ピン G425LSTドライバー! | 店長ブログ

店長ブログ

DO GOLFは、茨城県水戸市にある“中古ゴルフ専門店”です。お得感が満載な特選クラブコーナーやプロが実際に使用したコンペティションクラブの販売など、幅広い品揃えが自慢です。

昨日は宍戸ヒルズカントリークラブさんで夕暮れまでプレーして1.5ラウンド完走!(^○^)




悔しくもライバルYさんには敗れてしまいましたが、楽しくプレーする事が出来ました!(^○^)
最後のハーフは何とか30台キープ!50肩と共存しながらショットする『50肩スイング』完成の大きなヒントを掴む事が出来ました!来週のラウンドが今から楽しみになって来ました!o(^_-)O






そんな昨日のラウンドでは、今話題のドライバーを試してみました!(^_^)☆
ピン!G425ドライバーであります!d(^_^o)

あれ!?また?と思われた方もいらっしゃると思いますが、先週レポートさせていただきましたのはG425MAXドライバーであります!(^○^)




そして!今回テストいたしましたのは445ccのシャープなヘッド『G425LST』ドライバーであります!d( ̄  ̄)
強弾道ロースピン設計のドライバーですね!(^_^)v




おなじみの空気抵抗を抑えたタービュレーター!




ピン独自の熱処理で生まれた高強度!極薄の反発係数の高いフォージドチタンフェース!o(^_-)O




高慣性モーメントを生み出す可変式弾道ウエイトを搭載!d(^_^o)
この性能はMAXと同じですが、重心をよりフェース寄りに配置して低スピン化を図ったのが『LST』であります!MAXよりロースピンなのはもちろん!前作の『G410LST』よりもさらに200回転もバックスピン量を抑える事に成功したのだそうです!d( ̄  ̄)



シャフトも今回はLSTと相性抜群のフジクラ!スピーダー661エボリューション7のフレックスSシャフト装着モデルです!(^O^)




45.25インチ、ロフト9度であります!(^○^)






まずはスタート前の練習場で打ってみました!!
ある程度の金属音はありますが、割とフェースに喰いつくマイルドな打感でした!(^○^)




弾き感もあり飛びそうな雰囲気はありますが…自分のパワーではボールが上がりません!(苦笑)
比較的いい所でボールを捉えていますが、特にフェースの上部に当たった時には完全にドロップしてしまう感じでした!😓😓





左右にブレる事はありません!本格的ロースピンドライバーのようです!(・・;)
シャフトはハードな感じはありませんので、やはりヘッドがハードな仕上がりになっているようです!!







実際にコースでも使用してみました!o(^o^)o
425MAXよりもシャープなヘッドなので構えやすく感じました!ライ角は58度の表示になっていますが、実際にはもっとアップライトに感じました!(^_^)




やはり!G425MAXと同じようにLSTも標準でアーコスキャディー内蔵のグリップが装着されています!(^_−)−☆


このアーコスですが使いこなせると相当面白いですよ!(^O^☆♪






ラウンドでも使用してみましたが、やはりボールが上がらない!😅😅低空飛行でコロコロとランは出るものの自分のパワーではキャリーが全く出ませんでした(;_;)
ただ左に引っかかるイメージはなく方向性は悪くありませんでした!自分が普通に打つと軽いフェード系のボールでしたが、ちょっと捕まえて打つとドローも打つ事が出来ました!直進性の高いドライバーですが操作性も確保されているようです!(^_^)v


ちなみに弾道調整用の可変ウエイトは14gになっていて、MAXに比べると12g軽いウエイトです!d(^_^o)
その分をフェース寄りに重量配分させているようです!d( ̄  ̄)

14gのポジションチェンジがたったこれだけの移動距離ですから、かなりレベルの高いゴルファーでないと重心の違いは感じ取れないと思われます!(^-^;
ちなみに自分の場合は、どのポジションでも弾道に違いはありませんでした!😓😓






実は!昨日同伴した同級生のAさんが、偶然にもG425MAXドライバーを持参して来ておりましたので打ち比べてもらいました!(^O^)




マッドブラックの部分が多いなど若干の違いはありますが、パット見はほとんど同じようなデザインです!o(^-^)o



まずはG425MAX
見分けがつくようにこちらはカラーボール!!



ナイスショット!(^O^)


こちらは425LST
やっぱりボールは上がらず低いスライス系のボールでした!( ̄◇ ̄;)




ここはヘッドスピードのあるAプロに打ってもらうしかありません!d( ̄  ̄)
予想通りのナイスショット!(^O^☆♪
ボールも理想的な高さでまさに強弾道で飛んでくれました!Aプロいわく『シャフトが合えば飛びそうですね!』LSTはやはりパワーヒッター向けでゴルファーを選ぶようですが、シャフトとの相性も選ぶのが難しそうです!( ̄◇ ̄;)
逆に言えばスピン量を減らしたい方がシャフトとスペックを上手く選べば飛距離も方向性も手に入れられそうです!o(^o^)o






見た目は少し小ぶりなだけでG425MAXと変わらないG425LSTですが、中身は全く別物のドライバーでした!d( ̄  ̄)



ロースピンテクノロジー『LST』その名の通り完璧ロースピン設計!前作G410LSTよりも200回転スピン量を減少とありますが、体感的にはもっとロースピン化が進んだように思います!(^O^)




ある程度ヘッドスピードと技量のある方、スピン量が多くボールが上がり過ぎてしまう方、引っかけが怖い方にはオススメです!(^_^)☆






我々パワーのないオヤジゴルファーはG425MAXの10.5度の方が無難ですね!o(^o^)ot