稲刈り体験 | 泥女(どろめ)のブログ

泥女(どろめ)のブログ

泥女、米づくりに挑戦☆
二人の泥女で田んぼの手入れをしています。
河北潟湖沼研究所の「七豊米」の田んぼです。


テーマ:

七豊米田んぼで稲刈り体験を行いました。

 

◎このプログラムはキヤノングループ「未来につなぐふるさとプロジェクト」協働プログラムとしてNPO法人河北潟湖沼研究所が実施しました!

 

良いお天気に恵まれ、稲刈り開始。鎌でみんなで刈り取っていきました。

 

雑草が多いのは毎年の笑い泣きことですが、

今年はチョウジタデが特に多く生えています。

稲がだいぶやられてしまっているところもありました。

ほんとうに草とのたたかいだなあと思います。

 

稲をすべて刈ったところで、次は束ねていきました。

ハサ掛けするためです。

 

そしてハサまで運んでいきます。

今年はソリを使いました。

 

小さな子たちも一生懸命運んでくれました。

ずっしりとした束も「全部持てる!」と
たくさん持って運んでくれました。

 

そして、運ばれた稲をどんどんかけていきます。

 

最後はお父さんに肩車された子がかけて終了!

 

稲刈りは時間内におわるかなあ?と
思っていたのですが、たくさんの人でやるとやっぱり早いですね。

 

そして!終わったあとのお楽しみ!

 

研究所理事の橋田さんが作ってきてくださった
玄米おにぎり、おすし、お漬物をみんなでいただきました。
とてもおいしかったです!


お米はこの後ハサ干しし、脱穀、もみすりを経て玄米になります。
七豊米ができるまであと少しです!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス