絶望への挑戦

テーマ:

Q翁は、このブログで普天間基地の辺野古移転は絶望になったと述べた。


移転反対の名護市長が当選し、沖縄県民の大半が米軍基地の新設に反対となってしまったのである。


この状況を見れば、基地移転が絶望であるという昨年来の Q翁の見方は正しいであろう。


それだけでなく。鳩山総理の発言に振り回された結果、日米間の不信は一挙に高まってしまった。


敢えて経過は述べないが、沖縄県民の怒りを煽っただけで、鳩山総理は退陣してしまった。


さて後を引き継いだ菅総理は、必死で日米信頼の回復に努力ている。しかしながら、言葉だけでは、一旦破壊された信頼が戻らないのは、個人でも国家でも同じであろう。


菅政権は、否応なしに、辺野古移転問題に挑戦しなければならない。その姿勢がなければ日米間の信頼は戻らない。


まさに絶望と思われることに対する挑戦である。

菅総理は沖縄の負担軽減を事々に口にしている。


Q翁が何度もこのブログでのべてきたが、辺野古への普天間基地の移設こそが、沖縄の負担軽減の最大の道なのである。それ以外に現時点での負担軽減はあり得ない。

訓練の本土への移転など絵に描いた餅に過ぎない。殆ど実行不能であろう。訓練とはそういうものである。


沖縄海兵隊のグアム移転も、基地の返還も、みんな辺野古への移転がなければ実現しないことなのである。


沖縄県民もこのことは分かっている筈である。しかし、鳩山総理がそれを無視して「県外、国外」と叫び「辺野古の海に滑走路をつくるのは自然への冒涜だ」などと言ったことから、一挙に沖縄県民は、それとは異なる最善の道があると信じてしまったのである。


今は辺野古に滑走路をつくることが、沖縄の負担軽減の最善最短の道であり、これに反対し続ければ、当面沖縄の負担軽減はあり得ないことを菅政権は、懇切に説明するしか方法はないであろう。


しからば、誰がそれをやるのか。政治主導を唱える民主党政権でやれる人がいるのか。


今回の参議院選挙でも唯一沖縄県に民主党候補者は立候補させていない。

たとえ当選の見込みが無くても、沖縄の基地負担軽減の道が辺野古に滑走路を設けることしかないことを県民に訴える絶好のチャンスではなかったのではないか。


罵声を浴びせられようが、石を投げられようが、落選させられようが、死に物狂いで、沖縄県民に訴える姿勢がなければ、絶望への挑戦の成功はあり得ないとQ翁は思う。


アメリカもその姿勢を今見ているところである。その姿勢を示さなければ信頼の回復は期待できない。


8月末までにという宿題を菅政権は背負っている。どう考えてもこれは無理だ。アメリカとの間だけで、事を進めれば益々沖縄県民は怒るであろう。


この絶望への挑戦。身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあり。


Q翁は目を離すことができない。





AD