自室の机上で電子カルテや画像ビューアを組み立てて、診察シミュレーションなどをして悦にいっているのだが、画像ビューアに関してちょっと気になったことがあるので、書いておく。

 

診察室のPCはMacで統一しようかと思って、OsiriX (というMacを画像ビューアにするアプリ。有名)関係を調べていた。商用版のOsiriX MDはなんと年間サブスクリプションがなんと699ドルになっていて、早々と断念(実際に開業時には、正式購入するかもしれないが)。

とりあえず、診察した気にさせてくれるようなOsiriXチルドレンをググって探す。

HorosとかHorliXというのがあった。

英語サイトのHorosのは、日本語にするとなぜかビューアが立ち上がらないので、スルー。

HorliXは、問題なく使えてある程度日本語化されているのでこちらを使用している。2019/8/31までの期限付きだが、こういう状況なのでまったく問題ない。ビューアの正式決定は開業時までにすればいいのだ。

 

さらに調べるとHorliXとは別にHorosJPというのを見つけ、こちらにしようと思ったのだが、メアドだとかその手の個人情報の入力を求められる。
なんか、アヤしい。

不審に思って本家Horosさんに聞いたところ、こんな返信が返ってきた。

 

Hello XXX(私の名前),

 

Thank you for submitting the note on our website. The following website https://www.horos.jp is not our official Japanese site, do not download or put your email address into the site.

 

Thank you,

Johnny


 

John XXX.

Sales Associate

 

ええと、つまり、HorosJPというのは、Horosのオフィシャルな日本語バージョンではないので、ダウンロードはしないように、メアドなどは教えないようにということでした。

確認してよかった (^^)

サイトを運営していたのは広島のシステムクラフトという会社のようです。個人攻撃するわけではないですが、この手の業者さん・コンサルトの類は、開業時に色々厄介な問題を引き起こしてくれたりします (^^;)(ここがそうだと言っているわけではないですよ、念の為)。悪質コンサルトの養分になった開業医さんは数知れず。機会があったらエントリ書きたいです。でも、これはまずい。