年金アドバイザー3級を目指す人へのアドバイス | JUNの雑記帳(資格試験などなど)

JUNの雑記帳(資格試験などなど)

宅建、年金アドバイザー2級、社労士、行政書士、法学検定ベーシック、法学検定スタンダード、FP3級に合格。現在は司法書士の勉強をメインにやってます。


テーマ:
あくまでも個人的な感想です。

年金アドバイザー3級専用の本は1種類しかないので、これが向いてないなと思う方は社労士のテキストを手にとって見てください。なにより種類が豊富です。割り切って年アド3級のテキストと社労士のテキストの合計2冊買うのも手です。

また、ipod社労士や山川予備校など、廉価・無料の講義があるのでそれを利用したほうが年金の全体像がわかります。

今の私なら、
年アドのテキストを見ながら山川予備校の無料講義を1回聞く。
そして年アド3級の問題一年分を一回とく。
山川予備校の無料講義のなかで年アド3級に関係するところをピックアップして、そこを後2回聞く。
講義視聴と平行して年アド3級の過去問を5回とく。
年金以外の雇用保険・健康保険部分は試験に出たところだけして後は捨てる。
って感じで勉強を進めると思います。


年金アドバイザーから勉強したわけではないので自信ありませんが、感覚的に、100~300hが必要勉強時間ではないかなと思います。まったく年金の勉強をしたことない人が、100hで6割いくかどうか、9割理解するには最低300hかなという感じ。
宅建と同じかやや下ぐらいの難易度かなと。

ちなみに「年金アドバイザー3級で9割」となった私の勉強量は
・うかるぞ社労士テキスト音声+通読5回(H21.1-8)
・うかるぞ社労士過去問5回(H21.1-8)
・ipod社労士音声+通読4回(H21.11-22.2)
・山川予備校音声講義1回(H22.1-22.2)
・ide年金過去問国年2回厚年1回(H21.11-22.2)
・Lec一問一答3回ぐらい(H21.11-22.2)
・年金アドバイザー3級過去問3年分を3回(22.2)

正直こんだけやった割りに、満点じゃないんかーっと自分でつっこみいれました。


3/11の勉強時間

通勤往復音声講義・・・20分

昼休み・・・15分

司法書士受験生junさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス