上はどこも強い

テーマ:

今日は月曜日ということもあって、なかだるみというか被リンクの作業がはかどりません。というかはかどらないといけないのですが。がんばって関連性のあるブログ記事を書くぞ。


現在進行形で被リンク付けしているお客様。スタート時が20位で今日の結果では7位に来ています。なかなかいい手ごたえ。でもこれ以上がなかなか上がらないんですよね。


どのキーワードにも当てはまりますが、これより上がどこも強いから。1ページ目には何とか入ってもそこからがなかなか上がらない。上位5位とかトップ3なんていったらまた別の世界になります。


と思っていたら別のお客様で17位からスタートしてきょう2位に上がっていました。なんてことがあればいいのですが、そう簡単ではありません。現在被リンクをつけている途中なので、トップ5には上がってくれないかなー。


でもこの5位以内ってどのキーワードでも本当に大変ですよね。なかなか高い壁です。皆さんはどういった理由で被リンクサービスを選択されていますか?被リンクが効果的に増えていけば順位も安定するし事業がしやすいですね。



被リンクの数ばかりを考えていませんか。もっとサイトテーマの関連性を考えましょう。よく質の高い被リンクと表現されるけど、どういう意味でしょう。これは例えば、「SEO対策」といった超難関キーワードで上位表示されているサイトからリンクを受けるといったことも高い質といえるでしょう。


もう1つは、リンク元と関連性があることです。自分のサイトとメインテーマが似たような良質サイトから受けると、質の高い価値あるサイトだとカウントされるのです。もし数だけで順位が決まるんだったらこだだけ多くのSEO対策業者は存在しません。


上位表示されているサイトをチェックした場合、何十万とリンクを受けているところもあれば、数百しかない場合もあります。数百しかなくても上位にいることは十分にありえるわけです。これは検索エンジンの順位が数で決まるものではないという証拠です。


このサイトが「熊本」または「SEO対策」をテーマにしていることはおわかりだと思います。ということは、これらの言葉を含むような、または関連が深いサイトから被リンクを受けることで、上位表示に近づくということになるのでしょう。


あなたのサイトが熊本に関連していれば、熊本のことについて書いているブログなどから被リンクを受けると非常に大きい効果があります。税理士のサイトであれば税務サイトといった具合ですね。だから関連していない「就職」や「化粧品」のサイトからもらっても、順位への影響はあまり無いと考えられます。


ただ、そのサイト自体が「就職」というワードで上位表示されているような質の高いサイトであれば別ですよ。それはそれで、サイトテーマとはまた別のSEO対策としてのパワーがあるのです。被リンクサービスを受けるなら関連性を考えている業者さんを選びましょう。


すべての被リンク業者を利用したわけではないので一概には言えませんが、いろんな業者さんがいらっしゃいます。もちろんその被リンクのつけ方が悪いとかいうことではないと思います。


今日サイトを見たら順位がかなり上がっていました。ありがとうございますといったメールが来ると本当にやってて良かったと思います。こちらこそお申込ありがとうございました。本日1件の被リンク作業が終了しまして、スタート時に5位だったのが現在2位になっています。手ごたえ十分です。


被リンクはSEO対策上必要不可欠だと思います。検索エンジンで上位表示するためには、被リンクも内部リンクも同様に力を入れてチェックすることがポイントになります。「こちらへ」や「クリック」というワードに被リンクも上手に使っていきましょう。