組織の長なので、確かにそれも重要ですが | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!

会社の社長や経営者、何かの組織のトップ(特に社会性の
強い組織)は、こうすべき、ああすべき、という基準を多
く持っている方が多いと思います。




私も、会社のトップでしたし、今でも組織や、仲間のトッ
プという立場で活動していたりしますが、確かにこうすべ
き、という基準を自分なりに設けている部分があります。




ただ、以前と違うのは、あまりガチガチに成り過ぎると、
自分が大変なのは当然ですが、自分の周りで動く方々にも
迷惑が掛かることがある、という事ですね。




例えば、朝はトップに必ず挨拶をしなければならない、と
いう規則があったとしたら、部下や仲間は、いちいち本部
や会社に寄らなければいけません。




そんなことより、直接、お客様のところに行く方が良いに
決まっていますし、その方が時間の余裕が出来ますので、
皆さん、笑顔で余裕をもって接客する事が出来るでしょう。




この間のバス事件の様に、組織がぜい弱で、点呼をしない
といけない組織では、そうする方が良いと思いますが、信
頼できる人で構成されているという自信がある組織なら、
その中の人たちは、自らの考えで行動した方が、効果が上
がる事の方が多いと思います。




それで、週に一度とか、二週間に一度くらいのぺースで、
それこそ「報連相」をすれば良いと思います。




この様に言うと、あっそうか、ガチガチではいけないのか
、と自分の組織がぜい弱なのに、これをやってしまうから
、おかしくなるんですよね。




組織を構成する上で、重要な事は、出来る限りの信頼関係
を築く事だと、私は思います。




「7つの習慣」にも書かれていることですが、信頼関係を
築く方法として、「信頼残高を積み上げる」という言葉が
書かれています。




残高という言い方をしているという事は、日々の積み重ね
でのみ、信頼関係というのは出来上っていくのだな、とい
う事が分かります。




一朝一夕には出来ないのですね。




このことからも、うじうじ考えないで、早く行動した方が
良い事が分かりますね。




信頼関係がある程度出来上がるまでには時間が掛かるとい
う事なので、早く行動した方が良い、という事になります。




これは、何も仕事の話だけではありませんよね。




家庭の事でも同じですよね。




何かこじれたことがあったら、「~すべき」とか、「~あ
るべき」なんて考えないで、直ぐに修復に取り掛かる。




自分以外は全て他人なのですから、言ったり行動したり
ないと、中々伝わりません。




「長だから」、「親だから」、「教師だから」・・・




色々と、べき論を展開できる立場はありますが、それより
も、大切な人との信頼関係を築くことの方が大切だと思う
のですがね。