「函館真昆布」の里・南茅部の養殖真昆布は2020年4月、かなり順調に生育進んでいます。 | 真昆布|道南伝統食品協同組合@北海道函館
新型コロナウイルスに関する情報について

真昆布|道南伝統食品協同組合@北海道函館

商品と浜の食卓レシピ、そして、真昆布の郷の四季折々の情報をお届けします。

 

3月の下旬から4月上旬の現在にかけて、割と天候に恵まれ、強風が吹き、海が時化る日もありましたが遅れがちだった養殖真昆布施設の手入れ作業も進み、「函館真昆布」の里、ここ南茅部は平穏に時が進んでいます。

 

 

あと2ヶ月もすれば「早採り」が始まり、そこから1ヶ月経つと「本採り」が始まり、養殖真昆布漁家さんは忙しさのピークを迎えます。

 

 

いやー、しかし、今年はこれまでのところかなり養殖真昆布の生育が良いのではないでしょうか。

 

長さもかなり出てきています。

 

 

この先心配なのは天候と海水温と台風による大時化ですね。

 

そればかりはコントロールできませんから、夏の収穫のその時まで、無事に済んでくれることを自然に祈るばかりです。

 

このまま順調に進んでいけば夏にはかなり立派な真昆布が収穫されることでしょう。

 

当組合ではここ函館南茅部で水揚げされた最上級の函館真昆布、がごめ昆布を丹精込めて製品化し、みなさまにお届けいたします。

 

道南伝統食品協同組合オフィシャル通販サイトはこちら

お電話またはFAXでのご注文、お問い合わせはこちら(平日9~17時)
TEL:0138-25-5403
FAX:0138-25-3590

 

このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。
     ↓


人気ブログランキングへ