大金が入ると人が変わる | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!


テーマ:

宝くじを当てたり、今流行りの仮想通貨で儲けたりして、人が変わるという事がよく言われます。




聞いたことがあるかも知れませんが、これは実は、人が変わってしまった訳ではなく、元々の性格が出て来た、という事なのですね。




人は、他人に嫌われたくないので、出来るだけ仲良くしようとします。




それが、大金を手にして、それだけで十分に生活できるという状況になると、自分の自由に活動出来ます。




この状況になると、その人の本性が出易くなるというのは、お分かり頂けると思います。




よくゴルフを一緒にプレーすると、その人の性格が分かると言いますが、これはプレーをごまかす人がいるので、そう言われる事があるのですね。




そう意味では、お金と言うのは本当に怖いものだな、とも思います!!




上記のように、大金を手にして本性が現れるのですから、人の心を操る力がお金にはある、という事になりますね。




私は、一応ビジネスパーソン(笑)なので、お金に関する情報を仕入れようと努力します。




そういう事から、色々と有料コンテンツを購入していますが、なぜ人は、こんなにもお金に左右されてしまうのでしょうか。




私も以前、会社が倒産寸前にまで追い込まれた時には、自分の内臓の価格を調べるという行動をしていますが、これは正に、お金の奴隷になっている、という事だと思います。




なんでもかんでもお金で測ってしまう、という事ですね。




今の文明社会は18世紀の産業革命により激変しました。




今ままでの農耕社会から、工業社会に変わり、消費が激増し、またそれに伴いビジネスが発展して、大量のお金が市中に出回りました。




昨日、ある人の紹介でウルグアイのムカヒ大統領の演説を観たのですが、その内容を考えると、現代社会は大量消費による歪が出ていると感じざるを得ません。




大量に売るために大量に生産し、それが大量に消費され世の中が回っています。




このムカヒ大統領が言っている事は、日本の「足るを知る者は富む」という諺そのままだ!、と思いました。




そうすると、新しい事柄を考えなくなるから人類は退化してしまう、という考え方もありますあせるあせる!!




いや~~~、本当に難しい問題です。




お金で人が変わるという話から、随分と逸れてしまったような気がします(笑)が、そういう矛盾した事柄を考える事で、自分を見つめなおすことも大切な事かな、とも思います。




世の中を見渡すと、正に激動という言葉がピッタリの現代ですが、どんな方向に進んで行くのでしょうか。

 

 

doeasyさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス