「インタビュー広告」商法の営業 | みなべ国際行政書士事務所・神戸

みなべ国際行政書士事務所・神戸

神戸市東灘区・六甲アイランドの行政書士事務所
みなべ国際行政書士事務所です
外国人のビザ・在留資格や役所での各種許認可、日々の出来事などについてアップしていきます。

神戸帰化・ビザ申請サポート
↑↑↑
ビザ・在留資格などはコチラへ

神戸会社設立・運営サポート
↑↑↑
起業・契約書作成・各種許認可などはコチラへ
------------------------------------------

先日、「雑誌のインタビュー記事を載せませんか?」

という営業電話がかかってきました。

各業種で意欲的な経営者を選んで各界の著名人にインタビューを受ける権利のお知らせする

『企画』だそうです(笑)

行政書士で意欲的に仕事に取り組んでいる人を選んでインタビューを受ける権利を

丁度、大量のプリントアウト作業中だったので、暫く付き合ってみました♪

みなべ国際行政書士事務所-電話
写真素材 pixta

なんでも全国の銀行や病院、ホテル、図書館などが購入して

ロビーなんかで来訪者が読む用に置いている雑誌だそうで

アサヒグラフなんかと同じで「みなさん手にとって読んでいる」そうですw

そうした人達が手にとって読まれる雑誌のなかで

ラッキーにも意欲的に経営をしている私がインタビューの事業主に「選ばれた」そうですw

それも各界の著名人がインタビューしてくれるという特典つきで♪


話の導入に時間をかけるのが面倒だったので

「それって記事広告ですよね、営業的アオリは必要ないので商品の詳細教えてください」

とお願いして多少面倒な営業トークを交えられつつ商品詳細を聞きました。


全国で5万部「発行」している

雑誌はA4版で1部、1260円

インタビュアーは有名なアナウンサー(具体名言ってましたが、ここは一応伏せてw)

販売先は最初に言われた銀行、病院、ホテル、図書館、ネット販売など

広告費(インタビュー記事w)は1/4ページ、モノクロで8万4千円

A4全ページでモノクロは33万6千円、カラー59万8千5百円


で、こっちが知りたいことを色々質問したのですが

雑誌の販売先の統計がとれてない

基本的に書店では無く郵送で送っているのに、その統計が無かったです・・・

インタビュー記事はあくまでも広告なのに本来の記事についての説明が無かったです・・・

雑誌の想定講読対象を聞いたのですが、なにも答えられませんでした・・・


まあ、雑誌自体が広告の集金装置なので多少のごまかしは仕方ないと思っていたのですが

もう少しカモが食いつきそうな軽妙なセールスポイントの説明が聞きたかったです・・・


結局、ものの10分足らずで向こうから電話を切られてしまいましたw

(もうちょっと遊びたかったのに、残念^^;)

------------------------------------------------------------------------------





「向こうは仕事なんやから長電話させて、営業妨害すんなよ!」

と営業マンの立場にたって憂いてあげるやさしい心の方も
ムダ話ついでに、ひとつ

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


海外進出 ブログランキングへ

みなべ国際行政書士事務所