ロンドンのマミーとティーナの人生アチャチャ

ティーナが見つける新しい発見。
保護犬ティーナがマミーに伝える犬と人間の付き合い方


テーマ:
ここリハビリセンターは3ヶ月で出なければいけません。

脳梗塞、手足切断、、。皆社会復帰に向けて毎日訓練を受けています。

セラピストも多勢、それぞれの担当が毎日時間割にそって甲斐甲斐しくサポートをしています。


ここに来てもう2ヶ月が過ぎました。

本人は元より私たち家族の思いは、焦り。

同じ思いで時を過ごしている入院者も時には身の上話で花が咲きます。

ある一瞬から身の不自由を余儀なくされた同じ境遇です。

、以前がどんな暮らしをしていたのか?、家族は?
これから自分はどうなっていってしまうのだろうと言う不安は共通です。

焦りと不安の中で退院を待ちます。

その後の人生は其々で
大きな家を持ち子供も立派に成長して、当然我が家に戻れると思っていても
実際は不可能で介護施設にお世話にならなければならない人、

親しく言葉を交わした女性も
周りに友達が一杯、ご主人を亡くして25年、子供達は離れたところで家族を持っている。
一人暮らしになんの不便も感じていなかった60代の女性
今は毎日が牢獄だと訴えている彼女の笑みは歪んでいます。


誰も救うことのできない彼ら、、、、。


苦しみ嘆き鬱症状、時には怒りで喚いている人も、、、。


言葉による意思伝達が劣っている私たち家族に
周りはとても暖かく接してくれています。



それには感謝の心を失わない気持ち、
有難う、


もう少しで退院です。

新しい事が一杯、戸惑うこともいっぱい。



でも大切な事はただ生きていていてくれて良かった。

少しずつ戸外に出て肌を慣らしています。

車椅子でバスに乗る事も、押してパブに行って飲み物をオーダーする事も出来ました。

そのパブはホテルの一部、土曜日の昼間、満席に近い外テーブル。
たどり着くまでのスロープは健常者には何でもない傾斜でしたが車椅子にとっては
至難でした。


でもすかさず 「May Ihelp you?」


困っているとすかさず救いの手を差し伸べてくれる紳士の国、淑女の国。

私達は異国の中でこの感謝をありがたく受けて暮らさせてもらっています。





>愉快な仲間ティーナとLet's go!!
ランキングに参加しております。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



ジャックの仲間たちのブログ面白いですよ、
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村















AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ママさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。