兎に角、少し違う事をやる | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!


テーマ:

 

今、スティーブン・コヴィー博士の7つの習慣という本を再読しています。




再読期間がかなり空いてしまったので、細かい部分を忘れてしまっていますあせるあせる




前回にも話題に出した日産のことでもそうですが、今は何かとお金に絡めて話題にする事が一般化しています。




経済とは本来関係のないオリンピックでも、「経済効果が・・・」という話になります。




人生の成功と言いますか、ホントの豊かさという話をしようとする時に、必ずお金の話になります。




お金の話をするのは良いのですが、「お金さえあれば・・・」という考え方になるのが怖いのですね。




この間、歴史の話でスペインの話題になったのですが、何故スペイン帝国は滅びたのか、という話です。




スペインでは金と銀が大量に掘られて、当時は金本位制ですから、それこそ無尽蔵にお金があるという事から、何でも出来ると、無敵だと言われていました。




それが、あっけなく滅びてオランダが勢力を強めた、という話です。




何が大切だったのかというと、製造ですね!!




スペインはお金はあったけど、それが為に物を作る技術が発達しなかった、という事なのですねビックリマーク




現代で言うと、物に加えてサービスを作ることも重要でしょう。




昨日と同じ今日、今日と同じ明日。




時間が流れているので、今のままで良いという考え方を持っていると、スペインの様に滅びてしまうかもしれません。




経済力というのは、物やサービスを作り出す力だという事を、歴史を通しても理解する事が出来ます。




本当の意味での経済力を付けようとするなら、日々向上心を持って、社会のために良いものを作り出すという意識が必要であると思います。




この「社会のために良いもの」という言葉がまた難しいとは思います。




スマホは大変便利で、生活をホントに便利にしてくれましたが、その電磁波が影響して、健康被害が問題になり始めています。




これからは、社会のために良い仕事をするには、倫理観も重要になってくるような気がします。




現代はIT化により、大きく儲ける会社が多くなりました。




私は個人的に、日本の長寿企業の様な会社運営がこれからは大切になってくるように思うのですが、どの様に思われますか。

doeasyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス