FM岡山DJ牛嶋俊明オフィシャルブログ

FM岡山DJ牛嶋俊明のブログです。


テーマ:

コアラモード.の管楽器モード.Vol.5』です。

 

 

岡山市表町商店街では、現在、『第6回まちゼミ』が行われています。全67講座ある中から、服部管楽器さんの『はじめてのフルート、そして、トランペット講座』を受講したのは、横浜発!カラフルメロディーとピュアボイスが奏でるサウンド・ア・ラ・モード.コアラモード.!!

 

 

ボーカルのあんにゅちゃんがトランペット、そして、サウンドクリエーターの小幡康裕くんがフルートに挑戦しています。

 

 

はじめてのトランペットでしたが、順調に音が出ているあんにゅちゃん、一方、こちらもはじめてのフルートの小幡くんは、苦戦中。

 

 

と、どうしても表現してしまいますが、実はたった1時間の講座で、これだけ出来たら、万々歳!という事です。全く音が出ない参加者もいるそうで、この2つの管楽器は非常に難しんですね~。

 

 

フルートの小幡くんは、服部管楽器の服部悟社長に。そして、トランペットのあんにゅちゃんは、中原みづきさんに教わっています。

 

 

順調なあんにゅちゃんは、マウスピースとトランペット本体を合体。そして、『1曲何か吹きましょう!』というところまできました。小幡くんも、頭部管と本体を合体しますが、今後の進歩はあるんでしょうか??

 

 

あんにゅちゃんは、『聖者の行進』の練習を始めました。ド、レ、ミ、ファ、ソ・・・がしっかり出ているので、次に進もう!という訳です。

 

 

誰もが知っている『聖者の行進』ですが、あんにゅちゃんは中原さんの指導の元、順調に音が出ました。しかし、進んでいくうちに、またお腹の具合が悪いの?と思われるような音が(笑)。トランペットはうまく吹けないと情けない音になってしまいます。

 

 

その後も頑張りますが、疲れてきたのか?音出しに苦戦。『口が痛い!』と言っていました。『悔しいなぁ〜』とあんにゅちゃん。さすがプロですね。口が痛い中でも一所懸命にやると、今日始めてやったとは思えない演奏ぶり。これにはみんなびっくりです。

 

 

『まちゼミ』は1時間の講座。音を出すだけでも大変なのに見事です。まだ30分強しかやってないのにこの成果とは驚き!あんにゅちゃんは、『中原さんは褒め上手!良い先生に教わった』と言っていました。では、引き続き、レッスン室で練習を〜。

 

 

そして入れ替わるように小幡くん登場!楽器と合体させての練習でしたが、風の音しか出なくなってしまいました。

 

 

それでも服部社長は『既に合格点です!』との事。そして、『普段は和気あいあいとしてやっているんですが、今日は殺伐としていますね。その原因は??あっ、俺か(笑)』と自虐的。いやいや、楽しい雰囲気作りをありがとうございます。

 

 

是非、あなたも機会があれば、管楽器に挑戦してみてください。また、かつて管楽器をやっていた!という方は、是非、再びやってみるのはいかがでしょうか??さぁ、ふたりはどこまでいけるのか??来週をどうぞお楽しみ!

 

 

さぁ、現在、岡山市表町商店街で開催中の『第6回まちゼミ表町』は、商店街の専門店が、生活に役立つちょっとした“知恵”や“コツ”をわかりやすく、楽しく、伝授する、少人数制のゼミナールです。普段聞けないあんなことやこんなことを、プロならではの視点でわかりやすく説明、そして、体感することができます。

 


4月9日(日)まで、全67講座が行われています。もう残り1週間という事で受講する講座も限られてきましたが、まずは、まちゼミのホームページを見て、気にいった講座があれば、問合せをお願いします。そして、コアラモード.の全国ツアー“THIS IS COALAMODE.!!2017 ~春らんらんツアー~”が、スタート!

 

 

岡山の近くですと、4/8(土)神戸VARIT.、そして、4/23(日)は、大阪の大丸心斎橋劇場です。時間、チケットのお求め方法は、コアラモード.のHPをご覧ください。では、来週もどうぞお楽しみに!!

 

PHOTO BY AKIHIRO KURODA(ソニー・ミュージックレーベルズ)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

Fresh Morning OKAYAMA』は、2時間30分の生放送。

 

7時台にお届けした曲を1部紹介します。

 

『フォトグラフ』(岡野宏典)

 

 

『つぼみ』(藤田麻衣子)

 

 

この2曲は個人的にも大好きな曲。これまで何度もかけているかも。決してメジャーな曲ではないかもしれませんが、こういう素敵な曲をこれからもかけていきたいと思います。

 

9時台は、OHK(岡山放送)の番組情報。今回も編成部の宮本愛理さんに伝えて頂きました。

 

 

いつもオシャレな宮本さん。女子アナと一緒に買い物に行き、コーディネートする事もあるとか。じゃ、男性のコーディネートは??あまり洋服に興味がない牛嶋に的確なアドバイスをしてくれそう。してくれないかな?な〜んて思ったりして(笑)。さて、4月からOHKの自社制作番組の出演者がガラッと変わります。どうぞ、お楽しみに!

