嘘でも良いから、明るく考える | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!

私は、どちらかというと、慎重な性格だと思います。




何か新しいことを始めようとする時も、色々と散々調べます。




今の、不動産賃貸業に参入する時も、色々と調べて、ここに行きつきました。




私は、結果的にはこれで良かったと思っています。




ただ、世の中には私と同じように、慎重に調べて、最終的に行動しない、という結論を出す人もいます。




私は、これはこれで良いと思います。




その人の人生なので、他人がとやかく言えません。




それで、私の話ですが、何かを始める前の慎重さは良いのですが、始めたからには、慎重すぎるのはいけない事だと思っています!!




慎重すぎると、中々行動できなく成ってしまうのですね。




先ほどの、慎重に考えて止めるならまだましなのですが、始めると決めたのに、また更に慎重に行動してしまう、というパターンですねビックリマークビックリマーク




不動産賃貸業の場合で言いますと、慎重に調べている時期に、多額の借金をして一棟物から参入すると決めたのに、いざ買い付けを入れようとすると、躊躇してしまう、というパターン。




まあ、よくある話なのですが、現在はそんな多額の融資が通らないので、逆にまともになったとも言えますが。




今までの人生が嫌で、何かを変えたいと思っている場合、慎重すぎる性格は足かせになります。




やはり、積極的な態度、性格が求められますね。




人生を変えるというのは、そういう事だと思います。




私が、ここでよく、独立や起業をするなら独身で20代のうち、というのはそういう事ですね。




結婚していて、子供がいるとなると、自分だけで人生を決める事が中々難しくなります。




自分の人生は自分で決めたい、という立場で動けるうちに行動すべきなのですね。




それで、動ける立場のある、という前提で話をしますが、新しいことを始めようとする時に、先ほどのように慎重に成り過ぎる人は、やはり失敗したらどうしよう、と考えてしまうのでしょう。




確率は100%ではありませんから、多少の失敗は覚悟しないといけないでしょう。




どうせ100%ではないのですから、上手く行ったときのことを考えなくては前に進めません。




なので、嘘でも良いから、明るく物事を考えるようにするのですね。




それと、致命傷を負わない程度に始める、という事も大切です。




昨年問題になった、かぼちゃの馬車などの問題などは、中には致命傷を負う程の状況の方もいるようです。




なので、始める前は慎重に調べるべきなのです。




あれは、無頓着に始めて失敗している典型的な例です。




なので、始める前はトコトン慎重で良いと思います。




トコトン慎重に調べて、これは行ける!、と思ったら後は大胆に積極的に、明るく行動する!!




という事だと思うのですね。