シムのメモリーの更新情報&シムポ記事

メインブログの方ではThe sims3(シムズ3)を使って物語を語ったりしてます!
ほぼ毎日更新♪見に来てくれた方に大大大ッ感謝です!w
コメント等はこちらのブログで宜しくお願いしますね♪
ちなみにこちらでは更新情報&シムポ記事を投稿します←


テーマ:
$シムのメモリー

Cloud (ココにもないな・・・。)

クラウドは家の中を探っている。





$シムのメモリー


Cloud (残るのはこのタンスの中だけ、か。)

ゆっくりとタンスを開けてみた。





$シムのメモリー


Cloud (・・・・・・コレが例の写真、か。見たくない物、見てしまった気分だ。まあ、いい。コレさえ処分すればお姉さんがあいつから開放されるからな。)

そして中にある写真をポケットの中に入れた。



・・・・・・・・・ガチャ。


$シムのメモリー


Ansar 「今、タンスを開けなかった?」

Cloud 「(ギク!)う、疑っているんですか~?開けてませんよぉw」

Ansar 「・・・・・・・・・そうか。」

そう言って後ろからクラウドを抱きしめる。





$シムのメモリー


Ansar 「それじゃあ早速、寝室に行こうか。」

Cloud 「あ、ゴメンなさい。やっぱり無理です。せ、生理が来ちゃったもので・・・(お姉さんの為と言え、こんな奴・・・しかも男に抱きしめられるのは気持ち悪い(-。-;)さっさとズラかるか。)」

Ansar 「ふぅ~ん・・・。トイレに血の匂い無かったけどなあ・・・。」

Cloud (ギク!)





$シムのメモリー


Ansar 「お仕置きする。」

そう言って無理矢理クラウドの体をグィッと引き寄せた。



Cloud 「・・・・・・・あ。」



その弾みでカツラが取れる。


Ansar 「うわっ!」

とっさにクラウドから離れるアンサー。





$シムのメモリー


Ansar 「お前・・・・男だな。」

Cloud 「・・・・・・・・。」

Ansar 「何しに来た。」

アンサーの目は徐々に怖くなっていく。



Cloud 「ご、ごめんなさい!」

クラウドは外へ逃げた。





$シムのメモリー


Ansar 「逃げられると思うなよ!」





$シムのメモリー


・・・・・・ギリッ、ギリ・・・・・。

Cloud 「クッ・・・・。」




Ansar 「子供だろうが、容赦しねぇぞ。」



$シムのメモリー


Cloud 「うわっ!」





$シムのメモリー


ドッ!

地面に体を打ち付けられるクラウド。



Cloud 「ゲホッ、ゲホッ。」





$シムのメモリー


ガッ!!

そして細く微笑みながら踏み付ける。


Cloud 「うわあ!」

Ansar 「そうかそうかwそんなに苦しいのか~wなら・・・。」





$シムのメモリー


Ansar 「楽してしてやるよ!」

Cloud 「わああ!」


もう駄目だ・・・・そう思った。



Duncan 「止めろ!」





$シムのメモリー


ガッ!!

Ansar 「ぐわっ!」


アンサーは地面に倒れた。





$シムのメモリー


Duncan 「おい、大丈夫か!?しっかりしろ!」

クラウドの体を起こし、立たせる。

Cloud 「お、おじさん・・・・。」

そう言って写真をダンカンに渡す。


Duncan 「もう何も喋るな。病院に連れて行ってやるからな!」



―――――――――――――――――――


震えながら描きました(笑)

こういうシーン、怖いですね(((( ;°Д°))))


そう云えば今日、インド人にナンパされたんですけど、相手何言っているのかサッパリ分からなくて、「Can you speak English?」って聞いたのにも関わらず変な言葉で話しかけてくる;;

いや、英語喋ってたかもしれないけど、インド人が喋る英語って発音が聞きにくいのか、理解に苦しみました(笑)

だから紙とペンを渡して「Can you write what you said?」って言ったら何て書いてきたか、分かります?

・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

『How old are you?』

はあ?(-_-メ

たったコレだけの英語に理解に苦しんだ自分が情けなく思い、何も言わず立ち去ってやりました;;
AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

どーるぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。