認識力を高めよう! | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!

認識とは何かを調べてみると、「物事をはっきり見分け、判断すること」と書かれています。




この作業をする力と言うのは、どの様にして鍛えられるのでしょうか。




私は、これは何事にも一生懸命に取り組み、正直に活動する事で鍛えられると思います。




要は、「逃げない」、という事だと思います。




よく、一生懸命にやっているのに中々成果が出ない、という人がいます。




環境や与えられているものなんて、そう大差ないはずです。




それでも、そういう差がでる。




私は、これは認識力に差があるのではないか、と思っています。




不動産がやはり例えやすい(笑)ので、不動産で例えてみましょう。




もっと稼ぎたい、という事で不動産に興味を持つ方が多いですが、話を聞いて始める人、諦める人に分かれます。




ここに認識の差があります。




始める人は、5000万円の物件を購入する際に、5000万円の借金をするが、それは毎月の家賃収入から経費を引いた粗利で返済出来るから大丈夫、と判断します。




諦める人は、そういう計算が出来ず、単に5000万円の借金をしなくてはいけないから、怖くて諦める、と判断します。




これ、「5000万円の物件を購入するために5000万円の借金をする」、という事実があるだけで、認識に差があるから、違う答えを出す、という事です!!




では、もう一つの例。




ここに3000万円の、マンションがあります。




一つは、今給料が毎月50万円貰えているから、35年ローンなら返済出来るから、このマンションを購入して住もう、という判断。




もう一つは、今給料毎月50万円貰えてるけど、将来どうなるか分からない(会社が倒産するとか、リストラとか)から、今は購入しない、という判断。




一件、後者は後ろ向きのように見えますが、これは違いますね。




会社に勤めている場合は、収入を自分でコントロール出来ませんビックリマークビックリマーク




その反面、アパートは慎重に運営すれば、収入をコントロール出来ます。




認識の差ですね。




不動産の例の場合、私のように会社経営の経験があるのと無いのとでは、その認識に雲泥の差があると思います。




新規でラーメン店を1000万円の資金でオープンするのと、適正な立地の適正なアパートを5000万円の資金で購入するのとでは、アパートの方が断然リスクが低いというのは、経営者的な認識力を持っている人なら理解できると思います。




この様に考えて見ると、認識力があるかないかで、自分の人生が決まるのではないか、とも思えるほどのインパクトがあるように見えますね。




だとすれば、私たちは、この認識力を高めるために日々努力する必要がある、という事が分かります。




一緒に、頑張っていきましょう!!