神様はそんなに甘くないと思います | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!


テーマ:

私は毎朝、時間があれば散歩をしながら、近くの神社とお寺のお参りをしています。




かれこれ1年半ぐらい、やっていると思いますが、だんだんと心が引き締まってきている様に思えるのは、気のせいでしょうか(笑)




まあ、この様に週に少なくとも3日は行くので、誰かしら、お参りに来る人を見ます。




そこで思う事があるのですが、本当にたまに来て、お賽銭をキチンとして、長々と願い事をしている人です。




まあ、それはそれで良いと思うのですが、願い事と言うのは、日頃の積み重ねが最も重要な事です。




例えば、普段何も準備をしていない人が、今度こんなことがあるから神頼みだ、という事で比較的大きなお賽銭をして、長々と手を合わせる、というのは如何なものか、と思ってしまうのですね。




年のせいでしょうか、何だか説教臭くなってますね(笑)




日頃からの準備を怠らず、キチンとやるべき事をこなして、神様に、こうこうだから少し頼みます、という感じが本当だと思うのですね!!




一から神頼みという怠け者は、神様は相手にしてくれないと思うのです(笑)




この間の勉強会で、融資を受けたいからという問い合わせを受ける時の話での事なのですが、その問い合わせの仕方が全く成っていない、なんて話になりまして(笑)




私からすると、決算書や会社の内容が一通り分かるものを準備して、それから尋ねるのが筋だと思うのですが、いきなり聞いてきて、少しキツイことを言うと逆切れされる、なんて言っていました。




私個人的に思う事は、社会の秩序と言いますか、礼儀がなっていない人がドンドン増えている、という事だと思うのですね。




それと利己主義、自分さえ良ければよい、という考え方の人が多く成り過ぎた、という事でしょうか。




これはあくまでも私の感触ですが、今と昭和50年代辺りを考えた時、昭和50年代の頃の方が断然景気は良かったし、金回りも良かったと思うのです。




でも、街を見ると、今よりも外車の台数は少ない感じでしたし、今の様な億ションとか、断然少なかったと思います。




まあ、多少ブランドもののアクセサリーや服が流行してましたが、車やマンションとは比較にはならないでしょう。




あの頃は、自分だけ儲けてしまうというのではなく、儲けたお金を皆で使いましょう、という感覚。




例えば、1000万円のベンツなんて余裕で買えるけど、それをクラウンにして、残りの2~300万円は寄付するとか、社員のボーナスに回すとか。




そういう社長さんが多かったような気がしますビックリマークビックリマークアップ




その証拠に、あの当時は振り込め詐欺とかオレオレ詐欺なんて輩は皆無でした。




出来るだけ楽して儲ける、自分だけ良ければよい、全然準備もしないで神頼み。




本当に、こんな世の中ではいけないと思うのですね。




まあ、こういう話は私だけではなく、あちらこちらで最近は話されるように成ってきているので、少しずつ良くなっていくとは思いますが。

doeasyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