ホームページ

テーマ:
今までYahoo!ジオシティーズを利用してHPを開設しておりました。


HPはこちら。(2019年3月まで)


もう何年もいじっていない寂れたHPですが…
(写真も10年以上前の写真で…もはや詐欺ですねあせる


たまたまHPに目を止めていただきご依頼をいただく事も、まだまだあります。







そんなHPですが、この度閉鎖するか移転するかの選択を迫られております。


以前からジオシティーズがいずれサービスを終了する事は分かっていたのですが、


いよいよ来年の3月までにどうにかしないといけなくなりました。






元々そんなにパソコンに詳しくないけれど、頑張って何とか作成したHPなので


また1から作るのは大変そうなのですが…


URLやドメイン(ネット上の住所や名字のようなもの)を変えない移転方法が、私にはとてもハードル高そうに思えて…


どーしよーショックあせると悩んでおります。


いっその事HPは無くしてしまってもいいかな〜とも、思っています。


HPを新しくした際には、またブログでお知らせ致しますね。










オマケ



事情があり夏から来年春まで長期で我が家にお泊まりしているチワワちゃん。


太り過ぎていて、お散歩すると足腰が痛み悲鳴をあげるので、獣医さんからダイエット&お散歩禁止を指示されました。


でもお散歩禁止でダイエットってなかなか難しく、食事制限だけではなかなか痩せず…


ライフジャケットを用意してもらい、お風呂で泳がせてみています。


しかし人が一緒に入るとプカ〜ッと気持ち良さそうに浮いてしまい、あまり泳いでくれません(笑)


わんちゃんの足がつくギリギリの深さが良いようです。


またお散歩出来るようになるまで、もう少しお風呂でのダイエット頑張ります!





茂吉

テーマ:
{B202EE9E-26CA-4D22-B2D1-D5A3AAA75BF4}

茂吉がとうとう、虹の橋へ旅立ってしまいました。
茂吉らしく最期まで全力で頑張って、頑張って、頑張って…
本当に、本当に、強くて逞しい子でした。




虹の橋で、ツトムに会えたかな。
僕ちゃんをいじめていないかな。
絶対に、絶対に、いつかお迎えに行くから。
それまでみんな仲良く待っていてね。




臆病者でおっとりなイケメン、長男の僕ちゃん。
とにかく甘えん坊でひたすら可愛い、末っ子ツトム。
間に挟まれてちょっと捻くれちゃった、次男の茂吉。
散々困らせてくれたけど、最後の数年間は家族を独り占めできて、ようやく穏やかな顔になって甘えん坊になってくれたね。

僕ちゃん。ツトム。茂吉。
私が訓練所を卒業した時に連れてきた子達が、とうとうみんな、いなくなってしまいました…

ツトムが亡くなった時は突然過ぎて、あまりの悲しみに胸が張り裂けそうで、ブログからも遠ざかってしまいました。
でも茂吉の事は、少し冷静に受け止められています。
この数ヶ月、こんな日がいつか来てしまう事を覚悟して、茂吉のために出来る限り側にいてあげられたから…
とっても寂しくて悲しいけれど、悔いはありません。




でもやはり、茂吉の姿を無意識に探してしまう瞬間があります。
もう茂吉はいないんだとまだ実感がわかなくて、隣の部屋で寝ているだけなのではないかと思ってしまいます。
家に帰ればわんこが待っていてくれる生活。
当たり前のように過ごしていたけれど、かけがえのない毎日だった事に、喪って改めて気付きました。

この数ヶ月、茂吉を中心に生活してきて…
いつも居た場所にもう茂吉が居ない事が、寂しくて仕方がないけれど…
娘がいるから、何とか日常生活を送れています。




娘が生まれた時からずっと騎士のように側で見守ってくれていた茂吉。
最近では逆に娘に甘えたりもしていました。
この数ヶ月、娘も娘なりに一生懸命、茂吉の命と向き合いました。

頑張って生き抜いて、命の尊さを教えてくれて、本当にありがとう。
もう頑張らなくていいから、虹の橋で茂吉らしく明るく元気に駆け回ってね。

ずっと、ずっと、ずーっと、大好きだよ。

{366B6265-538D-401C-89BB-D5351C7A898A}














※最近久しぶりにブログを更新したので、茂吉への応援メッセージをいただく事がありました。
茂吉は、お預かりするわんちゃんと遊ぶ事がとても好きで、楽しみにしておりました。
応援、本当にありがとうございました。









茂吉の好きな物は…?

テーマ:

ここ最近、あれ?いないな?と思うと私の枕で寝ている茂吉。

私の匂いが好きなのかしら?可愛いニコニコと思っていたのですが…どうも違うらしい事が判明しました(笑)



最近、枕元に置いているティッシュが半分千切れている事が多くて、娘が雑に取っているからかな?と思っていたんですよね。

でも先日、茂吉がティッシュを食いちぎり、美味しそうに食べている現場を発見!!!

