2005-09-28 15:18:01

Zephyros ++ 9・26事件

テーマ:出来事

[Zephyros 27日 カリブ常駐記者] ターコイズブルーの輝く温和なカリブ海が、一夜にして血の海と化した。これまでインド洋に展開していたフランス私掠艦隊が突如現れジャマイカを封鎖したのだ。


 カリブ海は完全にイスパニアの支配下にあり、商人たちも私掠艦隊の危険をそれほど感じていなかったのだろう。不意を襲われた交易者たちはなすすべもなく海の藻屑と化していった。


 突然の襲撃にインド洋に展開していたイスパニア海軍は対応することができず、あえなくジャマイカも陥落してしまう。イスパニアは翌日に大量投資を行い奪還を果たしたが、カリブ海域の防御の弱さを他国に露呈する形となった。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-09-12 14:42:30

落とし物には福がある

テーマ:その他

[Notos 12日 Ubiq] 「この海には、いったいどれだけのものが沈んでいるんだろう」


 船乗りであれば、誰しも一度は考えたことがあるだろう。特に海賊の砲撃や大嵐で、莫大な財宝を海に投げ捨てざるを得なかった商人であれば尚更だ。最近までは海に流れてしまった物は二度と戻ってこないのが当然だったが、ここのところ冒険者から拾得物の報告が相次いでいる。


「どうも波間に何かあるなと思ってね。流された人だったら大変だと思って望遠鏡を持ち出したのさ。そしたらコレが」熟練冒険者のCさんは、そういって傍らの樽を指し示した。「これまで、こんなのが沈まずに浮いてるのなんて。まずなかったんだけどね」


 新技術の開発に余念のないロンドン工房によると、これは交易品を扱う樽の材質に変化があったためではないかという。


「樽は普通、堅くて丈夫なオーク(ユーロピアンオーク)を使うんだけどね。最近、場所によっちゃ新大陸で生えてるオーク(アメリカンオーク)を使ってるみたいなんだな」


 新大陸に広く分布するオークは、ヨーロッパのオークに比べて防水性に優れているという。そのため海に投げ出されても気密が保たれ、沈まずに浮かび続けるらしい。


「中に生き物でも閉じこめられてたらかわいそうだと思って必ず引き上げるようにしてるんだけど。でも中には砂や草ばっか詰まってたりするのもあるんだよ。何かの嫌がらせかね?」Cさんの見つけた樽の中には、海水が入った1オンス瓶がギッシリと詰まっていたという。「どうするかって? もちろん、樽の刻印で落とし主はわかってるからね。届けに行くつもりさ。何でこんなもんを落としたのか問いつめないと気が済まねぇし」


 確かに冒険者にとっては思いがけない「贈り物」かもしれないが、下手な恨みを買わないためにも、悪戯は程々に。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-12 14:32:41

税関管理厳正化へ──「有益なる怠慢」の終焉(2/2)

テーマ:経済動向

(この記事はこちら の続きです) 翻って、今回の理事会決議案はそうした体制を根本的に覆すものであると言える。以下にその概要を記すことにしよう。

『本理事会は、税関監視員を欺き一部の交易品を不当に重用する交易の現状に鑑み、その不自然な状況を打開するために以下の決議を採択する。

一、売却時における理事会による評価基準を変更し、1品目ごとに上限を設け、評価の適正化を図る。

一、ただし上記の評価基準の変更は、商取引に価格面で影響するものではない。

一、税関監視員は現地交易港の人員ではなく理事会直下とし、専任の人員によって極めて厳重な監視を実施する。

一、税関監視が行われる期間は「相当期間」あるいは別の港へ寄港するまでとする。

一、税関監視員は各種理事会が付託する業務斡旋の仲介も行うこととする。

一、さらなる交易の活性化を目指し、買い付け上限枠を現在より増加させる。

一、上記の変更に伴い、従来品質管理のため原材料の相当数を該当ギルドに納めていた部分を大幅に軽減する。

一、理事会付託の業務遂行における報酬で配布されていた「発注書」の配布数を大幅に増加させる。

(「相当期間」の具体的日数、増加する数については「未だ審議中」とのこと)』


 これらを見て確認できる通り、今回の改正案はいずれも「抜本的改正」である。こうした改正を行うことを決定しながら、具体的な数値をなお発表しない理事会に対して、多くの商人は不安を隠せない。また、貿易機構理事会の強硬な態度に引きずられて、学業全般の依頼を斡旋する世界学術会議理事会、戦闘に関する依頼を斡旋する国際海上保安機構理事会も税関監視員に依頼の斡旋を委託し、事態はもはや商人のみで済まされるものではなくなっている。


 そのそもの改革の発端である交易に関しても、問題は山積している。

「下手なバランスでは、結局交易そのものが衰退し、生産もままならなくなる」と多くの商人は語る。また、今回の措置を「あまりに低い報酬と評価査定から無視されている理事会付託の雑務を、より一層強制させている」とする考えもあるようだ。


 また、新評価基準に対する不満も根強い。経済専門家は「一部産品が偏重される現在の評価基準の根本的修正がなければ、『儲かる単品』から『儲かる数品目』に変わるだけであり、表層的変化に過ぎない」と意見しており、「何よりも一部産品を偏重する理事会の評価機構の改革が必須」という。

 一方で、こうした新規定を歓迎する空気もある。「監視員の目を盗むような真似は良心が痛みましたし、今までの『無駄なことをやっている』という脱力感が軽減されます」とは、とある商人の弁だ。また、多くの専門家も「いずれは手をつけなければいけない改革」としており、とりあえず姿勢は評価する、という意見も多い。


 とはいえ、事前の綿密な調査や調整が必須となるこうした案件を、非常に安易に提出した理事会に対する不安は強いものがある。具体的なデータが全く出されていないことも、いたずらに各地の商人の不安を煽っているといえる。公平に判断して、理事会は冒すリスクに対して危機感も準備も足りないように思える。もし交易上限の拡大が不十分であれば、生産品の価格は上昇し一方で収入が減るという事態を招き、世界的な不景気が訪れる危険性があるというのに、そのような危機感はあまり感じられない。


 果たして、新規定は「有益なる怠慢」を上回る「有意義な勤勉」をもたらすことが出来るのだろうか。理事会の手腕が注目される。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-10 15:42:50

税関管理厳正化へ──「有益なる怠慢」の終焉(1/2)

テーマ:経済動向

[DOL共同 10日 一英国記者] 各国政府が構成する国際会議に併せて開催された世界貿易機構理事会定例会議は、翌月より一斉に全世界における税関管理の厳正化を徹底するとの談話を発表した。


 現在、貿易協定では以下の条文が存在する。「近隣・遠隔地を問わず幅広く貿易を振興させるため、一度の寄港における取引量には上限を定め、それを以って商人をしてより多数の港へと寄港せしむるものとする」世界各地の商人に悪名高い、通称「制限条例」である。


 しかしこの制限条例には大きな穴があった。それは、税関管理の監視の目はおおよそ港から1日程度の距離までしか届かず、一度その監視範囲から離れた場合は「別の港に寄港した」と強弁することで、事実上連続した取引が可能となるのだ。これを利用して、各国商人は港から一定距離を離れては舞い戻るということを繰り返してきた。俗に言う「ブーメラン航法」である。


 もちろん一日程度で寄港して帰るなど不可能であるから、税関監視員はその気になれば相手の要求を退けられる。だが、それでも続くには理由がある。「交易を継続してもらうには、結局連続した取引が必要なのです。そうでなければ、売り上げが半減どころではありません」とは、こうした航法が盛んなとある港の交易所店主の弁だ。「真面目に上限など守っていては遠隔地交易も、生産も出来ない」とは多くの商人の声なき声でもある。こうして、税関では「有益なる怠慢」が続いてきたのだ。


 だが、こうした結果、交易所では一部交易品に人気が集中し、また近郊貿易が衰退して特定交易品を中心とした遠距離交易ばかりがもてはやされるようになった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-09 03:41:55

Zephyros ++ 新三国動向

テーマ:解説

[Zephyros 14日 一英国記者] ヴェネツィア・フランス・ネーデルランドという三カ国が海外貿易に積極的に乗り出してから一月を数えた。これらの国々の進出が始まったことで、先行していたイングランド・イスパニア・ポルトガルの三カ国は「新国家諸国」との外交問題という難しい問題を新たに抱えることとなった。

 今回は、9月14日現在での新国家諸国の現状といわゆる既存諸国との関連性を総括する。


●フランス

 新国家中、既存諸国からの亡命者のみならず、新しく船出する航海者たちも最多と噂される大国である。広い領土を持ち国内産物も豊富で、経済面での評価も高い。

 西地中海に臨むマルセイユを本拠とするため、同じく西地中海を根拠地とするイスパニアと競合関係にある。

 対外進出はポンディシェリを獲得したほか、サンジョルジュにも大きな影響力を持つ。近海ではトリポリを中心に西地中海に進出を始めており、今後はイスパニアとの本格的な衝突がありうると言われる。加えて、最近ではゴブラン織の売り場として東地中海のベイルート確保にも成功。その勢力は徐々に拡大を始めており、今後の去就が注目される。


●ヴェネツィア

 唯一東地中海に本拠地を置く国家である。その地理的優位性を生かしアンコナ・カンディア・ファマガスタの三都市を確保。ヤッファにも大きな影響力を有する。だが東地中海での金・宝石交易を大きな財源とするポルトガルはヴェネツィアに対して強硬な態度を示しており、一度陥落したヤッファを奪回している。加えてベイルートはフランスという予想外の勢力が介入する事態となり、今後はヴェネツィアも難しい舵取りを迫られていくことになるだろう。


●ネーデルランド

 イングランド首都ロンドンの、文字通り目と鼻の先に首都のある北海の国家である。その位置からイングランドとの衝突は避けられず、現在も多くの場所でイングランドと競争関係にある。

 対外進出はタマタブを支配し、カリカットに大きな影響力を持つなど、インド航路での積極的な動きが目立つ。それに加え、北海圏の近隣都市であるベルゲン・オスロ・コペンハーゲンにも一定の影響力を有しており、今後イングランドと北海の有力都市を巡ってのさらなる衝突があるものと思われる。


 当初こそ予想より影響が小さいとされた新国家諸国であるが、時を経るにつれてその影響力は大きくなっている。今後は、外交の舞台でもより一層新国家諸国の力が大きく作用することになるだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-02 17:16:41

Notos ++ 第6回大海戦前夜

テーマ:出来事

[Notos 2日 gin] ポルトガルが選択した第6回大海戦の舞台はシエラレオネとなった。


 そう、シエラレオネである。


 思い起こせばイングランドとポルトガルの長い戦いの火蓋が切って落とされたのは、シエラレオネであった。北海を固めたイングランドと、アフリカ・インドにいち早く進出していたポルトガル。かねてから私掠行為が互いに繰り返され、険悪な状態になっていた両国は、ダイヤ発見の報に沸くシエラレオネで初めての投資戦をおこなったのである。


 ダイヤ利権を直接受ける大口の投資家から、愛国心に目覚めた一口投資家、そして投資行動を阻止せんとする両国の軍人が入り乱れて、ドゥカートと砲弾が飛び交った。シエラレオネ沖、いや世界全体が、はじめておこる大規模な国家間紛争のすさまじさを見せ付けられることになったのである。

 この戦いに勝利したイングランドは、アフリカ西岸のポルトガル同盟港を次々と攻略する。雪辱を期すポルトガルは第3回大海戦の舞台にアビジャンを選択したが、結果はイングランドの完全勝利に終わる。以後世界の情勢はイングランドの攻勢、ポルトガルの守勢という流れとなったのである。その後、ポルトガルとイスパニアが友好的な関係を築き、それぞれがイングランドに対したため、イングランドの攻勢は収束に向かった。同盟港の変動が最小限に抑えられた均衡状態が訪れていたのである。


 世界に新たなうねりが起きたのは、新たな国の参入であった。ヴェネツィア・フランス・ネーデルランド。まず最初にネーデルランドが国際政治の舞台に立つ。ネーデルランドがハンブルクを影響下に置こうとし、それと時を同じくして、ポルトガルがコペンハーゲンを、イスパニアがベルゲンを攻略したのである。この3国同時攻撃が計画された行動であったのか、たまたま時が重なったのか、記者は寡聞にして知らない。しかし、ハンブルク以外の二都市は攻略され、特にこれまで数度のポルトガルとイングランド間の争奪戦が行なわれていたコペンハーゲンはポルトガルが相当期間維持し、イングランドは追い詰められたかのように見えた。


 次いで、ヴェネツィアが東地中海に乗り出す。それまで東地中海に勢力を持っていたポルトガルは全面戦争は得策でないと判断したのか、ベイルート以外の諸都市の権益をヴェネツィアに渡した。ポルトガルの注意はアフリカ・インド方面のイングランド諸都市--サントメ・カーボヴェルデ・ディヴ・スエズ--などの攻略に向けられた。


 この間、活発な投資家の動きとは別に、各国の軍人たちは新たな船を用いた演習を活発におこなっていた。戦列艦とガレアスという砲撃と白兵のそれぞれ最高の船が各地の首都で建造が可能になり、訓練に日夜明け暮れていた。首都近辺海域での大演習には、一般航海者から通行の妨げになるとの苦情が出たほどである。


 そして、満を持してイングランドが牙をむく。カーボヴェルデ沖でイングランド私掠船団がポルトガル国籍の船を次々と襲い、次いで大規模な投資戦が行なわれ、失地を完全に回復した。ディヴとベルゲンは奪い返さなかったものの、ディヴはカルカッタ、ベルゲンはオスロという、より優秀な港があり優先度が低いとみなされたのであろう。


 さて、シエラレオネにおける大海戦。イングランドの攻勢の中、ポルトガルが大海戦をおこなうという構図はかつてのアビジャン戦と似ている。しかし、通常型のキャラックや小型のガレオンでの戦いではもはやない。船の大きさも砲種も砲門数も船員数も、そして各提督・船長の能力も当時とは比較にならないほど強力になっている。火薬と血の匂いがあふれる凄惨なものとなるだろう。


 この海戦の結果で両国のバランスが大きく傾くということはないかもしれない。両国とも人材にあふれ底力のある国であるからだ。海戦に敗れた方がずるずると後退するということは考えにくい。しかし、この海戦の結果が今後の新興3国を含めた世界の外交情勢に影響を及ぼす可能性は高いと思われる。


 世界中がこの海戦を固唾を呑んで見守っている。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。