東京なぅです★


昨日はEMAmeeting@東京ベイでした

EMAはEMAllianceというグループのことです
全国の若手ER医の集まりです

年に2回会合が開かれ、一緒に勉強して親睦を深めます

と、いうわけで
ER診療をしている、ERに興味が有る若手医師、そして学生までが集まり、一緒に勉強会をしました



まずは

東京ベイの集中治療のボス
藤谷茂樹先生の講演


敗血症をテーマに話して頂きました
Surviving Sepsis Campaign 2012の概要とポイントを講演してもらい、そのあと小グループで敗血症の初療についてディスカッションしました

ERでは早期の敗血症の認知、および循環動態の安定を目指さねばなりませんが、どんなモニターをどのように使用して行くか、またICUではさらにどのように評価していくかという話です

これからERxICUでがんばっていく私にはありがたい講演でした★


そしてここからショートレクチャーシリーズ


「あなたのテク・・・試してあ・げ・る」

気管挿管のシミュレーターを使って(1台500万円・・)、喉頭鏡やエアウェイスコープで気道管理困難例を体験!!


開口困難症例で、どの程度スニッフィングポジションがきちんととれているか、歯牙や舌への圧力がどのくらいかかっているかなど、詳細にモニタリングできました。
エアウェイスコープはこういうので練習しとかないといざという時つかえないかもしれません・・・汗

僕のテクですか???
僕は・・・そこそこテクニシャンよ///
( ̄▽+ ̄*)



「NPPVを知ろう!触ろう!!体験しよう!!!」

フィリップス協力でNPPVの使い方をマスター

NPPVは非侵襲的陽圧呼吸の事です
気管挿管せずに、陽圧をかけて呼吸を楽にするシステム

閉塞性及び拘束性障害の体験をして、NPPVがどれだけ呼吸をたすけてくれるかを実感できました。

こちらが閉塞性疾患体験システム

マスクの先に6mmの挿管チューブを接続して、息が通りにくくなっています

かなり呼吸がし辛い!!!(°д°;)

しかしここにNPPVで陽圧をかけると、あら不思議・・・
めちゃめちゃ楽やーん
(*´Д`)=з


そしてこれが拘束性障害体験システム

バストバンドをまいて胸郭が持ち上がらないようになります
息が吸えない・・・
(iДi)

しかしNPPVで陽圧をかけると
楽チーン
(^~^)


ということで、科学技術の素晴らしさを体験するとともに、患者さんに積極的につかってあげようと思うのでした★

病院にかえったら研修医にもやらせてあげようと思います!!


「Sepsisの早期発見・早期介入、ERでの実践とそのTips」

どうやって敗血症を見抜くか、わかりにくい小児の敗血症をどうやって発見するか

また施設の道具がそれぞれ異なる中、どのように初療にあたり、どんなモニターで評価しているかをディスカッションしました

うちの施設は本当に恵まれています

地域のみなさんが実感することは難しいと思いますが、最先端の機器を駆使して、最大限の効果を提供したいと改めて思いました!!!


で、7時間に及ぶ勉強会のあと、懇親会です

ここでは病院のスタッフ募集のアピールする時間をもらえました★


もっとも面白いプレゼンをした病院はベストプレゼンテーターの称号をえられ、しばらくEMAllianceのホームページに宣伝を出してくれるみたいです★




あたりまえですが、僕がベストプレゼンテーターですw
(なにがあたりまえやねんw)


というわけでうちの病院のスタッフ募集広告がHPにのります!!!
やったー
≧(´▽`)≦


楽しかった勉強会も終わり、日本のER界を牽引していってくれている他の病院の上級医のみなさんと飲みに行って刺激をもらいました!!!


さぁ!!

明日からまたがんばろう★

Viva ER !!!!