知らなかったけれど、ティッシュってかなり甘いんですね…娘が教えてくれました。

(ん?娘は何故知っていたのでしょう?娘も食べていたのかしらえっ)

どうやら茂吉は、『ティッシュ=美味しいオヤツ』と思っていて、オヤツの側=私の枕で、いつ出てくるのかな?と待っていただけのようでしたあせる



それからはティッシュの箱を上下逆さまに置くようにしたので、無事に食べなくなりました。

でも相変わらずティッシュケースの側でじーっと待っている、茂吉なのでした(笑)





茂吉は食欲が旺盛な子です。お薬だって喜んでパクパク食べてくれます。

今は朝8種類・夜6種類のお薬とサプリを服用していますが、自分から食べてくれるので本当に助かります。



私は、食欲の旺盛な子は生命力がとても強いと思っています!!

何度も心臓発作を起こして意識不明になり、その度に毎回もうダメかもと覚悟しますが、必ず戻って来てくれる茂吉。

本当に強い子だな、生きていてくれてありがとうって思います。

ごはんをモリモリ食べている姿は、「オレはまだまだ生きるんだぜ!」と言っているようで、とても頼もしいです音譜

ティッシュの盗み食いは困るけれどねガーン



介護できる幸せ

テーマ:
ブログからすっかり遠ざかっていました。


前回のブログから3年経つ間に、色々変化もありました。


大切な大切な我が子のツトムを、2014年の1月に亡くしました。


8歳のお誕生日を迎えて間もなくの事でした。


その時の事は今でも思い出すと胸が苦しく…


ブログを書けなくなった理由の一つでもあります。






ツトムを亡くして間もなく実家の猫ちゃんも若くして病気で亡くしました。


そして、実家の双子の女の子ウランは耳が聞こえず、更に失明してしまい…


その後、双子の男の子アトムが病気で亡くなりました。


猫ちゃんとアトムは、最後の1か月程は母が壮絶な介護をして看取りました。


アトムはキャバリアの割に心臓は全く悪くならず、完璧キラキラと獣医さんに言われていました。


突然難病になってしまい、心の準備ができないまま亡くなってしまいました。


それでも14歳になる手前だったので、キャバリアにしては長生きな方でした。






ツトムは8歳…


僕ちゃんも8歳…


心臓病ではあったけれど、薬で抑えていたし、心臓以外は若々しくてまだまだ元気いっぱいでした。


2匹とも、まさか亡くなるなんて思ってもいない状況であっけなく逝ってしまいました。






ウランは来月15歳。


茂吉は再来月13歳。


長生きすれば、色々悪いところも出てくるし、介護も大変だけれど…


それでも、介護できるまで長生きしてくれている事がとても嬉しいのですほっこり







茂吉は8月に一度心臓の発作を起こし、もうダメかと思いました。


その時にただ見ている事しかできず、その後気休めかもしれないけれど、携帯酸素とニトログリセリンをいつでも使えるように用意しました。


幸いその後発作は起きていないけれど、少し痴呆の症状が出てきてしまい…


オシッコを撒き散らしたり、その上で寝てしまったり、夜中に徘徊して騒いだりするようになりました。


私も眠れない夜が続いて、気持ちも疲れてしまう時があるのだけれど…


それでも、介護できるまで長生きしてくれている茂吉に、本当に感謝しています。


介護ならいくらでもするから、もっともっと長生きしてねラブラブ




{CFECD8A2-BD4F-4CC2-846B-30DDEA192069}


苦手な季節

テーマ:
千葉に行ってから発症したブタ草の花粉症。

春のスギよりも重くてツラいです。


そして10年日記を読み返すと、毎年この時期に家族3人で体調を崩しています。

乾燥し出す時期で、加湿器の稼働が毎年遅れてしまうからかな(^^;;

秋は1年で1番苦手な季節かもしれません。




体調といえば、夏の終わり頃から犬達の心臓がかなり悪くなってきてしまいました。。。

職場でよく聞いていたあの心臓病特有の嫌な咳がたまに出ています。

先月レントゲンや血液検査をして、いつ弁の動きが止まってもおかしくない状態だと言われました。

一番強い薬に変わったので、これ以上は弱い薬を足していくことしか出来ないという事でした。

キャバリアを飼う以上はいつかは心臓病にかかる事を覚悟はしていましたが、4歳から悪くなり始めて今まだ6歳のツトムは、かなりショックです。。。

アトムとウランは全く心臓にきていなくて、茂吉は血統的に2匹と近いのだけれど…ツトム程ではないけれど悪化していました。


お散歩もじゃれあいも禁止で可哀想だけれど、なるべくストレスのかからないように日々過ごさせてあげたいと思います。

長生きは望めない代わりに、毎日なるべくたくさん構ってあげたいです。



娘は犬にヤキモチをやいたり気まぐれでお姉さんぶったりと、犬の飼い主としてはまだまだ未熟な年頃なのですが、後で心残りになって欲しくないので

犬は人より命が短い事
体は老いているけれど心は子供のように甘えん坊な事
そして、いつ心臓が止まってしまうかわからない病気になった事

ありのままに隠さず伝えました。



きちんと理解出来ているのかはわからないけれど、5歳なりに受け止めたようで

今までより気にかけたり可愛がる機会がグンと増えました。

犬も最近は私が家事等で忙しい時は娘に甘えに行っていて、お互い満更でもない良い関係を築けているようです(*^^*)

こんな毎日がいつまでも続くといいのになぁ~