こんにちは!
思い出のデュエマです!

今回は前回に引き続き
「デュエマクラシック」の環境を
考察していこうと思います!

前回の記事はこちらから!

今回はデッキ構築に必要になってくる
サブカードの紹介です!

まずはこのカード!!

《小さな勇者ゲット》
第2弾で登場した
ヒューマノイドを代表する一枚です!
赤単速攻デッキには
必須となってくるカードですね!(^^)

攻撃は強制ですが素のパワーが2000に加え、
パワーアタッカー+1000という
火文明の2マナのクリーチャーの中では
かなり強い部類に入ります!

ただし同コスト、同種族の
「不死身男爵ボーグ」
「喧嘩屋タイラー」
もいるので使い分けが必要ですね!

「喧嘩屋タイラー」
は攻撃が任意で、攻撃時のパワーはゲットと同じ3000となります!ただ素のパワーは1000なので殴り返しに弱いです。。

「不死身男爵ボーグ」
も攻撃タイミングは任意ですがパワーアタッカーがありません。ただし素のパワーが2000あるので安定的な運用ができるのが強みです!

まさに戦略に合わせて使い分けが必要ですね!
どれもヴァルボーグやヴァルディオスの進化元になるので場面によって使い分けていきましょう(^^)

なぜゲットをメインに紹介したかというと火文明のデッキは「ガンガンいこうぜ」というコンセプトの場合が多く、強制攻撃がさほど気にならなりません。そのため単純にパワーがあるゲットは強力なんです!😊

《ボルカニック・アロー》
第3弾で登場した火のS・トリガー呪文です。
このカードの強さといえば6000もの火力!

6000というパワーラインは
ボルシャック・ドラゴン
機神装甲ヴァルボーグ
浄化の精霊ウルス
などなど強力なクリーチャー達がひしめきます。
そんな切札級クリーチャーを沈めることができてしまうなんて。めっちゃ強い。🙄

もちろん非常に強力なS・トリガー呪文ではありますが、その代償にシールドを一枚犠牲にするので使いどころを見極めましょう!😆
(逆に言えばシールドがなければ使い放題ですけどね!w)

《トルネード・フレーム》
初段で登場したS・トリガー呪文です!
中堅クラスクリーチャーならこのカード一枚で処理できます!デメリット効果もないのでS・トリガーで引いた時には積極的に使いましょう!

「手札に来ると腐ってしまう。。」と
思う人もいるかもしれませんが、
逆に言えばこうしたカードはマナに置くのを
ためらわなくていいので戦略がシンプルになるというメリットもあったりしますよ!😜

《バースト・ショット》
第2弾で登場した火のS・トリガーです。
上記で紹介したS・トリガーカードとは違い、
除去範囲がバトルゾーン全域と非常に広範囲に渡って除去を行えます。

2000という火力がどれほど強いかというと
基本編のクリーチャーの114体/288体
焼却できるんです!(実に40%!)
ただ自分のクリーチャーも対象に
なってしまうのでバトルゾーンの状況を見て
唱えるかどうか判断しましょう!😄

《灼熱波》
自分のシールドと引き換えに
パワー3000までの相手クリーチャーを
全て破壊する呪文です!

上記で紹介した「バースト・ショット」と比較してみると、
・S・トリガーがない
・対象が相手のみ
・パワー3000以下のクリーチャー
・シールドを一枚犠牲にする
という違いがあるので
同じ大型呪文ですが使い勝手はかなり変わってきます。

ちなみに灼熱波の焼却範囲は
174/288です。
なんと基本編におけるクリーチャーの
60%を焼却することが可能なんです😂

速攻デッキの隠し味で入れていたら
このカードで大逆転!!なんていうシーンも
もしかしたらあるかもしれませんね!

《大勇者「大地の猛攻」》
デュエマクラシックの環境下で絶対見るだろうと思われる進化ビーストフォークです!

2マナとかなり低コストですが、パワーが5000と非常に高く、水文明の凶悪カード「アストラル・リーフ」を討ち取ることができ、同クラスのブロッカーなら蹴散らしながら進軍できます!

