夕張懇親会 | 佐藤一臣 雪上のひとり言 その2

夕張懇親会

毎年恒例になった、スキーの集まりの「懇親会」が今年も夕張で開催された。
朝方の札幌は、雨が降っていたが、「なでしこJapan」のWカップ勝利を、お祝するかのように、雨はやみ、曇り空になった。暑くも寒くもなく、ちょうど良い気候の中の開催だった。

もうかれこれ何年も夕張で開催しているのだけど、その理由の第一は、この地に住むK夫妻の「おもてなし」により、参加者みんなが「心地よくなる」ことだ。
約30名分のBBQ食材を、遠くまで買い出しに行ったり、本州から仕入れて、参加者が一番おいしいく食べれるタイミングで、手間をかけて下ごしらえし、大きなBBQコンロを用意し、スムーズに運営できるように会場のパークゴルフ場に事前交渉し、表彰用の豪華賞品を仕入れるなど、何日も前から、参加者のために一生懸命やってくれる。
それも、まったくいやな顔も見せず、いつも笑顔で迎えてくれるので、ついつい甘えてしまうんですよね。
夕張に行くというより、K夫婦宅に遊びに行くような感じだね。

素晴らしいなぁー。

本当に感謝だね。 ありがとうー!





写真は、パークゴルフの景品。
「見よ  この立派な夕張メロンを!」
食べごろまでもう少しお預けですが、楽しみです。

ちなみに私の今年のパークゴルフは、「撃沈」でした。
優勝候補(勝手に)だったのになぁ。。。