本当に幸せなら、他人に自慢したりしない | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!


テーマ:

最近、情報番組を観ていると、SNS映えという言葉をよく聞きます。




SNS映えする商品を提供するお店が最近では話題になるからだと思います。




私もSNSを利用しますが、SNS映えというのはあまり気にしませんし、基本的には自分が知っている情報を提供し、見てくれる方のためになれば、という感覚で投稿しています。




それで、このSNS映えのために商品を購入したり利用する人を考察してみたのですが、幸せな雰囲気を味わいたいからSNS映えする記事を投稿して自己満足している、という風に思いましたビックリマーク




これは私が個人的に思う事ですが、本当に心から幸せを感じていていれば、他人に自慢するとか知らせるとか、そういう事を考えないのではないか、と思うのです。




本当に心から満足するという感覚は、他人は関係ありませんし、その人が感じる事ですアップ




それで、本当に幸せを感じているので、イチイチ晒さなくても、その幸せな感じがにじみ出てくるものだと思うのですね。




この間、朝の情報番組でSNS映えを意識する理由というのが特集されていましたが、投稿して「いいね」をたくさん貰いたいからSNS映えを意識するという事が言われていました。




「いいね」をたくさん貰いたい、という意識は本当は心が寂しい、幸せを感じていないからSNS映えする記事を投稿して幸せを疑似体験したい、という意識が働いているのではないか、と思いました。




まあ、この様に話しましたが、私もSNS映えを意識することはあります。




その時の気持ちを思い出してみると、良い風景や良い気分になった環境などを共有したい、誰かに知らせたい、こういう体験を違う方にも味わってほしい、という気持ちもありますね。




なので、SNSというのは良い部分もあれば悪いん部分もある、という事でしょうか。




でも、昨日のテレビ番組で放送していたのは、SNS映えする記事を作るために食事を何品も注文して、こんなに食べているのに太らないという記事を投稿するために、殆ど残すという人もいるとか。




これは流石に、いけないな~~~、と思うのですが如何でしょう。




それこそ、「いいね」を貰うためにモラルが破壊されていると思うのは私だけではないと思います。




お店側も、売り上げが上がるので仕方ない、と成ってしまうのでしょうけど。




こういう事を、法律では解決できない悪事、というのだと思うのですね。




弁護士をされている方には申し訳ないのですが、世の中には道理というのがあると思いますので、法律では解決が難しいこともあると思います。




本当の幸せというのは、法とか他人とかは関係なくて、本人がどう思うか、という事が大切な事だと思うのですね。




これは個人主義でもなんでもなくて、個人が幸せであるからこそ、他人を救えるという社会貢献意識でもあると思うのです。




自分がホントの意味で幸せになる事は、本当に大切な事だと思います。

 

 

doeasyさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス