男の子ママへ〜私が性別診断しなかったわけ | シャイなアメリカ人・旦那君とデイビーとの幸せな生活 in OC

シャイなアメリカ人・旦那君とデイビーとの幸せな生活 in OC

お酒×、パーティー×の珍しく?シャイなアメリカ人・旦那君と息子・デイビーとの生活&アナハイムのディズニーランド情報。


テーマ:
ケイビー誕生までの妊娠記録の続きです(長文)。
 
書かないでおこうか迷ったのですが
同じように悩んでいる人が
少しでも元気になってくれたらいいなと思って
書くことにしました。
 
私の心の闇編。
 
マタニティブルーの1番の原因は
1人の女性でした。
 
さかのぼる事7年ほど前
同じ会社で働き始めた女性。
 
アメリカによくいるドラマな人(笑)。
もうはっきり言っちゃうと
私生活と仕事を一緒にしちゃって
常に自分が中心にいないと嫌な人。
自己主張すごいから
アピールしまくりで
上司には可愛がられる人。
 
私が人間関係で1番悩んだ人です。
 
1番辛かったのは
私が長男・デイビーを妊娠してた時。
 
私が悪阻で具合悪くても
彼女が気遣えないのは予想済みでしたが
(周りはみんな優しかった)
そんな彼女に言われた言葉が
 
「男の子は可愛くないし頭悪いから嫌。」
 
デイビー出産後、
上司が「赤ちゃん見たいから連れておいでよ!
みんな会いたがってるよ!」
っと言うので連れて行くと
彼女以外みんなオフィスに集まってハグしてくれて
デイビーも抱っこしてくれて
お祝いしてくれたのに
 
彼女だけ目の前にいるのに
近寄るどころか挨拶もしてくれてなくて(完全なシカト)
帰りの車でなんか悲しくて
悔しくて泣いたこともありました。
 
その後、今度は彼女が妊娠した時
「男の子だったら死にたい気分。いらないわ。」
とグサグサくる言葉を目の前で。
(彼女は娘を出産)
 
まだまだたくさんあります。
 
うん、ここに書けないくらい。
 

彼女は人をコントロールするのが上手い人で

仲良くすると利用され
距離を置くとシカト
断ると100倍になって返ってくる
優しくすると足元すくわれてしまう。
 
なんかハリウッド映画によくいる
”高校生のいじめ役”みたいな
 
一方通行の尽くしても尽くしても
叶わぬ恋の”ひどい方”みたいな
 
何か自分と違うところを見つけ出して
愚痴愚痴言いたい人。
 
 
”私のことはいいのよ、
だけど子供は関係ないでしょ?”
 
あの頃はデイビーの存在を
否定されてるようで
すごく傷つきました。
 
そんな彼女にまた男の子だと
何か言われるのが怖くて
傷つきたくなくて
4年かかったのは彼女が原因で
 
だから今回ケイビー(次男)を妊娠している時に
性別診断しなかったのは
彼女に色々言われたくなかったからで
 
今考えるとバカバカしいですが(笑)
 
心が結構深いところまで傷ついていたんだと思います。
チクチクどころかグサグサかな・・・w
 
 
ケイビーを妊娠する前は
旦那君から「僕の家系は男多いから
次も男の子かもしれないよ。」と言われましたが
元々子供2人ほしいねと話していたし
 
デイビーに「弟か妹がいたらどう思う?」って聞いたら
「どっちでも嬉しい!でも弟だと一緒に
電車で遊べるから僕は弟がいいな。」と言われ
何だかデイビーに勇気をもらい
 
彼女が原因で私たちの家族計画を
変更したくないなーと思い
 
ケイビー誕生となりました。
 
結果、男の子だったけど
ショックではなく嬉しかったです。
 
だって、デイビーを育てながら
すでに”男の子の良さ”を知ることができたし
 
image
それに1番喜んでいるのはデイビーですから!
 
2人が一緒にいるところ見たら
もう本当に癒しです^^
 
 
私、前回ブログに書いた
心療内科の先生とのカウンセリングで
わかったことがあります。
 
それは
 
私はフィルターのかかった色眼鏡で
物事を見ていたということ。
 
彼女が言う“男の子=ダメな(残念な)存在”というのは
事実ではない思い込みだったということ。
(もう洗脳されてたって言ってもいいぐらい)
 
 
もちろん女の子も可愛いです!
 
でも、男の子も可愛いです!
 
男の子を持つ私からの事実です真顔!!
 
 
デイビーが生まれる前は
姉妹で育った私なので
男の子を育てるということは
どんな感じなのか全く分からなくて
男の子=未知の世界でした。
 
正直、自然と”女の子がいいかな〜”っと
思っていたら
 
男の子出産。
 
でも、、、生まれてみたら
本当に特別な存在になりましたお願い
 
それはやっぱり我が子ですから!
 
日本は「女の子がほしい」って人が
多いように思うんですが
アメリカは結構男の子ほしい人って多いし
(たぶん独立した人が多くて
サバサバしてるからかな?)
よく考えてみると
友達に「男の子いいな〜。」っていう人多いです。
(デイビー妊娠中は彼女に色々言われて
気づけなかったけど)
 
 
私の場合、
子供は可愛いし心配もするけど
子供に対してずっとそばにいてほしいとかいう
執着心がないので(ドライ過ぎ?)
ちょっと一般的な意見と違うかもしれませんが
私なりの意見を書いてみます。
 

「男の子は可愛くないし頭悪い」by 彼女

→女の子がおませさんで男の子より大人っぽいのはわかります。
でも男の子は単純で純粋でたまにおバカなところがあって(笑)
そこが可愛いです!
 
「男の子は親が年取った時に面倒見てくれない。老後が心配。」
→私はまず面倒を見てもらおうと思ってないです(笑)。
老後?旦那君と二人で旅行したいねって今から話してます!
 
「男の子兄弟は大変」
→確かに元気いっぱいだけど
デイビーはビーズとか女の子っぽいことも
好きなので子供にもよると思います。
それから同性同士なので一緒の遊びができるし
服も着回せます(笑)。
 
「女の子となら買い物とか行けるけど男の子だと行けない。」
→旦那君がいます^^
 
「男の子だと彼女・嫁に取られる」
→むしろ義ママと私の関係のように仲良くやりたいです!
 
「フリフリの服着せたかった。」
→周りの子(友達、親戚の子)を可愛がればいいかなっと。
私はよく女の子〜♪な服をプレゼントします^^
あと、私のインスタのフォロワーさんに
男の子ママさんがいるんですが
その方はリボン作りとかが趣味みたいで
売ってるみたいです。いいアイディア!

 
私の場合、
”すっごく女の子がほしくて
でも男の子でショック!”ではなくて
1人の人が原因で
男の子はダメなんだ…みたいな
思い込みをしてたんですが
 
よく”男の子でショック!”
という記事を見かけるので
”そんなことないよ!”
言いたくて書いてみました^^
 
 
男の子のマイナスイメージは考え方次第です!
 
我が子は性別関係なく
特別な存在ですよニコニコ
 
息子二人のママより
 
 
 
つづく
 
 

 

ブログ読んだよー(°∀°)bっと
今日も下にある2つの応援ボタンを

ポチポチッっとクリックして頂けると嬉しいです^^
ブログ更新の励みになります♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

dkさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス