た。


和田とのマークの交換で稲垣が前田をマークしつつサイドバックのポジションまで下りてきた。

こういうケースで佐々木の場合はポジショニングが微妙で2人揃って抜かれるケースがある。

しかし和田はさすがのバランス感覚で稲垣が担当していたボランチポジションに入り、相手のカットインにも備える。


名古屋は2人の堅い守りに侵入出来ずにいる。

相手にボールを持たせたまま隙を与えず和田と稲垣は元のポジションに戻る。

和田が相手をマークしながら右手で稲垣に合図を送る。

待て、変われ、微調整しつつ見事な入れ替わりだった。


今年のサンフレの堅守の立役者である和田と稲垣、そして今節より野上が復帰する。

中断明け後は野上不在でディフェンスが崩壊しホーム2試合で6失点。

長崎戦はクリーンシートで勝つのが最低条件である!