ER代・$2000+から始まった妊娠初期 | シャイなアメリカ人・旦那君とデイビーとの幸せな生活 in OC

シャイなアメリカ人・旦那君とデイビーとの幸せな生活 in OC

お酒×、パーティー×の珍しく?シャイなアメリカ人・旦那君と息子・デイビーとの生活&アナハイムのディズニーランド情報。


テーマ:
ケイビー誕生までの妊娠記録です。
 
注)アメリカの残念なところを書くので
苦手な人はスルーしてください。
 
 
去年の7月1日、妊娠発覚。
image
まだデイビーといちご狩りに
行く余裕がありました。
 
 
そして、
7月19日からやってきた悪阻。
 
デイビーの時もひどかったですが
ケイビーの時はさらにひどく
仕事を休みました。
 
2ヵ月半のドクターストップ。
 
会社では私が仕事を休むことについて
「あの(病欠なしの)ケイが?」って
とんだ大ごとでした。
 
まず悪阻、めまい、ふらつき、不眠、食欲不振。
具合悪い、寝れない、食べれない。
 
とにかく身体も心もボロボロで
トイレに行くのもやっと。
 
寝たきりでした。
 
そんな状態だったので
自分が醜くて醜くて
誰とも話したくなくなり
ふさぎ込むようになり
(キラキラした妊婦生活してる人とか
自分にはとんでもなく無縁過ぎて
ブログも雑誌も見れなかったw)
会社に迷惑をかけて申し訳ない気持ちで
さらに落ち込み
毎日毎日ただ泣いてました。
 
 
そんなある日、
ものすごく体調が悪くてERへ。
 
フラフラの状態で
立って待たされた時間は
 
20分(前に1組いただけなのに)
 
”緊急ですよね?”と疑う私。
 
後ろのアメリカ人女性は心臓の発作でER行き。
同じく立って待たされる彼女。
 
”すごいね、アメリカ・・・
いや、すごいね、この病院。”
 
周りからも苦情の声。
 
それに気づいたのか
スローなナースにやっとたどり着いたら
「私一人でここ担当してるから忙しいのよ。」っと。
 
ほんとにERナース?
 
そして言われた言葉が
「妊娠してんだから具合悪いのは当たり前。」
 
 
私の心の中は
 
”うんうん、あなたの言ってることわかります。
ごめんなさいね、あなたにとって
ERは死にそうな人が行くところなんだろうけど、
私はすっごい”軽い症状”なんだろうけど
病院の予約が取れなくて1ヶ月以上待ってるの。
その間何も食べれなくなって飲めなくなって
寝れなくなって不安ですごく具合悪くて
これでも悩んで悩んで来たのよ。
あなたにはわからないだろうけど。”

 
アメリカ在住歴は結構長いけど
アメリカでいろんなことがあるけど
こんなナースは初めてでした。
 
”残念だな、悲しいな。”
 
妊娠特有のホルモンバランスの影響もあって
ナースの心ない言葉にすごく傷つき、
 
「少しでも気分が良くなればと思って来たけど
何だか悲しい。もう帰りたい。」
っと待合室の椅子で号泣。
 
結局、旦那君がひどく心配するので帰らず
(すっごい優しい)ドクターに診てもらい
エコーや血液検査して
点滴されて少し元気を取り戻し帰宅。
 
 
 
で、
 
届いた請求は$2000+
(保険あり)
 
チーンチーンチーンチーンチーン
 
病院苦手だから滅多に行かないけど
いやー、びっくり。
 
高いのは十分知ってるけど・・・
あの内容で$2000+はないニヤニヤ

 
このER代と(のちに起こった病院の手違い)の
請求2件についてBillingに電話して抗議*したら
ディスカウント**してくれるかもってことで
言われるがまま詳しいことを手紙に書いて郵送。
 
*アメリカあるあるで
優しく言うと何もやってくれないけど
がっかりした態度、不満な態度を出すと動いてくれます。
こっちはそんな態度なしに話し合いたいのに。
(だったら最初からちゃんとやってくれたらいいのに)
 
**これもアメリカの病院あるあるなのですが
何らかの理由があれば
請求された額を減らしてもらえる時があります。
(だったら最初から安くしたらいいのに)
 
 
後に起こった病院の手違いというのも
検査入院の予定が手違いで
空いてる部屋がなくて廊下で待機。
「だったら帰らせてください」と言うと
ドクターからなかなかOKが出ずに
半日廊下で過ごしました。
 
真っ青になる私に
やっとナースが気付きドクター登場。
 
「もう帰りたい。」
またここでも泣いていました。
 
ひどい悪阻経験のある人は
わかると思うんですが
ベッドなしでバタバタしてる廊下での
待機は本当に辛いです。
 
 
で、この日の
請求$1000+なり。
(部屋なしで)
 
(保険ありで)
 
チーンチーンチーンチーンチーンチーンチーンチーンチーンチーン
 
はい⤴︎ニヤニヤ
 
ちょ、ちょっと待ってください手
 
先生、おかしいです!
 
 
で、終いに
病院からきた手紙の返事が
「あなたたちは支払えない
というわけではないから却下」
 
 
チーンチーンチーンチーンチーン
チーンチーンチーンチーンチーン
チーンチーンチーンチーンチーン
 
”いや、そういうことじゃないのよ。
請求されただけの治療をしてもらってないのニヤニヤ
 
はーショボーン
 
 
 
すごいなアメリカ・・・
 
何だろう・・・
 
病院への不信感が募るばかり。
 
 
 
つづく
 
 

 

ブログ読んだよー(°∀°)bっと
今日も下にある2つの応援ボタンを

ポチポチッっとクリックして頂けると嬉しいです^^
ブログ更新の励みになります♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

dkさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス