3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!


テーマ:

今年の夏くらいからでしょういか。




金融機関の融資姿勢が厳しくなっているという話を聞くようになりました。




私がお付き合いしている一金融機関からも、その様な類の話が出ています。




でも、ここ数年の動きを見ていると、厳しくなっているというよりは、正常に戻りつつある、という表現の方が適正だと、私は思います。




首都圏を例に取ると、東京23区内は利回り5%未満でも、バンバン売れていましたし、その周辺でも6~8%位なら、あっという間になくなってしまう、という状況がこの数年続いていました。




これは、金利が安いという事もありますが、融資期間を法定耐用年数を大きく超えて融資する金融機関があったためです。




RCの耐用年数を80年で見るという金融機関もあったとか。




そうなると、個人属性が良い人は、そういう金融機関を利用すると、利回り4%でも手残りが出る条件で買えてしまう事になりますゲッソリ




でも、例えば築20年の物件を60年ローンで購入した場合は明らかに高い価格で購入していますので、売却しようとしても、残債を処分できない価格設定しか出来ないと思うのです。




今は金利が安いので利回り4%でも良いですが、これが1%でも金利が上がると、もう危ない、と成ってしまいます。




物件の価値を判断基準にせずに、金利が安いから、長く融資期間が取れるから、という基準で判断してしまうと、価値判断を間違えてしまう、という事に成ってしまうのですね。




不動産賃貸業も事業ですから、やはり仕入れは出来るだけ安くする、経過コストは出来るだけ安く抑える、というのは当たり前の事ですよね。




会社経営の経験がないと、この様な形になるのかもしれません。




この数年は、相続対策で新築のアパートを建てた人もかなりいます。




新築は仕入れコストがかなり高いです。




その辺りが心配になりますね。




金融機関が今の様な状況になったからこそ、これから購入できる物件は優良な物件が多くなる、という事だと思いますので、着実に慎重に行動していきたいですね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

doeasyさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。