野次は広島の文化だ!


と簡単に終わらせるつもりはありません。野次の是非も問いません。

何故野次肯定派と否定派がいるのか考えてみました。


写真ははだしのゲンの一コマです。

相手チームを野次り、誤審があれば審判へ襲いかかる。昭和25年の創設から昭和40年代までのカープは漫画の通りでした。

カープを初優勝から見てきた私も、広島市民球場の野次とガラの悪さを見て育ちました。

カープだけでなく、福岡でいえば平和台球場時代のライオンズファンも同じだったでしょう。


この世代に生きた人達は、プロスポーツ観戦には野次が当たり前に感じていたと思います。

やがてJリーグが創設されましたが、サンフレッチェ広島の試合でも野次は飛んでおり、広島はどこでも同じじゃね~と思っていました。


ただサンフレッチェを応援する人の多くは、カープの雰囲気の悪さに嫌気を感じた人が多かった気がします。

その名残なのか?カープ嫌いなサンフレサポやファンが一部で存在します。


カープもどこで潮目が変わったか定かではありませんが、広島市民球場がマツダスタジアムに移転する頃にはアウトコールすらしないクリーンな応援に変わっていました。


Jリーグが出来て26年目、今の30歳以下の人達には物心ついた時にはJリーグがありました。

プロ野球もファンの世代交代が進み野次が大幅に減りました。

時代の移り変わりもあり、野次肯定派と否定派が混在しているのでしょう。


とはいえ自分のスタイルを変えるつもりもありません。私にとって野次は文化ですから。

試合中は審判へも厳しく物言いをつけますよ。

全てはチームを勝たせるために。

昔のレベスタが良い例ですが、副審はオフサイド判定に悩む時があります。

A席からオフサイドと叫ぶと、躊躇していた右手を上げてオフサイドにすることが何度もありました。

本来あってはならないことですが、間違いなくサポーターの声でジャッジは変わります(笑)


カープOBには、野次で育てられたと発言する方もいます。

小学生の運動会じゃないのだから、ファンの厳しい目も必要だと私は思います。







コイントスで負けたのが全て


サンフレッチェ広島 0-3 柏レイソル


優勝へ向けて絶対に落とせない試合。

コーナーフラッグが倒れるほどの台風25号の強風の中での開催。

コイントスに勝ったレイソルは風上を選んだ。この状況ではこの時点で勝負あり。


ゴールキックが押し返される状況では圧倒的に風上が有利だ。

風上側のチームはゴールをどんどん狙って行けば風の力が味方してくれる。

一方風下のチームは防戦一方となり、前半から体力を使う。

後半エンドが代わっても体力が残り少ない状況でがっちり守られたら反撃出来ない。

柏レイソルに圧倒的なアドバンテージがある試合となった。


その中でサンフレの戦術が裏目に出る。

鳥栖戦以降の12敗は縦パスを全てインターセプトされてカウンターを食らい苦しんだ。

相手チームに明確な狙い所を作っていたのだ。

そこで浮かしたボールでルーズに裏を狙った方がパトリックをより活かせてビルドアップ出来る。

そうやって修正して来たのだろう。

しかしその戦術がマイナスにしかならなかった。


失点するまでは青山のフィードは強風を利用して見事なボールを前線に放り込んでいた。

失点シーンはルーズボールを卓人がキャッチに行かずコーナーを与えてしまう。

明らかに卓人のミスだった。そのコーナーから2回目のコーナーキックのこぼれ球を伊東純也がゴラッソを決める!

さらに立て続けに伊東純也にゴラッソを決められる。


この2失点はミスもあったが得点した伊藤純也が上手かった。風も利用した。気にする必要のない失点なのだがチームは混乱する。

ボールを奪うと直ぐに前線に放り込むが、強風に押し戻されて陣形を間延びさせ、相手にボールを渡すようになる。

ミスを連発し放り込むだけ。フィードの質も酷かった。まるで小学生低学年のサッカーを見ているようだった。


強風なのでパス攻撃に切り替えれば良いものの、切り替えられない。

試合中に修正できないほど選手も混乱し、城福監督も指示を出さなかった。

後半からパスを繋いでサイド攻撃にも切り替えた。

ベスを投入して柏を右サイドバックに下げる初めてのフォーメーションを試したが後の祭り。

3点リードで守備を固めたレイソルを崩すことなく敗戦。


チーム状態は悪い。戦力はない。現状で闘うしかない。

その中でスタジアムの雰囲気を良くしようとするサポーター団体のウルサス。

一方上から目線で監督と選手へ横断幕を出すバットボーイズ。

修正力の弱い監督なのは織り込み済み。

監督の性格を読んで横断幕を出さないと逆効果。

ポジティブな言葉で持ち上げないと堕ちる一方なのだが。


塩谷が涙を流して怒り、柏がブチ切れる。

原因を作った者を説明するまでもないだろう。

昨年最終節の横断幕含めてバットボーイズというサポーター団体がサンフレッチェ広島に必要なのか疑問でしかない。





諦める奴はサポーター辞めたら?


ガンバ大阪 1-0 サンフレッチェ広島


84分にガンバのコーナーキックをパトリックがクリアミスしてファンウィジョの目の前に溢れ、押し込まれる。

残念ながらこれが決勝点となった。


ゴール裏サポーターに挨拶に来た林卓人は気持ちが入っていた。何度も何度もエンブレムを叩きサポーターに声を掛けた。

柏も青山も同じ。柏は東京戦でのサポーターの行為に激怒したが、今日は共に戦う気持ちを見せた。選手が諦めていないのにサポーターが諦めるのか?

今日の試合は選手は戦った。あれが今のうちのチームの実力。チーム予算も限られた地方クラブの精一杯戦う姿だ。


サンフレサポーターはメンタル豆腐ばかりなのか?

自分のクラブを分かっているのか?

ゴール裏に地蔵は要らない。

コアサポーターは選手と共に戦った。そして次節も戦う。諦めることなく選手と共に戦う。


1番諦めが悪いのがゴール裏。

ラスト数秒のワンプレイで結果が変わるのがサッカー。

諦める奴は要らない。諦めた奴はサポーターではない。

選手と共に戦う者だけがサンフレッチェサポーターだ。

共に戦う者だけが栄光を掴むことが出来る。


あと6試合。全力で後押ししよう。




サンフレッチェ広島インパール作戦開始


天皇杯に敗れリーグ戦に集中出来るようになったサンフレ。優勝へ向けてインパール作戦の開始である❗️


昨夜の結果からスーパーサブはいない。

FC東京戦で城福監督がカードを残したのは使えるカードが無かったから。サンフレの兵站は途絶えたのだ。

まさにインパール作戦である。


あとはレギュラー組の自己完結に頼るしかない。

敵は川崎のみ。

出場停止のリーチに加えて満身創痍の身体。

残り7試合は根性論で乗り切るしかないのだ。


紫の戦士よ、共に戦おう。

ボロボロになろうとも、栄光を手に入れた者が勝者だ。

真っ白になるまで燃え尽きよう。






盛り上がろうよ広島


FC東京戦、久しぶりのエディオンスタジアム。

東京住みの私にとって、1番遠いスタジアムなのです。

広島空港から市内までのアクセスが悪い、市内からスタジアムへのアクセスも最悪。おまけに観にくい陸上競技場。屋根も無くトイレの数は少なく汚い。

Jリーグ観戦における悪い要素が全て集まっているワーストスタジアムがサンフレッチェ広島のホームエディオンスタジアムなのです。

政令指定都市でこれですから、広島市の行政は本当にクソですよ。


誰でも分かっているスタジアム問題は置いておいて、久しぶりのホーム観戦で気になったのはバックスタンドのファン。

全然盛り上がってないじゃん💦

全国の色々なスタジアムに行くけど、1番盛り上がっていないホームのバックスタンドのような気がします。

ホームサポに聞くとこの日は19000人以上入っていつもよりはマシだとか。

正直残念な気持ちになりました。J1で首位を走るチームのホームゲームがこの雰囲気とは💦

この日は選手も戦っていないけどサポーターも戦っていないよね。

サンフレがホームゲームで弱いのが分かる気がします。


ツイッターのふくめん秘書さんの分析によるとサンフレサポって薄情度ナンバーワンなんですよね。

でもこの薄情度はスタジアムのアクセスに比例するのです。

スタジアムのアクセスの悪さと県民性がプラスされて薄情度ナンバーワンになったのでしょうか?

専用スタジアムで観戦したことないライト層だとサッカーの本当の面白さと迫力は分からない気がします。

更に天井も無いので声援も響かない。雨が降ればびしょ濡れになる。コアサポなら平気だけど、ライト層が敬遠するのは当たり前かも知れません。


そんな中でもチームは薄氷の上の首位。

もっともっと声援で盛り上げようよ。

B6だけが頑張っても足らない。スタジアム全体で盛り上がらないと。

選手がゴールを決めて盛り上がるのは当たり前。

選手がゴールを決めるために盛り上げないと。


バックスタンドのファンやライト層のサポーターが出来ることって手拍子くらいなんですよね。

でも手拍子って実は恐ろしいくらいスタジアムの雰囲気を変えるのですよ。

アビスパサポーターなら誰でも感じたことのあるスタジアムに住む魔物を呼び寄せることが出来るのです。

2010年東京V戦の高橋泰の決勝ゴールや、千葉戦での城後の決勝ゴールなんて、スタンド全体が手拍子で唸りを上げ、完全にサポーターが召喚した魔物の力が乗り移っていますから。


ただ手拍子って手は痛くなるし90分間盛り上げるのは辛い。ではどうするか?

あるじゃないですか?応援バット❗️

野球用とか関係ないですよ。サンフレのラッピングをして売れば良い。

メガホンが売れないのはデカイからです。

カープファンも今はほとんどがスリムな応援バットですよね。ライト層ならなおさら。カバンに入れても邪魔になりません。


もう一つはスポンサードゲームでバルーンスティックを配布するのです。

アビスパでは過去に配布したことがあります。

叩くのが楽しくなるから盛り上がること間違いなし!

バックスタンドのファンやサポーターも応援はしたいはず。でも立つのは嫌だし声を出すのは恥ずかしい。手拍子もずっとは手が痛いし嫌だ。

手が痛く無く叩くのが楽しくなるグッズがあれば変わると思うのですけどね。

クラブには是非考えて頂きたいです。