成功している人はなぜ神社に行くのか?/神様と上手に付き合う法ご参加の京都 癒しの旅 案内人 下戸 眞由美さんが感想を書いてくれましたのでご紹介します。

 

昨日、堀内瑠美さんが主宰されている朝型美人塾のセミナー・リュウ博士の「成功している人はなぜ神社に行くのか?」と「ハマりすぎ注意!神様と上手に付き合う法」を受講してきました。






この本を拝読していて、直接、お話を聞いてみたいと思ったからです。
スピリチュアル、科学、文化、経済などの側面から全体を見渡す、そのような説明がとても腑に落ちました。


神社の参道を通り、どんどん素の自分になっていく。
自分が神様であるとの説明を受け、
神社では嘘はつけないと思っていたので、納得でした。


「神社は愛の生産工場」とのこと。
神社に参拝すると地域への愛着が増す→地域を知る→人となりを知る
このお話を聞いた時、そういえば、好きな神社へ行くだけで幸せに包まれていて、その場所が好きで、そこで出逢い、言葉を交わす人が気持ちの良い方ばかりと実感していたのでとても嬉しくなりました。


桃太郎の話が開運の仕組みであるということに、先人たちの知恵は今の時代にこそ、教えを請わねばならないのではと。
祓いと清めと開運のシンボルが登場しています。
なんだか、凄いことです。


このような心に響く内容を午前2時間、午後2時間受講できたことに心から感謝いたします。
リュウ博士にサインをいただきました。

ひとりひとり違うお言葉を。
「豊かさ美人」だなんて、ありがとうございます。







堀内瑠美さんのレポート、さすがのわかりやすさです。
ぜひ、お読みください。




このセミナーのあと、おすすめいただいたサムハラ神社へ参拝してきました。







素直に聞く、感謝する。
そのようになれない時もありますが、これは開運への道なんだと思います。


感想ありがとうございます!

<全文はこちら>
→朝型美人塾さんのリュウ博士の「成功している人はなぜ神社にいくのか?」セミナーに行ってきました。

 



次回開催のご案内
東京10/15【案内】成功している人はなぜ神社に行くのか?/神様と上手に付き合う法