USB-IOで遊んでみたよ!(果てしない野望への第1歩) | 「ちょっとまってくださいよぉ」
2012年01月11日 12時18分11秒

USB-IOで遊んでみたよ!(果てしない野望への第1歩)

テーマ:ブログ
数年前にKm2Netさんから購入したUSB-IOがあったのを思い出したよ。

USBケーブルでPCに接続し、プログラムを書くことで簡単に制御することができる。
今はUSB-IO2.0となって、秋月電子さんで購入が可能

お値段はたったの1000円!

昨日は一日中、この子と格闘?してたよ。

制御にはプログラムを書く必要があるんだけど、ヒューマンインターフェースデバイス(HID)の処理をするのがとても面倒。
VBだといくつかDLLが公開されていて、オープン、読み書き、クローズが簡単にできてしまうんだけど、ドSのPCにインストールされているのはVC。

汎用のドライバを柏野政弘さんが公開してるけど、せっかくPCが自動で認識してくれるのにドライバを変えるのも気が進まない。

よし!気合でガリガリと書いてみよう。

というわけで、こんなのができたよ。


USB-IOは、ポート0とポート1の二つのポートを持っていて、ポート0にはピンが8つ、ポート1にはピンが4つある。
対象のピンに0を送ると電圧が0Vになり、1を送ると5Vになる。
Vccとピンを繋いでいるときは、吸い込みで、GNDと繋いでいるときは掃出しで使用できる。

ブレッドボードに超簡単すぎるLED回路をつくって実験実験♪

ポート1に0を送ると、第0ピンとVccとの電圧差が5VになりLEDが点灯。


ポート1に1を送ると、第0ピンとVccとの電圧差がなくなりLEDが消灯。


うんうん、思いどおりの結果だね。
デスクトップのアイコンが消してあるのは、単純に「ちらかっていて恥ずかしい」から。

さて、お気付の方もおられるかと・・・
はい、先日作ったキャプチャソフトと一緒に起動しています。
なぜ、わざわざこんなことをしたのか?

ふふふ・・・

【1】USB-IOを使って、DD-2コントローラーを制御するコンバーターを作成する。
【2】制御プログラムにキャプチャ機能も追加する。

これで部屋にいながらPCから手動ガイドができそう。

さらに、簡単なキャリブレーション機能などもつければ、広角レンズならオートガイドができてしまいそう。

確信したよ。
ドMだ。

ドS「○」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス