【レポその6】第30回山口100萩往還マラニック大会250km | 心を燃やす一時求め 〜サブスリー達成‼︎ 萩往還250km完踏を目指して〜

心を燃やす一時求め 〜サブスリー達成‼︎ 萩往還250km完踏を目指して〜

マラソンetc.のブログです。
フルマラソンサブスリーと100kmサブテン達成‼︎
今後は更なる記録更新に加え、萩往還250km完踏やアイアンマン完走を目指します‼︎


テーマ:
残業中に暗闇の中でカエルの大合唱を聞くと、思い出すんだ、あの夜のことを。


カエルカエルカエルカエルカエルカエルカエルカエルカエルカエル


158.4km (静ヶ浦キャンプ場)  ~176.2km (玉江駅宗頭文化センター)
5/3  20:48 仙崎公園復路 (164.5km)
5/3  23:25 宗頭文化センター到着 (176.2km)
5/4  00:21 宗頭文化センター出発 (176.2km)

静ヶ浦キャンプ場のエイドはバンガローのため、仮眠をとっている人もいましたが、回復した自分は寝ずに宗頭を目指します。
(もしかしたら寝た方が良かったのかもしれない)

外に出たら辺りはすっかり暗くなっていました。

カレーの消化のために最初は歩こうと思っていましたが、雨はほぼ止んでいたにもかかわらず、結構寒さを感じたので、走り始めのフラットな区間は走ることに。

それでも走ったらすぐに暖まってきたので、アップダウン区間はこの後の比較的フラットな仙崎→宗頭区間に向けて、温存の歩きで向かうことにしました。

引き続き、往路でご一緒してきたランナーとの並走です。

相変わらず強風が吹き荒れる橋からはちょっとした夜景が望めました。


橋を渡り終えると二度目の仙崎公園。

ここから宗頭までは約12km。

確かリポDを買ったコンビニにいたランナー達が話していたんだったと思いますが、仙崎から宗頭までの12kmが夜だしいつも凄く長く感じるんだと言うのを事前に耳にしていました。

その言葉通り、この区間は異常に長く感じました。

走れたら走ろうと思っていたのですが、結局身体があまり動かず、同行していたランナーと焦るタイミングではないということで一致して宗頭までひたすら歩き。

マラソンの話以外にも、仕事の話とか、お互い奥さんが年上だみたいなたわいもない話をしていました。

それと初日の雨でパスコードロックを上手く開けられなくなって、ロックがかかっちゃったから地図が見れないとか言ってたような・・・

やっぱりいざという時のために紙の地図も持っておくべきですね。


仙崎から1kmくらい進んだところは少し道が分かりにくかったですが、見える範囲に経験豊富そうなランナーがいたので問題なし。

その人達は歩いたり走ったりで進んでいたので、頑張って付いていくべきだったかもしれません。

それでも周囲には歩いている人も結構いて、気づけば割と人数多めな集団になっていました。


結構歩いたなぁと思った私設エイドでも周囲のランナーに話を聞くとまだ半分いってないんじゃないかとのこと・・・

寒くなってきたのでホットコーヒーをいただいてさらに歩き。

歩きなのに、脚の裏には筋膜炎の時に近いものを感じるくらいの結構な疲労感。

夜の暗い中で12km (しかもフラットというより微妙な緩い登り基調) をひたすら歩くというのはなかなかハードですね。


宗頭到着は23:25。
仙崎から2時間くらいを想定していた宗頭ですが、結局2時間半以上かかってしまいました。

ここは萩往還250kmの中では1番の区切りになる場所。
フルマラソンでいう30km地点みたいなものでしょうか。

そのため、様々なサイトを見ると「宗頭を○時に出発すれば完踏出来る」とかいろんな情報が載っているんですよね。


到着時間の記帳を受けたら、荷物受け取り&仮眠スペースへ。

別棟では軽食と入浴も可能で、時間に余裕があったら入浴もと考えていましたが、入浴して血流が良くなって痛みがぶり返したら厄介だと思い断念。
時間的にそこまでの余裕もなかったですしね。

まぁ入ろうと思っても、レース後に足がむくんでてゲイターが脱げずにハサミで切断したくらいだったので、どのみち無理だったような。

仮眠スペースは戦場のようななかなかすごい光景が広がっていました。


ここでまずは着替えをしたんですが、衝撃の事態が‼︎

服を前後逆に着てた(笑)

どうやら旧油谷中で着替えてから100km近く服を後ろ前の状態で走ってきていたみたいです。

途中のオールスポーツでも確認されました(笑)


気を取り直して荷物の詰め替えやら充電やら。

あとは寝ようと思って横になりましたが、興奮状態が続いており上手く眠れず。

それでも少しは疲れを取ることが出来たでしょうか。

しばらく休んで、あまりゆっくりしすぎても良くないなと思い、出発することに。

気分的には30分くらいで出たつもりでしたが、結局1時間近くの滞在になっていました。

終わってみればこの中途半端な休み方が今回の1番の敗因な気がします。

しかし、この時は「0時に宗頭を出発すれば歩いても完踏出来る」という情報を信じていたこともあり、少しは走れる身体で0時30分出発なら完踏出来ると信じていました。

続きます。

やまいちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス