こんにちはー同居鬼嫁鬼です♪

 

【登場人物】

鬼嫁…主人公。アラフィフの関西人。再婚にて同居を選んだ張本人。声と態度と体形がデカい。

旦那さん…鬼嫁を扱える唯一の人(猛獣使い)。サラリーマンでマイペースなメガネ男子。

お義父さん…上から目線の85歳。天然で素直さが長所。欲望最優先が短所。重度の糖尿病歴40年のベテラン。

お義母さん…融通が利かない77歳。人当たりがよく世話好き。感情のまま行動に気づいていない。

実父…鬼嫁の実父。78歳。会社経営をしていたので、人生経験は豊富。無類のゴルフ好き。

実母…鬼嫁の実母。同居にて3人の介護経験者。69歳の時に急死。

 

同居している婚家では

週末の夜に

家族会議なる

「話をする場」

を設けています。


初めてから

もう1年くらいになるのかな?


最初、

旦那さんから提案されたとき

個人的には

凄く嫌で。



旦那さんにしたら

自分は土日しか家にいない

サラリーマンで

自分より嫁さんの方が

何倍も両親と関わる時間が長く深い



ワタシからの愚痴も報告も

自分は聞くだけしか出来ない



義両親からは

ワタシに関して

様々な愚痴を聞かされて


どれが本当で

何が最良かが判らず


何より嫁さんが

義両親への拘束が

心身共に大変なことになってきている


と心を痛めていたらしい。



ワタシ自身は

さすがに体力も衰えて来て

疲弊が強くなり

自分の健康のためにも

深い関わりを

持ちたくなくて


上辺だけの

関わりで

もう十分!

自分たちだけのために

必要な場合のみ

関われればいい


そう決めてもいて。


ワタシが気にしない


を続けて行くには

それが一番やりやすかったから


なので

ここ数年は

気付いてしまったり

察しがついても


それ以上義両親の

依存度を

期待度を

増やさないために


ワタシからの関わりを

最低限にしていました



それはそれで

何年も続けていると

新たな課題が浮上して



相続土地問題

お義父さんの運転取りやめ

お義母さんの病状発症

お墓問題


などなど


義両親が

すべて先送りし

ウヤムヤにし続けて



このままでは

私たち夫婦に

膨大な労力と

お金の掛かる尻ぬぐいが

乗っかるのは明らか



方向性や

決定要因を

ハッキリさせないとマズい案件が

次々と露見し



ならば!



家族会議案が生まれました


だから

ワタシは最初は


仕方なしの

しぶしぶ(つд`)



昨年の秋頃には

先送りされてきた案件が

次々片付いたのですが



先送りの案件への

今までの向きあい方に

お義父さんと

お義母さんとの


在り方が


炙り出され



根本的な人間性も

ハッキリと

出てきたわけです



旦那さんは



まさか今まで

あそこまで

人に遣らせて続け

それが当然の態度の

我が親に



呆れてしまい



さらにそれ以上の

要求を求めてくるのには



本気でキレまして。



もう高齢なんだからと

気にしないように

とアナタに言い続けてきたけど



俺はこれから

両親への

毎回改善方向を提示する



あそこまで

当てにされて

それが当然で

当たり前だと


もっと察して気を遣え

こちらの意図を汲んめ


ばかりで


こちらの負担だけを

弱さを武器に増やし

自分たちは結果


変わらない


のは断固拒否



ワタシは

旦那さんが義両親に

結果的に強く冷たく対応すると



全部ワタシに返ってくるのが

本当にキツくて

気にしない 

のも限度があったけど



もう爆発して良い



と言われて

ちょっと泣けた



長々とすみませんm(_ _)m



鬼嫁も

結構繊細なんですよ^^;

 

 

同居鬼嫁鬼 拝