年末年始は○○絶好の時期 | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!

年末は如何お過ごしでしょうか。




連日の忘年会で、胃と肝臓が疲れているかも知れませんね(笑)




私はと言えば、晩秋に頸椎から来る神経症になりまして、その治療に専念していたお陰で、比較的、お酒を控える事が出来ました。




こういうのを、不幸中の幸い、と言うのでしょうねニコニコ




まあ、雑談はこれ位にして、本題に入ろうと思うのですが、貴方は、年末年始を毎年、どの様に過ごしていますか。




まあ、先ほど挙げたように、毎年お酒に浸かっている状態だ、という方もいらっしゃるとは思いますが、やはり、年末年始は、今年の活動の締めと、来年に対しての意気込みとその計画を作る絶好の時期だと思うのです。




そこで、貴方の今年の計画の進捗場状況を早速、チェックしてみて下さい。




半分い位かな、とか、3割くらいしか達成できなかった、とか、それとは逆に予定より大きな成果があったとか、色々とあると思うのです。




この、今年を振り返るという作業が、来年の計画を立てる上で、物凄く大切です。




これは考えてみれば分かる事なのですが、何かを作る時は、比較するものある方が造り易い、という事ですね!!




なので、今年の進捗結果を把握する事は、比較するものをはっきりさせる大切な活動なのですね。




なので私は毎年、12月に入ると、忘年会の合間に(笑)、昨年立てた今年の計画がどの程度達成できたかを、12月の中旬くらいまでにチェックします。




そして、その達成具合によって、来年の計画のハードルと言いましょうか、目標をどの位に設定しようか、と考えて行きますビックリマーク




これと同時に進める事が、100年計画の考案と、50代計画の考案です。




長期的な計画の中で、今どの辺りにいるのだろう、という事を知るために、長期の目標を据える事も重要です。




この長期的な計画は、色々な書籍を参考にする事が多いです。




特に気になる書籍は、生き様や死に際に関して書かれている書籍です。




死ぬときに後悔しないために・・・、という類いの書籍ですね。




最近は、エンディングノートの様なものもありますので、それを参考にしても良いかもしれません。




私は思いますが、出来るだけ良い人生を過ぎすためには、長期の視点を持って、今どう行動するか、という考え方が大切だと思っています。




この様な観点から、年末年始にお酒に浸かる(笑)のも良いですが、健康のために少しだけ控えて、長期計画を考案してみても良いと思うのですね。