ヴァイオリンの発表会 | 金沢市ピアノ教室   ドルチェの庭  

金沢市ピアノ教室   ドルチェの庭  

金沢市にあるドルチェピアノ教室です。レッスンでの様子や日々の出来事を綴っています。


テーマ:

今日は小松でヴァイオリン教室をされているH先生の発表会で、伴奏をさせていただきました。

 

 

会場は小松ドーム。

今まで遠くから見たことはありましたが、実際に行くのは初めて。

 

スポーツ関連の施設に音楽ホールがあるのですね!

 

 

 

今回、2分程度から10分前後の曲まで18曲の伴奏をしました。

 

私にとっては18曲でも、出演する生徒さん達にとって、ご自分の曲は1曲。

 

私も1曲ずつ大切に伴奏したつもりですが、反省点が多々あります。

 

 

 

この2週間、私が小松方面に出向いたり、ヴァイオリンの方達に金沢へ来ていただいたりして合わせてきました。

 

 

「もっと合わせる回数が多ければ」とか「もっと練習時間が取れたら」と悔やむ気持ちもありますが、出演された方達が喜んでくださったので安心しました。

 

 

私はともかくヴァイオリンの皆さんは本番が一番お上手でした。

 

 

 

 

プログラムの中で一番楽しみにしていたのがブラームスのヴァイオリンソナタ2番の1楽章。

 

 

ブラームスのヴァイオリンソナタは1番の「雨の庭」が有名ですが、2番もとても素敵です。

 

 

ヴァイオリンソナタはヴァイオリンとピアノが対等の関係なので、伴奏とは違う緊張感、高揚感、充実感があります。

 

その曲を演奏された大人の生徒さんはお上手な方だったので、緊張しつつも楽しんで音楽を共有できました。

 

 

 

ヴァイオリンの発表会にはピアノにはない仕事がいろいろあるので、先生はこの暑さの中、準備で大変だったと思います。

 

指導の仕方、発表会の進行など勉強になりました。

 

 

 

発表会が終わって家までの帰り道、車を運転しながら「やっぱり音楽は良いな」と、しみじみと感じました。

 

 

これからはもっと真面目に練習しようと思います。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
クリックしてね♪

 

きれいなお花をいただきました。

うちの猫達が早速を葉っぱを食べたので、少々傷んでしまいましたあせる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NAEKO SANGUさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります