チーム練習会 | 佐藤一臣 雪上のひとり言 その2

チーム練習会

雨の音で目が覚めた日、自転車チームの練習会でした。
9月に行われる大きな大会のコース下見とチーム員のあんばいを見るため行われましたが、集合場所に着いたときにはまだ雨降り。
誰もが「こんな雨降りには走りたくなーい」と思いながらも、予報通り雨が上がることを期待して、しばし歓談。
スタート予定時刻を過ぎたころ、雨がやみ明るくなったので練習会決行することに。


$雪上のひとり言 その2

ぬれた路面の中進む集団(前のほうが重なって上手く写ってませんねー)


身体が温まり、参加者もプチレースモードでヒートアップするころには、路面も乾き、太陽も出てきました。
今回の練習コースは、コチラ 
(チーム員のタケちゃんから送られてきたもの。彼は今回の練習コース監修者です。)

当初は、夕張から大会コースを試走する予定でしたが、峠が通行止めになっているので、やむをえず上記のようなコースになりました。

登りではお決まりの、「アタック合戦」、平地では「ちぎり合い」で、すっかりと疲れ果てて練習会を終了しました。
普段は一人で練習することが多いですが、やっぱりみんなでやると良いねー。
今度みんなが集まるのは、8月の富良野合宿。
楽しみにしてまーす。