驚きの「言霊」の名著! | 小川貴史のドクスメ日記

小川貴史のドクスメ日記

店員・小川貴史のドタバタな日々


テーマ:

 

【読書のすすめが今だからこそおススメする本軍団&ドクスメライブ!】

ご紹介のおすすめ本他、ドクスメライブの詳細は、こちらの読書のすすめHPをご覧ください。↓

http://dokusume.com/modules/store/

 

皆さん、こんにちは。

読書のすすめの小川です。

 

こちらの、清水店長との最新動画でもお話させていただきましたが、

今、僕は「言霊」の本を読んでいるのですが、きっかけはこちらの『龍宮の乙姫と浦島太郎』という本を、偶然読み始めたことに始まります。

 

「こんなにも身近な昔話に、日本の秘史が隠されていた。」

この文章が気になり、読み始めてみたところ、以下の前書きを読んでいきなり引き込まれてしまったんですよ。

 

「それにしても、龍宮乙姫と浦島太郎の物語が、実は我々にとんでもないテーマを投げかけていると一体誰が知るだろうか。原作者はどう考えていたのか。時代も名前もわからない。物語だけが残っているという状況である。が、七沢氏(この本の著者)は明快にそれを指摘する。詳しくは、第二部の最後の章をご覧いただきたい。この物語の時空を超えたスケールが窺い知れるはずである。」

 

「本書は物語のただの解説書ではなく啓発書として読むべきものであるといえよう。それは、読者の中に眠れる何かを引き出すための、大いなるきっかけを齎(もたら)すものかもしれない。少なくとも、これまでの観念や価値観を覆すに十分な中身であることは保証できる。」 はじめにより

 

この「はじめに」を読ませていただき、「これは面白そうだぞ!」と続きを読み始めたところ、予想通り一気読みでしたね。

 

誰もが知っている「浦島太郎」のお話の中に、言葉としてではなく、「言霊(ことだま)」として、暗号が入っていて、それが「日本の秘史」だというので、もう驚きの内容でして!

まさに、この本は「浦島太郎」のお話の暗号解読の本であり、読み終わった後には、「啓発書として読むべきもの」という前書きの言葉が嘘でないことに気づかされることになります。

はじめの方は、歴史の話だったり、言霊の説明があったりするのですが・・・、後半になってくるにつれて、暗号の謎が解かれてきて・・・

 

最後の最後に、「○○が金になる。」という現代にも通じる、「えーっ!?」という思わず納得の暗号の答えが書かれていて、

※暗号の答えは、ご自分の目でお確かめくださいね。

 

「浦島太郎は、一体誰なのか?」

「玉手箱の意味は?」

「そもそも、なぜ浦島太郎は、亀に乗って龍宮城に向かったのか?」

「箱を開けたら、浦島太郎は白髪の老人になっていたのか?」

 

そんな、誰もが当たり前に、童話として聞いていた内容に、全て意味があったこと。

そして、その意味は、「言霊」として隠すことで、今まで長きにわたって、遺されてきたことが分かり、もう表紙のイメージとは異なり、かなり刺激的な1冊です!

タテ糸の真の歴史の本であり、真の啓発書である、この本は是非皆さんにも読んでいただきたいですね♪

 

そして、『龍宮の乙姫と浦島太郎』の著者である、言霊学では知る人ぞ知る小笠原孝次氏のことを調べていますと、

小笠原氏の師匠 山腰明將氏 が「言霊」について講演した講演録『言霊学事始』

 

 

があるということで、「浦島太郎」の本の感動をそのままに、すぐに取り寄せて読んでみたところ・・・

 

「あ~、読み出したら止まらない!」

 

700ページもある本ですが、仕事が手につかず、気づいたら一気に100ページ程も読んでました(笑)

「浦島太郎」の童話などの他にも、「古事記」や、「易経」、「仏教」、「キリスト教」にも、言霊の暗号や秘密が隠されているということが明らかになります。そして、読み進めていくと、様々なタテ糸の教えの根源が窺い知れて、こちらの本も刺激的!しかも、講演録だから読みやすい!さらに、イチから「言霊」について書かれている上に、ちゃんと漢字にはふりがなが付いているので、慣れてくれば難なく読めるようになります♪

 

なので、表紙の怪しさと700ページという厚さに圧倒されずに笑、安心してお読みいただきたいのですが、今まで「言霊」は「言霊」として考えてきましたが、どうやら、この2冊を読むと、古今東西の様々な教えは、バラバラに見えても、「言霊」という視点から、共通項を見つけ出して、実はみんな繋がっていたんだ!ということに、少しづつ気づけてくるので、今まで様々な本を読まれてきた方には、

 

「今までの読書の〝根源〟を窺い知るための本」

「〝根源〟から見た、真の啓発の書

 

として、一人でも多くの方に、お読みいただきたいと強く感じています。

 

久々に熱く書いてしまいましたが、以前は幻になっていた名著の復刻版なので、内容に間違いないので、ご安心くださいね!(笑)

 

・『龍宮の乙姫と浦島太郎』

ご注文はこちらから↓

http://dokusume.com/modules/store/index.php?main_page=product_info&products_id=7132

 

・『言霊学事始』 ~山腰明將氏の『言霊』入門講演録!

ご注文はこちらから↓

http://dokusume.com/modules/store/index.php?main_page=product_info&products_id=7131

 

効果倍増な2冊セット!

・『龍宮の乙姫と浦島太郎』&『言霊学事始』2冊セット

ご注文はこちらから↓

http://dokusume.com/modules/store/index.php?main_page=product_info&products_id=7133

 

おがわたかしさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。