 

牛嶋俊明ドリームファクトリー』は、2時間25分の生放送。

 

1時台は、4/8(土)に岡山県先行公開の映画『桃とキジ』に出演!小島桃 役の櫻井 綾さん、そして、秋山洋介(キジ)役の弥尋さんをお迎えしました。

 

ご存じ!この映画は岡山県が舞台。では、予告編をご覧ください。

 

 

予告編を見ただけでも、岡山のあちこちでロケをしたのが分かります。4/8(土)に岡山県先行上映です。岡山メルパでご覧ください。

 

『スポーツファクトリー』は、ファジアーノ岡山情報。”番組初登場”社長室の櫻内光太さんに伝えて頂きました。

 

 

櫻内さんは大阪生まれの32歳。高校は作陽高校で、2002年11月の幻のゴールで有名になった時の主将だったそうです。その後、同志社大学に進み、卒業後は東京の会社に就職しますが、自分の好きなサッカーを通じて岡山が盛り上がるための力になりたい!と、ファジアーノ岡山に2009年6月に入社されました。『へー!あの時のキャプテンだったのかぁ〜!』と誰しも思ったと思いますが、こういう方の働きによってファジアーノ岡山が運営されているんですね〜。また、他の写真にも機会があればご出演頂きましょう。あっ!ちなみに櫻内さんの弟はジュビロ磐田の櫻内 渚選手です。

 

『ドリームトーク』は、OIC岡山情報ビジネス学院 理事・統括部長の高岡信吾さんをお迎えしました。

 

 

FM岡山で放送中の『OIC Magical Morment』(毎週火曜日18:40頃〜)でも毎週お世話になっており、その的確なコメントに毎回感服。『いつか高岡先生と対談したいなぁ〜』と思っていて、ようやく実現しました。

 

 

高岡先生は高校を卒業後に一旦就職するも、今後の人生を考えて退職し、同校に入学。なんと!OICの一期生だったそうです。卒業後は、人を育てる、人の人生に寄り添える仕事として同校の教師の道へ。その後、国家試験取得において全専研全国一位を担任在任中2度経験。また、様々な学科の立ち上げをプロデュースし軌道に乗せたのをはじめ、広報、キャリア等、全ての業務に関わり教職員全員の協力のもと実績を残されました。そして、昨年、全体を統括する立場で部長職を兼任し理事に就任。その経験がFM岡山の番組でのコメントとして生かされているのである。是非、FM岡山で放送中の『OIC Magical Morment』(毎週火曜日18:40頃〜)を聴いてくださいね。高岡先生が毎週出演しています。

 

3時台は、宮城県亘理町在住のシンガーソングライター森加奈恵さんをお迎えしました。

 

森さんは東日本大震災で被災し、現在も仮説住宅暮らし。同居の家族3人は無事でしたが、自宅は津波に流されたそうです。いつかまたその場所で生活する事を願いましたが、災害危険区域となり、住み慣れた土地に戻れなくなったとの事。森さんはその悔しさを曲に込め、被災者の思いを多くの人に伝えたいと、自作の曲で語り部をしています。

 

 

初作品の『思い出の跡』を作ったのは震災翌年の夏。その後、その曲が、友人を介して地元の臨時災害ラジオ局に知られ、町内のイベントやボランティアの学生の前で曲を披露するようになったそうです。作った曲全てに込めたのは『震災を忘れないで』という願い。今週の話の続きは4/14(金)にお届けします。

 

『ムヴィの“感動”それが映画です』は、4/1公開の『よしもと新喜劇映画 商店街戦争 -SUCHICO-』

 

 

そして、4/7公開の『ゴースト・イン・ザ・シェル』を紹介しました。

 

 

3時台後半は、『コアラモード.の管楽器モード.』。2/8に1st Album『COALAMODE.』をリリースしたコアラモード.のあんにゅちゃん、小幡康裕くんが管楽器に挑戦しています。この様子はこちら

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

Fresh Morning OKAYAMA』は、今日も2時間30分の生放送。

 

 

A Touch Of Breeze~風と空と水と~』(毎週金曜日9:25頃~)は、NPO法人タブララサ理事長の河上直美さん、岡山県自然保護センターの”てっちゃん”こと山田哲弘さんとお届け~。

 

