「犬を飼う」の地域差 | 犬の心と体を癒す『バランス・ドッグマッサージ』松江香史子のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

犬の心と体を癒す『バランス・ドッグマッサージ』松江香史子のブログ

日本に初めてドッグホリスティックケア&ドッグマッサージを紹介したパイオニア・松江香史子のブログ。
ドッグマッサージの研究を重ね作り上げた、犬の心と体を癒す『バランス・ドッグマッサージ』

毎日暑いですね~!

ここ神戸では、湿度が高く、山も海も湿気で白く霞んで見える

日が続いていました。でも、今日は遠くまではっきり見えるので、湿気が少なめなのかもしれません。

 

あっという間に8月。

バランス・ドッグマッサージのセラピスト養成講座、インストラクター養成講座が春からスタートして、週末を楽しく忙しくすごしています。

 

私が、講座をしている間、息子はパパと一緒に私の目を盗んで、甘いものをたくさん食べたり、近所のプールに行ったりと、それはそれで楽しんでいるようです。

 

 

 

さて、先日、BDM神戸会メンバーで、「犬の外飼い」の感覚の地域差についてディスカッションする機会がありました。

BDM協会の会報の記事としても取り上げる予定ですが、田畑の多いところと山や島地域での犬を飼う感覚と、市街地での犬を飼う感覚の差は大きいよね、という話になりました。

 

私個人の感想としては、東京都心に住んでいた時には、犬仲間と話せば、駒沢公園周辺~港区を中心とした会話が多く、自然環境の良いところといえば、湘南地区や多摩川沿い、遠くて静岡山梨という話が多く、なんだかんだで都会生活者目線の話をしていたなあ、今思うと、日本という国の犬事情全体を体感的な理解ができていなかったなあ、と痛感、反省。

 

BDM神戸会では、地方都市の周りに田畑、山、島があり、実はそこに野良犬や野犬がたくさん暮らしているという話で盛り上がりました。

 

野良犬、野犬が多いのは避妊去勢をしていないことと、自由散歩、外飼いというライフスタイルが原因であろうということ、日本の犬事情をよくするためには「犬を飼う」の地域差を埋めていくことがとても大切なのだろうなあと思った次第です。

 

「そんなことに、今気が付いたの?」と、お叱りの声もありそうですが、恥ずかしながら、実感したのはここ最近のこと。

(地方からこられたセラピスト講座受講生の話を聞いて、頭では理解したのですが、本当には実感できていなかったんですね。。。)

 

ここ神戸、意識の高い人も多く、住んでみて、話してみて気づくことがたくさんあります。

気づいたこと、思うこと、またブログに書いていけたらと思います。