【夢の中で】嫉妬で怒り狂う その2 | 困難を生き延びたから、幸せになる!のびのび生きる

困難を生き延びたから、幸せになる!のびのび生きる

サバイバー アダルトチルドレン アスペルガーでも 大丈夫

こんにちは、困難から生き延びた*SAWAです。

こころと身体双方向からアプローチします。

 

昔の私はとてもひねくれていたのです。

 

その時の感情が

何かに触発されて甦ってきた夢の内容でした。

 

怒りと嫉妬で我をなくす私

 

【夢】

ずるい!

A子ちゃんだけ可愛がられて!

私はこんなに我慢してるのに!

 

A子ちゃんは失敗しても可愛がられる

 

みんなに注目されて温かい目で見てもらえる。

チヤホヤされる。

 

も同じようなことしてるのに

一度もそんな扱いはしてもらえない。

冷めた目で見られる

 

だからA子ちゃんに私は嫉妬する

 

ずるい!って意地悪をぶつける

 

そしたら私だけ怒られる。

私だけ注意される。

 

私は悪者かよ!

私だけが悪者かよ!

どうして私だけが悪者になるんだよ!

 

なんでお前らは私を追いつめる!

いい加減にしろ!」

 

って爆発した私は

大物のビートたけしに噛みついた。

 

たけしの胸ぐらを掴んで揺さぶり

悔しい!、悔しい!、悔しい!」と叫ぶ。

 

この怒りが私を苦しめる。

 

 

 

対応の落差に怒り狂う

 

 

A子だけに寛大で、私には冷たい。

その対応の落差見せつける

たけし軍団に腹が立つ。

 

嫉妬のあまり人を傷つけたくなる。

 

私を見て!

私を愛して!

私だけはどうして愛されないの!

 

この不平等さ

大声で訴える自分の声で目が覚めた

 

 

 

実際には声は出してないけれど、

喉の奥の詰まった痛みで目が覚めた。

(表出されなかった感情の痛みですね)

 

消耗してましたが

なんとか書き始めたという次第です。

 

これで夢の中は終了です。

次はその感想です。

 

 

目覚めて飛び出てくる想い

 

 

【感想】

夢の中身を書いたことで

客観的になった私は

ペンが走るに任せて書き続けます。

 

そっか、

たけしやみんなは、

彼女をかばったというよりも

彼女は彼女であり

私は私であるって分けて見てたんだ。

 

彼女と私を比べて差別したわけじゃない。

 

私の姿、

彼女に嫉妬して喚き散らす私の姿を見てたんだ。

 

その姿に呆れたんだ。。。

 

私自身を否定したんじゃない。。。

 

 

長くなったのでここで分けます。

まだまだ続きます。

 

良かったら続きも読んでください。