ちょっと哲学的に成ってしまうかもしれませんが(汗) | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!

「成功は、目標に到達しようとするプロセスを楽しむことだ」、ということが書籍などに書かれています。




私は、この考えにはある意味、賛成する部分もあります。




自分の目標としていた地点に到達した時、ある種の空虚感みたいなものを感じる事もあるからです。




例えば、私の業界で一時期よく言われていた事で、物件を数棟購入して不労所得を得て、その後は会社を辞めてのんびり過ごすんだ、ということがあります。




私も一時期この目標に到達して、セミリタイアの様な状態になりました。




でも、いくらか時間が経つと、のんびりするのに飽きるのですね。




これを空虚感というのかも知れませんが、人間と言うのは、意外とのんびり出来ないものなのかもしれませんね。




その証拠に、かなり物件を購入して、家賃収入が数億円ということに成っている大家さんなんて、本を出したりセミナーを開催したり、従業員を雇い宅建業を始めたり。




そういう風にして、またのんびりとはかけ離れた生活をしている人もいますよね。




このような事から、「成功は、目標に到達しようとするプロセスを楽しむことだ」、という言葉も、一部は納得できるな、と思う訳です。




この様な観点が考えると、確かに途中のプロセスは凄く大切だけど、それも目標があるからこそ意味のあることだ、と思うのですね!!




そうでないと、何に対して努力しているのか分からなくなります。




なので、この様な話をする時は、凄く気を付けないといけない事だと思いました。




安易にプロセスが重要だ、とは言えないという事ですね。




プロセスも重要だし、目標や結果も重要。




なので、人生の目的、いうなれば理念というものがないといけないのかな、と思う訳です。




自分の人生のうちには達成できそうにない事柄、とでも言いましょうか。




う~~~~、やっぱり分かり難く成ってきてしまいました(笑)あせるあせる




日本には、数百年続く企業が世界一多くありますが、この様な企業は、理念がしっかりしているのだと思います。




数百年ですから、それこそ一人の代では終わっていないのですからね。




この様な人生の目的、理念というもの持つことで、もっと自分の人生が充実したものになる、ということなのでしょう。




これを書きながら、今からその人生の目的、理念をじっくりと考えて行こう、と思いました。