狩りの予習復習に余念がない猫藤先生
 

こんにちは。猫藤です。

 

前々々回は「正しい試験の受け方」について①

https://ameblo.jp/dokutama-nekohuji/entry-12464025768.htmlで、

1【試験前日までにすべきこと】

2【試験当日、試験開始前までにすべきこと】

 

回は急遽

「正しい試験の受け方」について(番外編)

https://ameblo.jp/dokutama-nekohuji/entry-12464520985.htmlで、

をお話しました。

 

そして前回は

「正しい試験の受け方」について②

https://ameblo.jp/dokutama-nekohuji/entry-12464709082.html

3 【試験開始直前にすべきこと】

4 【試験開始後にすべきこと】

5 【休憩時間にすべきこと(+すべきでないこと)】

のお話をしました。

 

今回はこのシリーズラストの「正しい試験の受け方」について③にて

6【試験終了後にすべきこと】

のお話をします。

 

ところで皆さんは、模試が終わった後に何をしますか?

 

・家に帰って即寝る。

=完全に猫です。(猫度100%)

・その日のうちに自己採点して、寝る。

=けっこう猫です。(猫度70%)

・その日のうちに自己採点して、現在の自分の学力を分析して、自分に足りなかったことを見極めて、満足して寝る。(猫度30%)

=微妙に猫です。

・その日のうちに自己採点して、現在の自分の学力を分析して、自分に足りなかったことを見極めて、教科書や参考書を見直して、問題集を解きなおす。

=不猫です。(猫度0%)

 

【試験終了後にすべきこと】は上記からも分かるように、端的に言えば自己採点&弱点克服です。以下で細かく見ていきましょう。

 

【試験終了後にすべきこと】

①自己採点をする

解答に基づき〇×を付ける。(記述などの採点では主観を入れないように注意!)

 

②不正解だった問題の分析をする

(どうにも解けない問題だった場合)

・その単元が全滅なのか

・その単元に部分的にできないことがあったのか

・公式を思い出せなかったのか

などなど

(本当は解ける問題だった場合)

・問題文や題意を正しく読み取れなかったのか

・時間が足りなくなって解けなかったのか

・計算を間違えたのか

・解答を書き間違えたのか

などなど

 

③教科書、参考書で復習する

 苦手単元や解けなかった問題の単元を、教科書・参考書などを使って復習し直しましょう。

 

④先生に質問をする。

解答や解説を読んでも、教科書や参考書を調べても分からないことは、先生に質問しましょう。ただ不正解だった問題の解き方を習っても意味がないので、その問題を解くために必要だった知識(~の単元の教科書や参考書を理解する&〇〇で問題演習するなど)をどうやって身に付けるのか、まで教えてもらいましょう。

 

⑤問題集などを用いて反復練習をして、最後は覚えましょう。

 

このように、正しく試験を受けるということは、当日試験中にすることだけではなく、試験を申し込んだ時から、試験が終わった後まで、すべきことがてんこ盛りなのです。

 

すべてをきちんとするのは非常に大変なことですが、ただ試験を受けるだけになってしまうと、その時間が無駄になってしまいます。復習までしっかり行うことで、学力を確実に向上できる価値ある時間にしていきましょう。

 

最後にお知らせです。

 

【一般参加OK】6/2(日)駿台全国模試 自己採点&質問の会を開催します!

(「模試直後に苦手箇所を発見して、克服しよう!」という目的です。)

 

6/2(日)1700-2130は、質問対応の先生が常駐します。

※塾生の方々は問答無用で全員参加です。

※塾生でない方も無料でご参加いただけます。メールかお電話にて事前にお申込み下さい。

 

明日ブログはお休みですが・・・

https://ameblo.jp/dokutama-nekohuji/entry-12465241048.html

 

【医学部受験塾ドクターのたまご】

医学部受験を考えている方、勉強方法に悩んでいる方、「医学部受験塾ドクターのたまご」までお気軽にご相談下さい。

ホームページ:医学部受験塾ドクターのたまご

メール:info@dokutama.com

電話:03-6261-4163