英語のお話 : ナイーブ | ワタシの独擅場

ワタシの独擅場

俺の人生俺様の物。

さて、ワタシが日本にいる頃、『ナイーブ』、という
明らかに英語をそのままカタカナにした言葉は、
『繊細な』みたいな感じの意味で使われていたと思う。
おそらく、現在もそうだと想像する。
確か、そんな名前のシャンプーもあったと思う。

間違うてまっせ!!

英語で言う所の “naive” は、

良く言えば『うぶ』

はっきり行っちゃえば、

『馬鹿なのっ!?』

っていう意味合いの言葉です。

例えば…、自分の旦那さんが、ラブホテルから、若い秘書の肩を抱いて出て来た H
ところを目撃ししてしまったとしよう。
それに対して妻が、



と、本気でおっしゃってた場合、



のニュアンスを加えて、

"She is very naive...."

となります。

ですので、『うぶ』『物事を知らない』『判断力の欠如』という意味の根底に

「頭悪いんちゃう…」

的な意味合いが入っている言葉が “naive” です。


読者登録してね