それは当たり前ではありません | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!


テーマ:

お母さんが朝食を用意してくれたり、お父さんが家のために仕事したり、電車が時間通りに来たり、電気が使えたり・・・




挙げれば限がありませんが、上記に挙げたことは普段、何気なしに行われている事です。




でも、よくよく考えてみると、それをやるためには色々な事柄が関係して初めて出来る事です。




お母さんが朝食を作る事にしても、まず米やパンがないと出来ませんし、水や電気がないと料理が出来ませんし、第一に、お母さんが元気でないと朝起きて食事の用意なんて出来ません。




お父さんはだって、健康で元気いじゃないと仕事出来ませんし、電車だって、夜中の暗いうちに準備してくれる人がいないと、朝一番の電車は動きません。




電気やガスだってそうです。




自然もそうです。




太陽がないと、人類は生きていけません。




私たちは、当たり前だと思っている事があまりにも多くて、それが故に、その事に対する感謝の気持ちを忘れてしまいがちです!!




ここ数年、日本だけではなく世界的に見ても災害が多いですが、そのために寄付を出す人、現地に行きボランティア活動をする人と色々とありますが、そういう緊急の時にはしてもらったことに対して感謝するものです。




でも、普段、当たり前の様に毎日受けている事柄に対しては、それに対する感謝というものが薄れてしまう事があります。




私もそうしてしまう事があるので、今、書きながら反省しているところですが、普段時間を取って、じっくり考えようと思います。




個人的に思う事ですが、やはりSNSやインターネット、その他の社会構造の変化で、人に直接接する機会が減ってきているのも原因の一つの様な気もします。




横の繋がりが薄れていると言いますか、個人て主義と言いますか。




ここ数日のニュースを観ていても、本当に痛ましい事件が多いですが、人の繋がりがキチンとしていれば、防げていたのではないか、と。




大した事ではありませんが、私が住むマンションであった話なのですが、自転車置き場が少なくて、置き方が煩雑になっているという事があり、仮に別の場所に自転車置き場を作っても、面倒だから変わらない、という話がありましたビックリマークビックリマーク




敷地内なので、少しの事なのですが、今までと比べて面倒だから変わらいない、という事のようです。




ほんの少しの手間を掛ければ解決する問題が、それさえも嫌なので、問題が解決しない。




このような個人主義ばかりの社会に成ってしまうと、殺伐としてきてしまうと思います。




そうそう、朝の電車にベビーカーで乗る母親を非難するなんていうのは、正に自分の事しか考えない個人主義の考えだと思います。




0.9の累乗はひたすら0に近づきますが、1.1の累乗はひたすら増加します。




この、ほんの少しの0.1の気を使うだけで、世の中がもっと良くなると思うのですが。

doeasyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス