姿勢は体に影響を与えるのか。 | つれづれ養生訓 ~ 神戸の整体院から中医学の健康の知恵のお届け ~

つれづれ養生訓 ~ 神戸の整体院から中医学の健康の知恵のお届け ~

健康であるためには、自然であることが一番です。
そのためにいろいろ試されたりしていると思います。
そのひとつに中国医学の智慧をお届けします。
中国医学は、素晴らしい医学です。その中の生活に密接した部分の智慧をお届けします。


テーマ:

フーフーです。
猫背なんで、よく肩が凝ります。
ってよく聞きますが、姿勢は病気に関係ありますか?

 

 

姿勢が悪いと病気になるかと言うことですね。

 


よく背骨がゆがんでいると、病気が起こるとか言われてます。


無いわけでもないし、絶対そうだと言うことも無いし。
半々と言うところでしょうか。

 

 

 

脊柱から臓腑に神経が流れていますので、姿勢が悪く、そこがシャットアウトされると臓腑に影響をあることもあります。

 


しかし、現実は。内臓に問題があって、その影響が背骨や他の部位に影響を与えていることが多いです。

 


例えば、食べ過ぎで、胃の後ろが突っ張ってくる。このため姿勢も悪くなります。
胃の食べ過ぎからは、それだけでなく、肩こりも起きるし、逆流性食道炎もおこります。


姿勢もどちらかというと、原因と言うより病気の影響を受けてそうなっていると考えた方が正しい時も多いですね。

 

________________________

 

もっと詳しい ブログ中国医学講座は こちら
整体に興味のある方は同仁広大へ それは こちら
お身体や心の悩みの相談は、同仁広大 へどうぞ


整体療法院 同仁広大

 

http://www.dojin-koudai.jp/ ブログランキング・にほんブログ村へ

________________________

にほんブログ村 健康ブログ 中医学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村



中医学 ブログランキングへ

 

 

 

 

院長^^さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス