米朝首脳会談をどう考えるか | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!


テーマ:

やはりこの話題に触れない訳にはいかないと思うので、私の個人的な感想を話したいと思います。




あまり細かい事は言えませんが、私が購読している情報では昨年には既にこの話題に触れていたので、正直言うと、それほどビックリしてはいない、というところです。




第二次世界大戦が終わり70年以上も経ち、世界がどういう方向に行くかは、各国のリーダーが考え答えを出していかないといけない時期だと思うのですね。




その答えを出すのには、G7+1が中心になって動くことが重要であると思いますし、日本は極めて重要な役割を担っていると思います。




確かに安倍政権は、税制や金融、移民政策など、官僚の圧力で中々上手く進まない政策もありますが、外交に関しては抜群でしょう(なぜ外交部分だけが上手くいってるかを考えるのも面白いですね)。




ロシアやEU、中国、アフリカなどの記事を翻訳機(グーグルで十分)を使って探ると面白いと思います。




それと、昨日から朝鮮半島に詳しい(らいし(笑))先生と呼ばれる人が急にたくさん出て来て面白いですね。




各国のリーダーがそれこそ必死になって行動しているのですから、きっと素晴らしい未来が待っていると思います。




一国のトップとなる人には、私の様な凡人がとやかくいう資格はないと思います。




まあ兎に角、マスコミは視聴率、購読率を上げる絶好のチャンスなので、嘘を平気で言うでしょうから、本当に気を付けた方が良さそうです。




私は、国家機密というのは表には一切出ないものだと思っています。




逆に言うと、表に出ている情報は信用しない方が良い(明治維新や幕末の歴史も含めて)、とさえ思っています。




なので、出来る限りの表の情報(世界中の)を、出来る限り自分のフィルターを通さないで(純粋な気持ちで)咀嚼し、その上で脳に汗をかきながら考えるしかない、と思います。




こうして考える事が、自分の脳を鍛える事にもなるでしょうし、商売人は商売に、学生は勉学に、主婦は家庭のために、サラリーマンは自分の仕事に打ち込んで成果を出せるようになるのだと思います。




そう考えると、インターネットというのは人類にとって凄まじく大きな発明だと思いますし、私たちにもっと脳を使わせるたいへん厳しいものだとも感じます。




今回の米朝首脳会談を、日本のマスコミのフィルターを通して見てみて、どう考えるか。




その先を行って、もっと広い情報を得て考えるか。




本当に、激動の時代だと思います。

 

 

doeasyさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス