新年明けましておめでとうございます! | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!

今年もよろしくお願いします。




さて、貴方は、このお正月を如何お過ごしでしょうか。




この時期によく言われる事で、今年の計画を作るとか、長期の計画を作るとか、厳かな気持ちで心を落ち着けて色々と考えるとか・・・




意識が高い貴方なら、いずれかの行動を取っている思われますので、そこは素通りで行きます(笑)




私はと言えば、新年早々、元日から妻の実家でかなり飲みまして、次の日は少し二日酔いでした(汗)




まあ、こういう風にのんびり正月が過ごせるような身分になった事が本当に嬉しいです。




以前の会社の時は、年中無休の営業でしたので、お正月気分と言うのは、ほんの少し味わう程度でした。




如何せん、店舗は営業してますからね。




ところが、最近は少し違う雰囲気になっていますね。




大手も飲食チェーンも、大晦日と元日は休むとか、時間を短縮して営業するとか。




働き方改革の一環と言うよりは、人手不足が影響しているという部分が大きいようです。




私が以前の会社を経営している時も、人手不足が深刻な時期はありましたが、今ほどではなかったと思います。




これは、人口が減っている、というよりは、今までの経営手法が間違っている、というところもあると思います。




企業は、特に店舗販売の企業は、売り上げを伸ばすためにドンドン出店します。




これは、上場している企業は株主への配当を増やさなければ、という使命?、からか、売り上げを伸ばすために出店攻勢を掛けます。




これを、どの企業も行うのですから、人手が足りなくなるのも当たり前です。




ほんの20年前位までは、ここまでの出店攻勢は、どの企業も掛けていなかった。




私は、やはりこれもグローバル化の影響だと思います!!




グローバル企業がその様な経営方針で来ますので、他の企業もやらざるを得ない、という事だと思います。




この煽りを受けて、特に地方の商店街はシャッター通りに成ってしまっている場所が多いです。




この終着点が、店舗が増えすぎて人手不足になる。




それで、営業時間を短縮したり、休みを増やしたりする店舗が増えているという事ですね。




私は、これで良いと思います。




これからは、やっとまともな社会構成に成っていくのではないか、と期待しています。




まあ、正月に考える事ではありませんが、こんなことを考えながら、のんびりとしたお正月を過ごしてます。