またビーストフォークデッキには嬉しい
パワー上昇効果もあるので
「青銅の鎧」などの使い捨てカードも
サブアタッカーとして運用できるのが
とても心強いです!(^^)

ただこの環境下では1マナのビーストフォークは存在していないので、必然的に3ターン目以降の進化を余儀なくされますので先攻を取った上で使いたいですね!

《激昂するダッシュ・ホーン》
5マナ4000と並の中型ホーンビーストですが、
自然単色デッキの場合
5マナ7000のW・ブレイカー
切札級のカードへと変貌します!

使えるデッキタイプは限られてきますが、
この環境下ではかなり強力なパワーカードです!
青銅の鎧と組み合わせれば4ターン目に召喚できるのも魅力ですね!😆

《磁力の使徒マグリス》
第2弾で登場したイニシエートです!
マグリスは光文明には珍しい
"ドロー効果"を持っています!!

水文明に頼らずにドローができるので
光単色デッキでは非常に重要な動きをしてくれます!
また性能面も4マナパワー3000と
アタッカーとしては及第点です!

ただしコストは軽くはないので、デッキに入れる枚数はマナカーブを見ながら調整しましょう!😆

《竜巻草》
第2弾で登場した元祖無限ブロッカーです!

第5弾で登場した大型メカサンダー
風撃の求道者ラ・バイル」を
元祖無限ブロッカーと思ってる方が多いかと
思いますが元祖はこのカードなんですよー!☺️ニヤリ

パワーの3桁の位「500」も非常に重要で
パワー2000までのクリーチャーを
一方的に討ち取れる上に
「クリムゾン・ハンマー」「バースト・ショット」などの火力呪文の射程圏外に位置します!

数で攻めてくる相手に非常に有効なので
デッキに光をタッチしたいときは
ぜひ採用を検討してみてください!☺️

《アングラー・クラスター》
青単色デッキにおいて強靭な壁となるサイバー・クラスターです!
6000というパワーがいかに強いかは
ボルカニックアローで説明した通り!

並みのクリーチャーではこのブロッカーの前で足踏みするしかありません。またこの環境下には
「火炎流星弾」が存在していないのもアングラークラスターにとっては追い風😆

「激昂するダッシュホーン」や
「アングラー・クラスター」といった
単色で強化されるカードの存在を考慮すると
相手のマナゾーンを見ながら戦略を変えることが必要になってきそうですね!

《卵胞虫ゼリー・ワーム》
アタックトリガーでハンデス効果を持つ
パラサイトワームです!

この環境下ではマッドネスカードは存在しないため安全に手札を喰い散らかしていけます。
相手にした場合は
真っ先に破壊するべきカードです!


ゼリーワームだけでなく
「魔獣虫カオスワーム」
「魔翼虫ジェノサイドワーム」
など進化クリーチャーも強力なので
放っておくと大変なことになります。。

そんなこともあって黎明期のパラサイトワームデッキはあながち無視できないデッキだったりします!(虫だけにw)

《ギガボルバ》
光のS・トリガーカードを封殺するキマイラです!

かなり限定的な効果ですが、
光文明の絶対防衛「ホーリー・スパーク」を
封じることができます!

ホーリースパークはデッキの文明関係なく4枚積みしてくる人もいる、超強力S・トリガーなので隠し味にギガバルバを入れると最後の決め手を後押ししてくれるかもしれません!(^^)


さていかがでしたか?
少し長くなってしまってすいません。
でもここまで読んでくれてありがとうございます☺️✨


今回は殿堂入りカードではなく4枚積みが可能な普通のクリーチャー達を紹介しました!

どれもデッキにおいて重要な役割を担うカードばかりなので、デッキ構築の参考だけでなく対策案としても参考にしてみてください!😆

今回も私のブログを読んでくれて
本当にありがとうございました!



予約トレカ【ボックス】デュエル・マスターズTCG 超天篇 拡張パック第1弾 新世界ガチ誕!超GRとオレガ・オーラ!! [DMRP-09]