ひとりごつ
【Release】

絵戸あゆみ 『うたつづりvol.1』(編曲)
洸美 1st album『Fruit basket』2nd album『またあした』3rd album『ラムネの向こう側』4th album『五月雪』(編曲/プロデュース)
Candy Boy 2nd mini album『Les Cantdy Boy II 』より「トランスファー・タイム」(編曲)
Fullfull pocket 3rd single『キミトシル/カンフー乙女』および1st Album『KaraFull』より「フタリアオゾラ」(編曲/キーボード)
中村繪里子『Thank You LIVE らららなかむランド~LoveLaughLive~』(M-4 ピアノ)
BTOB 2nd Single『未来(あした)』 c/w 「Magic Time」(編曲)
榊原ゆい 10th album 『Lofty rose』 M2「Delusion」(編曲/マニュピレート)
大橋歩夕 『未来トラベラー』(編曲/キーボード)
YU-A 『SINGLE COLLECTION』(ピアノ編曲)
澤田陽子 『風花』(編曲/プロデュース)

他多数
----------------------------------------------------------------
【TV/Radio他】

BS朝日 『ザ・モノシリスト!』テーマ曲(作曲)
テレビ朝日 高田純次出演『じゅん散歩』BGM(作曲)
テレビ朝日 『ANNヘッドラインニュース(平日放送)』テーマ曲(作曲)
テレビ朝日 『秘密のグリーンルーム』BGM(作曲)
テレビ朝日 音楽番組『BREAKOUT』ロゴテーマ曲/アイキャッチ(作曲)
BS朝日 『鉄道・絶景の旅』BGM(作曲)
テレビ朝日 『ロッピングセレクション』BGM(作曲)
iTSCOM ch 『suki suki フロンターレ』テーマ曲(作曲)


----------------------------------------------------------------
【舞台】
吉田羊主演 劇団東京スウィカ「光の庭」など全公演(作曲)
れんアカデミーこどもミュージカル「マージョエル」など全公演(編曲/音楽監督)
SPINNIN RONIN「西遊記ZERO」「LEGS」「吉田榎本」(作曲/編曲)
劇団文化座 「千羽鶴」(作曲/編曲)
葉祥明 音楽朗読劇『リトルツリー』(編曲)
----------------------------------------------------------------
【音楽学校MI/Japan 企画】
youtube DTMデモンストレーション

----------------------------------------------------------------
【twitter】dobon_tanaka
【facebook】dobon.tanaka
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年10月28日(日)

映画音楽を担当することになりました

テーマ:音楽

映画の音楽を担当することになりまして、撮影で台湾に行ってきました。

作品は今関あきよし監督作品『恋恋豆花』(レンレンドウファ)。台湾スイーツの豆花(ドウファ)をモチーフにしたハートフルストーリーです。

 

http://is-field.com/renren/index.html

 

 

撮影は洸美のライブシーンを二胡のこたにじゅんさんと3人で演奏。観客のエキストラの皆様の前で洸美のオリジナル楽曲を劇中歌として実際に演奏しました。

 

 

映画撮影という貴重な現場を見学できたり、3kHzは「サンキロヘルツ」で通じることがわかったり(日本語も中国語も3はサン)色々な気づきが(笑)

 

演奏は無事に出来ましたが僕の仕事はこれから山積み。現場の空気感や台湾の風を感じたのは大きな収穫なので、これからが楽しみです。

 

ライブシーンで台湾での撮影は終了。主演のモトーラ世理奈さん、大島葉子さん、スタッフのみなさん、一旦お疲れ様でした!

 

 

ちなみに子役の時から知ってる女優の藤原希ちゃんは奇跡の再会。何度か仕事は一緒になってるけど、今回の素晴らしい演技には感動しました。現場の再会は嬉しいものです。

 

 

台湾でたくさん充電したのでこれから音にして行きます。みなさんありがとうございました!

 

 

それにしても、、食い過ぎた(笑)

 

2018年10月20日(土)

レインブックコンサート&藤岡幹大追悼写真展〜その2

テーマ:音楽

披雲閣のコンサート会場では、藤岡幹大の追悼写真展も行われました。幹大はレインブックサポートを僕と共に10年以上務めてて、彼は高松のコンサートは6回参加(2012-2017)。

 

 

その展示品をこちらでも紹介させて頂きます。

 

 

 

恒例となったコンサートはリピーターの方が多く、当日はレインブックの容子さんの歌声と共に多くの方が彼を偲んでおりました。

 

 

僕のスマホからも何点か。

多忙な彼はコンサート終わってからもセミナーがあるとかでギターを何本も飛行機に積み込んでいたり、いいアンプを買ったとかでわざわざ持ち込んだり、後先考えずに大量の荷物で移動していた印象があります(笑)

 

 

高松に着くといつもFM香川に行ってラジオ出演をしていました。幹大がラジオでしゃべるというのはかなりレアですが、だいたいが僕がウマイことを言って彼がツッコむというような流れが多かったような。。

 

 

レインブックを支えるということで、一応「ブックスタンド」というバンド名(ユニット名?)がついています。ちなみに、容子さんも幹大も血液型がO型で、僕がAB型。音楽的にも事務的にも、色々とっ散らかる状況整理をするのが僕の役目(?)だった気がします。

 

 

幹大が世間から脚光を浴びているのは神バンドや仮バンドとしての超絶技巧だったりする点かもしれませんが、僕から見ての幹大は、売れようが売れまいが、アコーステックだろうがロックだろうが、「彼自身がギターそのもの」でした。お金や名声に興味がなく、ギターを弾くことが大好きな少年のような人。歌うことも好きで、本当にたくさんの人から愛されていました。

 

いつも幹大が夢に出てくる時は何も言わずに笑ってギターを弾いています。(驚くことに、レインブックの容子さんも同じ夢を見るとのこと)彼の存在感はいつも心の中にあって、入籍した日も夢に出て来てくれました。おめでとうは言ってなかったけど、天国から祝福してくれたんだと感じています。

 

音楽は時間芸術ではありますが、録音物や著作物はたくさん存在しています。彼の功績を大切に残しつつも、僕は彼と一緒にいた空気感を一生大事に持ち続けようと思っています。

 

ーーー

【お知らせ】

今年の4月にクラブチッタ川崎にて行われた藤岡幹大追悼ライブのDVDが発売になります。チケットは発売同時に売り切れたプレミアムコンサート。レインブックも同じメンバーで出演。収益は全て彼の家族に送られます。そして関係各所の皆さんには大変感謝です。

 

TOKIさんツイートより転載

ーーーーーーーーー

LIVE DVD

[ - My Little God at クラブチッタ川崎 - 」

 

※DVDの収益は全て藤岡幹大くんのお嬢ちゃん達の養育資金として贈られます。

 

現在下記サイトにて予約の方には11月7日の発売日を待たず「大幅に前倒しで発送」が決定しました。

 

今からでも間に合います。

 

http://www.keasler.co.jp/fujioka/web_cart/view.php

 

 

ーーーーーーーーー

ちなみにこれは当時のフライヤー。下記出演者が映像化されるという素晴らしい内容になっています。

 

 

どうぞよろしくお願いします。

2018年10月20日(土)

レインブックコンサート&藤岡幹大追悼写真展〜その1

テーマ:音楽

10月19日(金)に香川県高松市の披雲閣にてレインブックコンサートが行われました。10年以上、僕と一緒にサポートしてきたギタリストの藤岡幹大くんを偲んで、会場では追悼写真展として写真展示も行われました。(詳細は次の記事)


 

今回からのギタリストは彼の弟子でもある村山遼くんに。レインブックのコンサートはアコースティックですが、村山くんは幹大のエレキギターのひとつを受け継いでいます。

 

 

香川といえばうどん県。必ずうどんを食べます。家族うどんと呼ばれる大きな釜揚げうどん。昨年と同じお店で、昨年は幹大と。今年は村山くんと。

 

 

今年もたくさんの方に来て頂きました。司会はFM香川でもお馴染み、桂こけ枝師匠とフリーアナウンサーの筒井智子さん。桂こけ枝師匠は桂文枝師匠の弟弟子。そんな流れから僕の「新婚さんいらっしゃい!」出演の話になって、ピアノ弾く前に小噺を振られたり(笑)。最後は抽選会と今年も盛り上がりました。

 

 

奇しくも葬儀会社のCM曲や、命にまつわる歌のレパートリーが多いレインブック。今回の演奏曲は全て幹大を偲んで演奏したと言っても良いかもしれません。でも、音の空間の中には常に幹大も一緒にいた気がしてて、それはレインブックの容子さんも同じ感覚だったに違いありません。アンコールでは、容子さんと幹大が好きな尾崎豊の「I love you」。譜面は、多少僕が書き加えてますが幹大本人が書いたものです。

 

 

高松のレインブックコンサートは今年で13回目。高松の皆さんはとても温かくて、毎年楽しみにして来てくださる方も多く嬉しい限りです。ご来場のみなさまありがとうございました。

 

 

追悼写真展については次の記事で。

つづく

 

ーーー

【お知らせ】

今年の4月にクラブチッタ川崎にて行われた藤岡幹大追悼ライブのDVDが発売になります。チケットは発売同時に売り切れたプレミアムコンサート。レインブックも同じメンバーで出演。収益は全て彼の家族に送られます。そして関係各所の皆さんには大変感謝です。

 

TOKIさんツイートより転載

 

ーーーーーーーーー

LIVE DVD

[ - My Little God at クラブチッタ川崎 - 」

 

※DVDの収益は全て藤岡幹大くんのお嬢ちゃん達の養育資金として贈られます。

 

現在下記サイトにて予約の方には11月7日の発売日を待たず「大幅に前倒しで発送」が決定しました。

 

今からでも間に合います。

 

http://www.keasler.co.jp/fujioka/web_cart/view.php

 

 

 

ーーーーーーーーー

ちなみにこれは当時のフライヤー。下記出演者が映像化されるという素晴らしい内容になっています。

 

 

よろしくお願いします。

 

2018年10月01日(月)

新婚さんいらっしゃい!後日談

テーマ:ひとりごつ

「新婚さんいらっしゃい!」に出演して9/30に放送され、身内を含め本当にたくさんの方に見て頂いたようです。改めて連絡をくれた皆さまありがとうございました。

 

落語のウンチクの補足をしたいのと、会った時に色々と聞かれることが多いためQ&Aにしてまとめました。個人的な忘備録ですが。

 

 

Q.出演するきっかけは?

A.結婚する前から妻が「出演するのが夢」と言っていたので、叶えてあげたくて応募。僕はもともと興味はありませんでした。。

 

Q.抽選なの?オーディションなの?

A.選考会があります。ちゃんとプレゼンしないと合格しないと思ったので、事前に番組をたくさん研究しました。

 

Q.収録では具体的に仕事の話はしなかったのですか?

A.いま制作してる映画音楽の話とか、音楽プロデュースの話とか、少しだけ触れましたがカットされたようです。もともと夫婦の記念で出演しただけなので「どぼん」も名乗ってませんし、あくまでプライベートの延長で行きました。

 

Q.奥さんはシンガーソングライターなんですね。

A.番組では名前まで紹介されていませんが、「絵戸あゆみ(えとあゆみ)」という芸名で活動しています。

 

 

Q.奥さんが歌わされた「カレーの日」「kurage」どこで聞けるの?

A.絵戸あゆみ「うたつづりvol.1」というCDに収録されています。アルバムの試聴動画があります。「カレーの日」は台所の音をたくさんサンプリングして編曲しました。

 

 

実はこのCDは儲けというものを考えてません。良い作品を形にしたいという使命感とライフワークのような感覚。タイトルにvol.1が入ってるのは、これからもずっとふたりで作品を作っていこう、と二人で決めているからです。とても素敵な話です(笑)


Q.桂文枝師匠と山瀬まみさんの印象は?

A.桂文枝師匠は上方落語協会の元会長。そんな神のような方の前で素人の小噺を披露するのはかなり失礼なこと。でも収録終わって師匠に「(出演してくれて)ありがとうございました」と丁寧に言って頂き、懐の広さに脱帽しました。山瀬まみさんは実は同郷。小顔で素敵な方で、一番最初に僕を見たときに「シュッとしてる」と(笑)

 

Q.テレビだから本当じゃない話もあるんじゃないの?

A.話した内容に嘘はひとつもありません。それなのにこんなに人気があって長寿番組になる理由はひとつ。スタッフ全員が本当に情熱的で、ものすごく時間と労力をかけてくれるからです。感激しました。(僕の業界は少し違いますがかなり勉強になりました)

 

Q.どのくらい収録したの?

A.大阪ABC放送のスタジオで公開収録で、実際に収録した時間は40分ほど。それが10分程度に編集されたわけです。あんな小噺がまるまる2本も放送されるとは思ってもいませんでした。

 

 

Q.カットされた話もあるのでは?

A.妻のダンスのくだり。僕が作曲したニュースのテーマ曲を口で表現させられるくだり。日常生活で僕が妻がキュンキュン言わせる話。立川談志師匠に関するウンチク。などなど。

 

また、放送以前に選考会でのボツネタとしては、妻のウクレレ漫談、僕の弾き語り「めがねとし兄ちゃん(甥っ子と姪っ子には大好評)」など。(妻のウクレレ漫談は面白いです)

 

Q.そんなに落語好きなの?

A.ほぼ毎日聞いています。一時期は音楽より落語の方が聞く時間が長く、危険を察知したため半年間落語を自ら封印したことがあります。

 

 

番組で使ってた扇子は実は鍵盤がデザインされており、どこかで広げて見せて「センスいいでしょ」と言いたかったのですが、タイミングを見失いました。残念!

 

 

Q.卵かけご飯に関する柳家小三治師匠の書物って?

A.講談社から出版されている「ま・く・ら」という本に記されています。まくらというのは落語の本題に入る前の話を指すのですがこの本はそのまくら話を文字化してまとめたもの。読んでも面白いですが音声として発売もされているので実際に聞いてみても楽しいです。柳家小三治師匠はまくらが長くて有名なのですがドキュメンタリーとして映画やテレビ番組に取り上げられるくらい偉大な噺家です。

 

 

Q.タテカワ流?ダンシ?

A.落語立川流(らくごたてかわりゅう)は東京における落語家の団体の1つ。7代目立川談志とその一門により創設された。(Wikipediaより)家元と呼ばれる立川談志師匠は天才でした。もちろんお弟子さんも素晴らしい落語家がたくさんいますが、立川流の特徴として文才溢れる落語家が多いのです。ほとんどの方が談志師匠のことを書いていて何冊も読んだのですが、談志師匠を知る上でオススメは、下記の2冊。

 

立川談春「赤めだか」

ドラマ化されたくらいのベストセラー。立川談志がいかに天才であったか、談志から談春へ向けられた言葉の数々が本当に素晴らしく。天才が天才である所以がよくわかるというむしろ文学でもある気がします。個人的には談志師匠の狂気の部分をもっとも受け継いでいるのは談春師匠だと思ってます。

 

 

立川談慶「大事なことはすべて立川談志に教わった」

長野県&慶応大学出身で僕と同窓同郷の落語家さん。抱腹絶倒のエピソードはもちろん本全体が談志師匠に対する愛で溢れてて、何回も読み返してしまいます。談志師匠の厳しさと談慶師匠の並々ならぬ苦労の間に素晴らしい師弟愛があって感動します。ちなみに談慶師匠は文才あふれている方で、他にもたくさん本を出版されています。

 

 

Q.出演料ってあるの?

A.ありません(笑)でもお土産をめちゃめちゃもらいました。選考会でもらったハンドタオルとQUOカードを始め、番組で使ったネームプレート、宛名入りの直筆サイン、イエス・ノー枕、オリジナルティッシュ、記念写真、そしてLOVEキャッチでゲットした商品!

 

 

Q.LOVEキャッチ、タワシひくと思ってたのに!

A.ご期待に沿えず申し訳ありません。一番びっくりしたのは多分わたし。収録が終わってからは身内にも内緒にしてたので、放送日は両家の家族が大盛り。ちなみにリハーサルでひいたのは10万円でした。

 

 

Q.放送のあと周りの知人の反応はどうだった?

A.統計によると放送当日は30人くらいの知り合いから連絡が来るようです。しかしSNSの書き込みも含めるとかなりの人数の方が「見たよー」と連絡くれました。中には中学の時の先生や同級生からも。また、全国放送だけあってblogのアクセス数がすごいことになってました。瞬間風速というやつです。

 

 

Q.奥さん可愛いですね。

A.だから結婚したんです。

 

 

出演して、妻はもちろん両親も喜んでおり、良い記念になりました。これからも愛する妻のために頑張ります。お世話になった関係者の皆さま、番組見て連絡をくれた皆さま、ありがとうございました。

2018年09月30日(日)

「新婚さんいらっしゃい!」出演

テーマ:ひとりごつ

なんとテレビ番組「新婚さんいらっしゃい!」に出演しました。

 

プライベートの延長なので「どぼん」は名乗っておりませんが。本日9/30に無事にオンエアされました。

 

 

テレビ業界にいるわけではないのですが、近い業界にいるのでそもそも興味はありませんでした。しかし「出演するのが夢だった」という愛する妻のため、ひとはだ脱いだ次第です(笑)

 

桂文枝師匠、山瀬まみさん、スタッフの皆さんも素晴らしい方々ばかりで。さすが長寿番組です。段取りや気遣いなど大変よくして頂きました。一生に一度の良い思い出ができました。

 

最後のLOVEキャッチ、直前の舞台袖で妻に「ハワイひいてね」とマジな顔で言われたのですが。本当にハワイが当たるとは。びっくりした!

 

また改めて記事書きます。落語関係は参考文献とか補足したいこともあるし(爆)

 

番組ではカットされていますが、愛する妻は芸名「絵戸あゆみ」として活動しています。HPはこちら。

 

https://ayumi-yukihotaru.jimdo.com

 

(番組で妻が歌わされた「カレーの日」「kurage」は、CD「うたつづりvol.1」に収録されています)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス