こんばんは。

台風の影響で外がビュービュー凄いです。

換気のため窓を開けていたのですが、部屋がびしゃびしゃになり後悔しています。

 

 

さて、動画第3弾を投稿しました。

 

 

今回の動画はディフェンスについて喋っています。

 

ディフェンスといっても、難しい戦術のことではなく初歩レベルのことです。

 

動画内でも言ってるのですが、その初歩のところをおろそかにしてしまうと、後々後悔してしまいます。

 

 

僕が現場で感じることはどのチームも、オフェンス面は一生懸命教えているように見えるんですが(内容の質はおいといて)、ディフェンス面については大分軽視している傾向にあると思います。

 

だからといって練習内容を変えるのではなく、僕が言いたいのは指導者がもう少しディフェンスにフォーカスをあててほしいな、ということです。

 

例えば

3対1のポゼッション練習(鳥かご)の場合は、ディフェンスの選手のアプローチのかけ方

 

1対1の対人練習の場合は、オフェンス側のドリブル突破ではなく、ディフェンス側の球際での強度

 

など、同じ練習でも見方が大分変ってきます。

 

結局、強いチームはディフェンスがいいチームだと思いますし、それに比例していい選手っていうのはディフェンスがしっかり出来る選手なんですよね。

 

オフェンスの方がディフェンスより楽しいから、教える側もプレーする側もオフェンスばっかやりたいのはしょうがないかとは思いますが、ディフェンスだって面白い部分は山ほどあります。(相手のエースを完全に封じたり、パスカットして攻撃の起点になったり、などなど)

 

なので、もう少しディフェンスの面白さがこの国のサッカー界に広がっていけばいいなーって思いました。(まぁ、僕も理想はずっとこっちがポゼッションしてればっていう風間論と同じなんですけどね笑)