 

第23シリーズの倉敷市児島編をお送りしています。倉敷帆布の最終話です。

 

 

撚り合わせた綿糸を用いて織った、1平方メートルあたり8オンス(約227g)以上の平織りの地厚い織物を『帆布』と呼びます。

 

 

英語ではCANVASと呼ばれ、油絵のキャンバス生地はその代表格です。

 

 

帆布は、化学繊維と違って、天然素材だけで作られています。使い続けるほどに味わいがうまれ、耐久性・通気性にも優れています。

 

 

また、コシがあり丈夫なため、江戸時代末期から、帆船の帆として使われ、江戸と大阪の航路の発展にも関わる発明品でした。

 

 

明治時代に入ってからは、レザーなどの高級品に比べて、『安い、軽い、丈夫』の三拍子が揃った便利な布として、酒屋の配達袋から学生カバンまで、庶民生活を支えたなじみの素材として広く使われ、トラックの幌用に防水加工を施された帆布は、日本の高度成長の一躍を担っていきました。

 

 

倉敷市は、もともと綿花栽培が盛んであったことに加え、糸を撚る技術があったため、現在でも綿帆布の日本一の生産量を誇っています。

 

 

そんな帆布を駆使して、様々な製品を作っている、倉敷市曽原にある倉敷帆布の本店にお邪魔しました。お話を伺ったのは、(株)バイストンの武鑓美香さんです。

 

 

同社は、二大帆布織物会社である丸進工業(株)と(株)タケヤリによる出資会社で、2003年に設立。両社が生産する『倉敷帆布(生地および製品)』の企画・製造・販売を行っています。

 

 

今週は、今後の事を伺いました。まずは後継者という点。どこの職種もそうだと思いますが、倉敷帆布の職人も高齢化の動きが・・・。

 

 

しかし、帆布の魅力を伝えることで帆布を知ってくれている人が増え、実は『工場で働きたい!』と言う人もいて、職人が若返ってきているそうです。

 

 

という事は後継者が育っているんですね~。

 

 

でも、以前、工場見学をした際、『この人にしかできない!』という作業もありました。それは、『経通し』という作業。

 

 

これは、一本一本の経糸を織り機のパーツに通して帆布の柄を描いていく仕事です。

 

 

柄物は機械では出来ないので、全て手作業で行います。これはとても細かい作業で、見た目と違って、通す糸は結構堅いそうです。

 

 

緩んでいるとダメで、張りを持たせないといけないとか。

 

 

また、ひとつの織り機用の糸を通すのも一日がかりで、一番大変だったものは丸三日かかったそうです。一本間違えるだけで模様が変わるし、気が抜けないとの事。

 

 

まさに糸を通す作業なのに、作品を創っているかのような感じ。

 

 

『この工程ができるのは私だけ』と言っていたのがとても印象的でした。

 

 

今はどこも人材難の時代。

 

 

『それが現実に起きないように、しっかり育て、見守る事が大事』との事。確かにそうですね~。

 

 

経営面での引継ぎはまだこれからだそうで、1年半前にお嬢さんが倉敷に帰ってきたそうです。

 

 

おー!後継者!しかし、『まだまだ頑張らねば!』と美香さん。ですね。

 

 

仕事楽しくないですか?と聞くと、『楽しいです。やはり皆さんにいろいろと見ていただいて評価されると、さらに頑張らねば!という気持ちになりますね~』との事。

 

 

倉敷帆布も新しい子たち(商品)が生まれていますね~。なんかとても嬉しいです。

 

 

『牛嶋さんの倉敷帆布愛が半端ではない!』と直美ちゃんに言われましたが、ずっと使い続けると思います。今使っているトートには牛嶋の魂が既に入っているしね(笑)。

 

 

死んだ時は棺桶に入れてもらおうかな(笑)。

 

 

てっちゃんは、『学生のデザインの募集とかはしていないんですか?』と質問が飛びましたが、それは良い視点ですね。学生目線の商品とか面白いかもしれません。いろんな目線で商品が作られると、さらなる倉敷帆布が生まれるかもしれません。

 

 

今後は?今後は国内はもちろん、海外の方にも日本の生地の品質の良さをアピールしたいとの事。『昔ながらの織り方、規格はうちだけ』と美香さん。ですね。是非、アピールして世界に広めて欲しいと思います。倉敷帆布ファンとして、これからも応援します。

 

 

倉敷帆布は、倉敷市曽原の本店、倉敷美観地区店、そして、オンラインショップもあります。是非、自分用、そして、贈り物にいかがでしょうか?

 

 

さぁ、倉敷市児島編はまだまだ続きます。来週もどうぞお楽しみに~!!

 

 

PHOTO BY TETSUHIRO YAMADA
 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。