この子には① | DOG POOL スタッフブログ

DOG POOL スタッフブログ

DOG POOLスタッフたちが綴るよもやまバナシ


テーマ:
2ヶ月ぶりの美容です。


ちょっと開けすぎたかな........


皮膚が健康な子なら2ヶ月開けても
【ちょっと手入れ不足かな、、、】
という程度の汚れですが、


脂漏症のワンちゃんの場合
皮脂やフケを取り除いてあげることで
悪化を防ぐことができるので、
(言いかえれば、放置したままだと悪化する)
マメにシャンプーをしてあげる対処療法を
積極的に取り入れてあげてください。

左横腹


前胸


前胸アップ


前胸〜お腹


内股


耳の内側

シー・ズー
コッカー・スパニエル
ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア

これらの犬種は【脂漏犬種】と呼ばれるほど
脂漏の好発犬種です。

先天性の脂漏ですね。

後天性の脂漏は、アレルギー性の皮膚疾患が関与していることが多く、
ドッグフードやオヤツが原因になっている場合もあります。

先天性の脂漏に加えて
アレルギーも関与し
二次的な症状を発症してしまうケースも多いです。

この写真のワンちゃんは
湿疹や炎症、脱毛まで発症しています。

取り除かないままの皮脂に細菌が繁殖してしまったのが原因のひとつです。

皮脂やフケを小まめに取り除くことと
アレルギー性皮膚炎がプラスされていることも考えられるので、
フードやオヤツの見直し。

この両方に取り組みたいところです。

②では、
この子に何をどういった手順で洗ったかをご紹介しますね。

ドッグプールさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス