成功の裏には失敗がある | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!


テーマ:
私は、まだまだ自分が成功しているとは思っていません。




自分の到達したい所は遥かに先なので、まだまだ努力を重ねる必

要があると認識しています。




それでも、過去の自分を見たら到底考えられない状態に今いる

のは間違いありませんビックリマーク




メインバンクが破綻し、資金繰りが出来なくなり、不良債権化し

RCCに債権が譲渡された時。




法改正により規制が入り、数千万あった現金がわずか2ヶ月ほど

で底を突き、倒産寸前まで行った時。




自分の目標とする場所までは、まだまだ遠いですが、その時と比

較すると、良く頑張ったな、と思います。




今も、第二段階に進むために着々と準備を整える所ですが、やは

り、失敗を経験している人と、そうではない人とでは、違うと思

うのですね。




一流大学を卒業し、一流企業に就職し、順風満帆に見える人でさ

え、何かに挫折し、悩み、独立して起業する人もいます。




ひょっとしたら、世の中には失敗せずに、成功した人はいないの

かも知れません。




だからと言って、わざと失敗するような愚かな行動はいけません。




何も考えなければ、そんなの誰にでも出来ます。




強いて言えば、1億円借金して、わざと失敗する位の根性がある

人なら、その後、何らかの明かりが見えるかもしれません。




必死に考えて、絶対に上手くいくと自分なりに確信して、事業を

始め、売上げを上げるために、お客様を喜ばせようと必死に行動

する
から、それが勉強になり、例え失敗したとしても、先した時

に経験として、活用できるわけです。




私は、失敗の経験があった方が良いと言うのは、こういう事だと

思うのですね。




やはり、必死に考えて、必死に行動しないと、何も生まれない

いう事だと思います。




こういうことを書いていながら、また必死に考えなければいけな

い、と反省している自分もいるんですよね。




よし、いっちょ行くかアップ



こちらも参考になさってみて下さい。




doeasyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス